株式会社BuySell Technologiesは2019年12月18日に東証マザーズに上場いたしました。これからも安心してご利用いただけるサービスを提供してまいります。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

着物の布・生地は買取可能?反物の買取相場や高く売るコツ

着物の布・生地は買取可能?反物の買取相場や高く売るコツ
着物の布・生地は買取可能?反物の買取相場や高く売るコツ

「母や祖母から着物の布や生地を譲り受けたけど処分に困っている」「仕立てる予定のない反物や着物のハギレが和箪笥に眠っている」こんなお悩みをお持ちの方も多いのでは?

不要になった反物や生地は、着物買取業者やリサイクルショップで売れます。

伝統工芸品の上布などであれば、思わぬ高額買取となることも珍しくありません。

着物の反物や生地の買取について、買取相場や高く売るコツをご紹介します。

着物の布の種類について

着物の布の種類について

着物の生地に使われる布は「反物」と呼ばれ、仕立てるときに余った布は「ハギレ」と呼ばれます。

昔の日本での嫁入り道具は着物だけでなく、親族やご近所さんから反物やハギレも譲り受けて、和箪笥にしまっておくのが一般的でした。

そのため、実家で箪笥の整理をしているときに、反物やハギレなどが見つかる方も多いようです。

着物の種類の数だけ反物にも多くの種類があり、素材は絹・綿・ポリエステルなど様々です。

着物の生地でも買取してもらえます!

着物の生地は買取可能

今でも生地の状態から着物を仕立てたいという方は多く、自分のサイズに仕立てることができるので、中古の反物でも需要はあります。

また、ハギレであっても手芸の素材に使われたり、リメイク素材としても人気があるため、反物同様に買い取ってもらえます。

着物生地のリメイク和小物への外国人人気が高まっていることも関係しているようです。

そのため反物やハギレは、伝統工芸品や作家物の生地でなくても、着物専門の買取業者・リサイクルショップ・呉服店などで買い取ってもらえることが多いです。

ただし素材がポリエステル・麻・綿などの場合、買取相場は低くなる傾向があり、買取不可となることもあるようです。

またハギレは、買取業者によって買取対象としていないところもあるので、査定前に電話などで確認してみてもいいでしょう。

バイセルなら仕立てられた着物はもちろん、反物も丁寧に買取査定いたします!

バイセルはお見積り・出張料・買取手数料が全て無料です。

お持ちの反物を、あなたが満足する価格で買取いたします。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

着物の布の買取相場について

着物の布の買取相場

反物の生地には、上布・つづれ織り・芭蕉布・羽二重・唐織・お召しなど、実に多様な種類があります。

反物の買取価格は、そこに産地・文様・織元(ブランド)・作家などが加味され、複合的な要素で決定していきます。

そのため、同じ作品でも状態によって値が付くものもあれば、買取不可になってしまうこともあります。

また、人間国宝級の作家による作品であれば、数十万円を超える値がつくことも珍しくありません。

そして、正絹の着物は買取相場が高い傾向があります。

正絹の生地をお持ちであれば、一度査定に出してみてもいいかもしれません。

お持ちの反物については、インターネット等で大体の相場を把握できるかと思いますが、正確に価値を知るには専門知識が必要となります。

まずは、着物査定のプロである専門買取業者の査定員に見てもらうことをおすすめします。

着物の布を少しでも高く売るためのコツ

着物の布を少しでも高く売るためのコツ

反物の中には、高額買取となる種類もあります。

反物やハギレをより高く売るためのコツをいくつかご紹介します。

高く売るコツ①適切な方法で保管する

着物は適切な方法で保管しましょう。

湿気に弱い着物をシミ・カビから守るためには、定期的なお手入れが必要です。

虫干し(陰干し)などで風通しを行なったり、収納の際には防虫剤や防カビ剤を使用するのも有効といえるでしょう。

今以上にお持ちの反物の状態を悪化させ、価値を落としてしまわないように注意しましょう。

高く売るコツ②クリーニング店の利用は慎重に

シミやカビがある反物を売る前に「クリーニングへ出した方がいいのでは」と考える方は少なくないようです。

しかし、反物をクリーニング店に持ち込むのはよく検討したほうが良いかもしれません。

その理由は3つあります。

1つ目は、そもそも経年の汚れはしつこいことが多く、クリーニング店でも落とせないケースがあるからです。

その場合、査定評価は変わらず、クリーニング代だけがかさんでしまいます。

2つ目は、生地がもつ本来の風合いを損ねてしまうかもしれないからです。

もしクリーニング店を利用するのであれば、和服専門の店舗などに依頼するといいでしょう。

3つ目は、確実に査定額に反映されるかが分からない、という点です。

状態が良ければ再度販売する価値も高まるので、買い取ってくれる可能性も上がりますが、必ずしも査定額が上がるというものではありません。

どのような反物が買取対象になり、高額買取になるのか、さらに詳しく知りたい方はこちらのコラムページをご覧ください。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください