24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

着物買取で反物を売却するといくらになる?買取相場や反物買取の利用方法まとめ

着物買取で反物を売却するといくらになる?買取相場や反物買取の利用方法まとめ
着物買取反物

買取業者を利用して着物が売れることは知っていても、実は反物も売却できるとは思っていない人が多いようです。

着物買取を行っている業者に反物を売るとしたら、どれくらいの値段で買取ってもらえるのでしょうか。

そしてどんな反物が高く売れるのでしょう?

ここでは、反物の買取相場や、反物を取り扱っているインターネットの着物買取業者の利用方法についてご紹介しましょう。

反物とは?

反物とは一着分の着物を仕立てるために必要な用尺の、着物に仕立てる前の布のことです。

幅が約36センチ、長さは約12メートルの大きさを一反と言い、反物はその一反に仕上げられています。

通常、その布を巻物のように巻いた形で保管します。

ただし、最近は日本人の体も大きくなってきたので、長さは13メートル程度のものが増えています。

また、男性用は幅が約37~44センチとなります。長さはほとんど変わりません。

この反物は、買取業者に売ることが可能です。

しかも反物は、着物として仕立てたものを売るよりも高額で売れることがあります。

理由としては、着物のように完成された状態のサイズが決まっていないことが挙げられます。

また、型崩れしておらず、状態がよいことが多いのも理由です。

 

反物の相場はいくら?反物の買取価格や相場の調べ方

着物関連のもののなかでも、反物は相場をはっきりと示すのが難しいアイテムです。

大まかに「正絹で特に傷みなどの問題がなければ、2万円ほどから」などと示すことならできるでしょう。

しかし、あとは素材やデザイン、状態によって変わるとしか言えません。

高ければ数十万円、なかには100万円を超えるものもあります。

そのため、反物の相場をインターネットで調べようとしても、なかなか難しいものがあります。

買取業者にメールや電話で問い合わせることもできますが、たとえ写真を送ったとしても、正確なところはわからないでしょう。

逆に、電話だけで簡単に査定額を口にするような業者は、あまり正直なところとは言えないのではないでしょうか。

それほど、反物は手に取って見てみないとわからない要素が多い品物だと言えます。

確実なのは、買取業者に無料査定を依頼することです。

もしも値段に納得がいかなければ、買取には出さずに引き取ればそれで済みます。

手間さえ惜しまないのであれば、数社に査定を依頼することで、大体の相場や、高額買取をしてくれるのはどの業者かもわかります。

高額買取されやすい反物とは?

反物の相場がわかりづらいのは上記でも述べたとおりですが、それでも、高額買取してもらえる反物には、一定の傾向があります。

以下でポイントをご説明しましょう。

 

素材について

反物の素材には主に絹、木綿、麻、合成繊維などがあります。

このうちもっとも高価な素材は絹です。

なかでも混じり物のない絹織物を正絹(しょうけん)と呼びます。

高額買取をしてもらえる確率が高いのは正絹の反物です。

逆に、買取業者によっては、正絹以外の反物は買取対象外としていることすらあります。

なお、絹は重さで使われている量の多さを測ることができます。

反物に「匁(もんめ)」という単位で数字が書いてあれば、その数字が大きいほど絹を多く使っていることを表しています。

重い正絹の反物ほど高級ということも覚えておきましょう。

価値の高い反物の種類

素材以外にも注目ポイントがあります。

たとえば反物にも着物と同様に伝統工芸品や作家物が存在します。

たとえば、国の重要無形文化財であり、茨城県や栃木県で生産される「結城紬」などは相応の高額買取が期待できるでしょう。

ほかにも、奄美大島を本場生産地とする「大島紬」も高値がつく可能性があります。

帯の反物の場合は「西陣織」や「博多織」も人気がある種類です。

さらに、「証紙」がついている反物は高額になる可能性があります。

証紙は保証書のようなもので、有名作家ものや伝統工芸品の場合はこれが重要な証拠となります。

証紙の有無によって、査定額も大きく変わってきます。

売却のタイミング

反物は年間を通して安定した価格を示すケースがほとんどなので、いつが高く売れるということは特にありません。

ただし、反物は長く保管しておけばおくほど、劣化する可能性が高くなります。

年代物であることが評価されるほどになるには相当な期間が必要なので、売るつもりがあるのならなるべく早く、というのが率直なアドバイスになります。

とりわけ、正絹の反物は傷みやすいので、思い立ったらすぐに査定を依頼するくらいが適切なタイミングです。

買取可能な反物はどんな状態?買取価格の変化もチェック

反物の状態について、どのような状態なら買取可能で、どのような状態だと買取価格が下がってしまうのでしょうか。

以下で見ていきましょう。

 

買取可能な反物の状態について

買取可能な反物の状態とは、一般的には目立った劣化がないものです。

具体的には、汚れ、カビ、シミ、虫食い、ヤケ、変色、アクなどの有無がチェックされます。

なお、アクというのは経年による黄変のことです。変色はくすみとも呼ばれます。

ただ、正絹の場合には、多少の汚れ程度であればまだ買取をしてもらえることがあります。

ほかにも結城紬や大島紬などの有利な条件がつけば、さらに買取可能の可能性は高くなるでしょう。

逆に、正絹以外では、少しでも状態がよくない場合は買取不可とされるケースが多くなります。

反物の状態と買取価格について

状態が悪ければ、当然ながら査定の段階で減額対象となります。

汚れはまだ落ちる可能性がありますが、その他の劣化や傷みはもとに戻せないものがほとんどです。

程度にもよりますが、ときには半額程度まで査定価格が下げられることもあります。

反物買取は宅配買取や出張買取が便利!

着物買取反物

反物を買取に出すことを決めたら、インターネットで反物買取を行っている業者を探し、宅配買取や出張買取を依頼するのがおすすめです。

その利用方法やメリットについて説明します。

 

反物の着物買取の利用方法

インターネットの買取業者のなかでも便利なのは、宅配買取と出張買取のどちらでも対応している業者です。

宅配買取は買取希望者が反物を送って査定を受け、価格に納得すれば売却するというシステムです。

電話などで業者に宅配買取を申し込むと、自宅に査定依頼申込書や手順を書いたマニュアルが送られてきます。

買取希望者は申込書と本人確認書類のコピーなどとともに、品物も送ります。

反物が着払いの宅配便で業者に届くと、ほどなく査定額が電話などで提示されます。

OKであれば契約書を締結し、即日、指定口座に買取金額が振り込まれます。

出張買取を依頼した場合は、査定員が自宅を訪問します。

こちらも電話などで日時を指定すると、約束した日時に査定員がやって来るので、用意した反物を見てもらいます。

通常はその場で査定額が提示され、OKすれば取引成立です。

契約書にサインし、買取金額をその場で受け取ります。

反物買取は宅配買取や出張買取が便利な理由

宅配買取は、本人確認書類や荷物を送る手間がかかりますが、自分の都合のいいときに作業を行い、あとは電話などのやりとりだけで取引できます。

査定結果が気に入らなければ、品物の返送を依頼することになります。

もしくは、買取不可となった場合、品物を処分してもらうことも可能です。

出張買取は、対面しながら査定を受けられ質問などが気軽にできる便利さがあります。

また、反物が1つだけでなく複数ある場合や、他の着物も査定してほしいときなどは、一緒に査定してもらうことが可能です。

話し合いながら査定が進めば、提示された金額にも納得しやすいでしょう。

着物買取では業者の選び方が重要

ほとんど同じように見える買取業者のなかにも、信頼できる業者とそうでないところとが存在します。

その見分け方について触れておきましょう。

 

着物買取で信頼できる業者の選び方

まず、着物買取や反物買取に限らず、買取を利用するときには本人確認作業が必要です。

利用者の身分証明書の提示などについては、古物営業法第15条にその規定があります。

身分証の提示を求められたり、本人確認作業をしっかり行う業者は、コンプライアンスを重視した信頼できる業者といってもいいかもしれません。

悔いの残る反物の買取とならないように、サイトのプライバシーポリシーなどを読んで、個人情報の取り扱いやクーリングオフについてどう書いてあるかを確認しましょう。

また、電話をしたときに、こちらの話をしっかりと聞く姿勢があるのかどうかも厳しくチェックすることも、信頼できる業者を見つける上で有効となるでしょう。

反物の買取を取り扱いしていない業者もある

なかには着物の買取りはしているものの、反物は取り扱っていないという業者もあります。

これも事前にチェックしておきましょう。

傾向としては、着物も反物も、さらに帯や和装小物なども総合的に取り扱っている業者のほうが、専門性の高い査定員がいる可能性が高いと言えます。

利用者の口コミなどとあわせて、こうした点も慎重に見極めておきましょう。

おわりに

着物を作る予定のない反物がしまってあって、それが売れるかどうか知りたいのなら、ひとまずそれを取り出してみて、素材が正絹かどうか、汚れやシミなどの状態はどうなっているかを確認してみましょう。

そして、「売却できるかもしれない」と思ったら、なるべく早く買取サービスを利用することをおすすめします。

実際に売る・売らないは別にしても、査定を受けてみればその反物の価値がわかります。

ぜひ、信頼のできる業者を選んで、高価買取が可能かどうか、確かめてください。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください