24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

和装小物の1つである帯留めとは?買取相場や高く買い取ってもらうコツも解説

和装小物の1つである帯留めとは?買取相場や高く買い取ってもらうコツも解説
和装小物の1つである帯留めとは?買取相場や高く買い取ってもらうコツも解説

帯留めとは、その名の通り帯を留めるための装身具です。洋服で言うとブローチやネックレスなどに当たり、女性が帯を締める際のアクセサリーとしての機能も持ちます。

「帯留めはもう不要だから買い取ってほしい」とお思いの方へ、帯留めの買取相場をはじめ、種類や少しでも高値で買い取ってもらうためのコツを解説します。

和装小物とは?

和装小物の1つである帯留めとは?買取相場や高く買い取ってもらうコツも解説

そもそも帯留めを含めた「和装小物」とは、和装をする際に使う小物全般を指します。帯留めの他にも、かんざし・バッグ・下駄・扇子・襦袢などが挙げられ、品質やブランドものによっては高価なものもあります。

着物・帯を着る季節や場面に合わせて着用し、和装全体の雰囲気を壊さないように選ばなければなりません。一方でデザインを選べば和装を華やかに見せたり、お洒落度を上げたりすることに役立ち、着物をファッションとして楽しむために必要不可欠な小物です。

帯留めの歴史や現在の活用方法

和装小物の1つである帯留めとは?買取相場や高く買い取ってもらうコツも解説

帯留めはどうして誕生し、現在ではどのように活用されているのでしょうか。まずは帯留めの歴史や使い方について確認していきましょう。

帯留めの歴史

帯留めが使われ始めるようになったのは、明治時代初期だと言われています。1876年(明治9年)に廃刀令が出されると、それまで刀の鍔(つば・持ち手である柄と刀身の間にある円形の部位)や目貫き(めぬき・刀身が柄から抜けないように、刀身と柄の双方に空けた穴に通す釘)などを作っていた鍛冶職人の仕事がなくなってしまいました。

そこで職人たちは刀の鍛冶技術を応用して、帯留めをはじめとする金属小物の制作に着手したのです。帯留めは、最初はただ帯を固定するための実用品でしたが、だんだんと鍛冶職人たちの手によって芸術性が高められたものが生み出されるようになり、明治時代も後半になると装飾品として楽しまれるようになりました。

帯留めの活用方法

帯留めの使い方には特に決まりがありませんが、TPOや季節感を大切にして着用すると良いでしょう。入卒式など厳かな式典では貴金属製のものを使って格式高さや堅実な雰囲気を出したり、結婚式や披露宴などお祝いの場では鶴や亀など吉祥文様を模したデザインのものを選んだりすることがふさわしいです。

観劇会やお茶会などカジュアルな場では、木彫りや珊瑚(さんご)など温かみや可愛らしさが感じられるものが着用できます。また、夏は涼しさを演出するために水晶や翡翠などを用いると、着用している側も見ている側も楽しいですね。このように場面や季節に合わせて帯留めは幅広く使えるので、複数持ちしても損はないでしょう。

帯留めの素材の種類と相場一覧

 和装小物の1つである帯留めとは?買取相場や高く買い取ってもらうコツも解説

帯留めと一口に言っても素材は様々であり、それぞれの相場は多少異なります。買取相場は帯留めを含め、和装品全般でおおよそ1万円台となっています。買取相場を踏まえた上で、どんな素材で作られている帯留めがあるのかを把握しておきましょう。

珊瑚

珊瑚は柔らかみのある白色や鮮やかな赤色などの色味があり、アクセサリーとして大変人気です。珊瑚と聞くと南の島の浅瀬で育っている珊瑚礁をイメージすることが多いですが、装飾品とされる珊瑚は「貴重珊瑚」「宝石珊瑚」という別の種類になります。

珊瑚はクラゲやイソギンチャクの仲間である、刺胞動物に属する個虫が集まった群体のことです。珊瑚の住む家は珊瑚群体で、珊瑚群体の住民が珊瑚個虫である、と考えると分かりやすいでしょうか。個虫が死んだ後に残す石灰質の硬い骨のようなものを装飾品として使っています。

装飾品として加工できるほどの大きさに成長するには100年以上の歳月を要するものもあり、また木の枝のように細長く成長するため大きく大量には獲れません。

そのため、採取・加工ができる珊瑚は貴重であり大切に扱われるべきものですが、近年は乱獲のため生息数が減少しています。着物市場に出回っている珊瑚の帯留めは希少です。

翡翠(ひすい)

「翡翠(ひすい)」とはもともと、かわせみ科の鳥の総称でした。鉱石の翡翠は、その色がカワセミが持つ羽や背中の色に似ていることからこのように名づけられました。世界最古の加工された翡翠は新潟県糸魚川市で発見されており、約5,000年前のものではないかと言われています。

古くから日本や中国では、翡翠には魔除けの効果があり、持っていれば幸運がもたらされて長生きができると考えられてきました。2016年には日本を代表する石・「国石」に選ばれるなど、日本人にとって長く深い歴史のある宝石です。

主に緑色をしているのが特徴的ですが、乳白色から深い色をしたものまで透明度の幅は広く、緑色以外にも黒・紫・赤・無色透明など様々なカラーバリエーションがあります。

翡翠は透明度が高く発色が鮮やかなものの方が価値があるとされており、着物市場においても高発色で透き通った色味を持つ帯留めが人気となっています。

ダイヤモンド

ダイヤモンドは世界で最も有名な宝石の1つでしょう。ダイヤモンドはギリシャ語で「不屈」「征服されない」「何よりも強い」を表すadamazeinまたはadamasが由来となっています。物質の中でも最高クラスに硬いので、引っ掻いたり落としたりなどちょっとしたことでは傷つきにくいです。

ダイヤモンドの価値は、カラー(color・色味)、カット(cut・研磨方法)、カラット(carat・重量)、クラリティ(clarity・透明度)の4Cによって決まります。無色で透明度が高くて重みがあり、一定の角度と比率で精巧に磨かれたものが高級品とされます。

帯留めとして活用される際は、結婚指輪のように大粒のものが中央に1つあるというより、他の宝石と組み合わせたり形状に凝ったりして複数個で使ったものの方が多く人気を博しています。

プラチナ

美しい白い銀として有名なプラチナの由来は、実はスペイン人が呼んだ蔑称です。紀元前100年頃から古代南米人はプラチナを身に着けており、高度な精錬技術により純度80%以上のプラチナを鍛造していました。

中世になるとスペインが南米を征服してプラチナを原住民から強奪しますが、プラチナは融点が高いためなかなか融けず「小粒の銀=platina」と軽蔑してコロンビアの川に投げ捨てました。

やがてヨーロッパに持ち込まれたプラチナは、精錬・加工技術を各国が競うように研究されます。当時のフランス国王であったルイ16世は「プラチナは王にのみふさわしい貴金属である」と名言し、専属の金細工師に指示してプラチナ製の数多くの宝飾品を作らせたことで有名な高級金属として知れ渡るようになりました。

装飾品としてのイメージが強いプラチナですが、化学変化が起こりづらいため劣化しにくく品質を長期間保つことができるという理由から、近年は工業分野で広く活用され需要が高まっています。

また、プラチナの総生産量は金の約1/34と言われており希少性が高いため、状態が悪くても買い取ってくれる可能性が高いです。

金と人類の関わりは古く、紀元前6,000年頃にはすでに装飾品として使用されていたようです。言わずもがな、昔から金は権力の象徴や儀式の必需品として扱われ、尊く美しいものだと人々の心を惹きつけ続けています。

金はとても人気が高い鉱物ではありますが、1トンの金鉱石から3グラムも採れれば上出来といわれるほど埋蔵量が極体に少ないです。良い意味で需要と供給のバランスが吊り合わないので、希少性が大変高い高級品として人々を魅了しています。

金はその需要の高さ故、着物を含めた買取市場に贋作が多く出回っています。金だと謳っていても実際は全く別の金属を加工したものだったり、金が超微量しか含まれていなかったりするものが存在します。本物の金が使われているか、金の比率はどのくらいかが買取の際のポイントになります。

ですので、金はもちろん銀やプラチナの買取時、最も重要視されるのは純度になります。金などの鉱物はそのままでは柔らかいため傷がつきやすく、純度100%のものはすぐに歪んでしまう恐れがあります。

そのため、割金(わりがね)といって製造する際に他の金属を混ぜて硬度を上げることがあり、金の純度が低い帯留めも存在します。帯留め自体の状態に加え、金と割金の比率を調べ、金だけの重さを計算して相場と見比べて買取価格が提示されます。

帯留めを高く売る5つのコツ

和装小物の1つである帯留めとは?買取相場や高く買い取ってもらうコツも解説

帯留めを少しでも高い価格をつけて買い取ってもらえるポイントとは何でしょうか。様々な素材でできた帯留めを紹介しましたが、すべてに共通しますので是非とも覚えておきましょう。

状態が良いこと

帯留めの装飾部分に傷や欠けがなくパーツが全部揃っている、紐部分が切れておらずほつれもないなど、状態が良いと高価買取が期待できます。

反対に装飾や紐に欠陥があると使用感があり美品とは呼べないため、場合によっては買い取ること自体難しくなる可能性もあります。ひとつひとつ丁寧に保管する、着用時に注意を払うなど丁寧に扱いましょう。

使用頻度が少ないもの

帯留めは中古品でも使用頻度は少ないものの方が、新品に近く美しいため高価買取の可能性が高まります。装飾が傷だらけで紐にほつれがたくさんあるという商品よりも、なるべく綺麗で損傷の少ない商品の方が需要があります。全く使ったことがなかったり、まだ数回しか使ったことがなかったりする帯留めがあれば、ぜひ買取に出してみましょう。

伝統工芸品・人間国宝・有名作家のもの

伝統工芸品に指定されている作品を用いた帯留めは、着物市場で人気があるので高価で買い取られやすいでしょう。漆塗り・びいどろ・べっ甲などで制作された帯留めは、その美しさや精巧さが高く評価されて需要が高いです。また、人間国宝や有名作家が作ったものですと、着物ファンであれば1度は使ってみたいと思う人が多いので需要があります。

箱や保証書など付属品も一緒に査定に出す

帯留めだけを単品で査定に出すよりも、付属品と一緒に査定に出した方が買取額が下がることを防ぐ可能性が高まるためおすすめです。新品購入時に付属する帯留めがしまわれていた箱や、メーカーの保証書などが手元に残っていれば一緒に査定に出しましょう。新品の状態に近ければ近いほど高価買取が期待できますので、注意してみましょう。

着物専門の買取業者で買取してもらう

着物関連品である帯留めは、着物専門の買取業者に査定・買取してもらうことが吉です。リサイクルショップや質屋は着物の買取を専門に行っている訳ではないので、査定員が着物の価値を見抜けるかは不明で、買取額が低く提示される可能性があります。

着物専門の買取業者の査定員は、着物の歴史や伝統技法などの知識が豊富で、着物の価値を見抜く観察眼も持ち合わせています。着物の真の価値を見抜き、その着物に見合った買取額を提示してくれるので安心して査定を任せられますね。

着物専門と言えど、査定員は着物に関連する和装品の知識や査定技術も併せ持っていますので、帯留めにも適正な買取価格をつけてくれます。「帯留めを少しでも高く買い取って欲しい」「買取額で損をしたくない」とお考えの方は、ぜひ利用しましょう。

バイセルがお客様に選ばれている6つの理由

和装小物の1つである帯留めとは?買取相場や高く買い取ってもらうコツも解説

着物や和装小物を売ろうと考えているのであれば、着物専門の買取業者であるバイセルで査定依頼をすることをおすすめします。

バイセルは自宅まで査定員が出向いて商品を査定する出張査定サービスで有名な買取業者です。なぜ数ある買取業者の中でもバイセルをおすすめするのか、その理由を6つ取り上げて紹介します。

最短で即日での対応

バイセルは問い合わせを受けてから最短で即日でお客様の元へご連絡・買取を行うことがモットーです。スピード感を持って対応し、お客様に安心して取引していただけるように取り組んでいます。

手数料は無料

バイセルでは、すべてのサービスにかかる手数料を無料としています。商品の査定料・自宅までの出張料・商品配送時の送料・商品の買取キャンセル料などは無料ですので、余計な出費がなく安心して帯留めを査定に出していただけます。「買い取ってもらえるか分からないけど査定してほしい」という相談も、ご遠慮なくお問い合わせください。

状態が悪くても査定してくれる

帯留めの状態は良ければ良いほど高価買取が期待できますが、状態が悪ければ査定さえ受け付けてもらえない、ということはありません。

帯留めに使用感や欠損があっても、希少素材(金/プラチナ/ダイヤ/珊瑚など)が付いてる場合であればお値段が付く場合があります。

「どうせ中古品だし、欠損があるから買い取ってもらえない」と諦めるのはまだ早いです。先に述べたように手数料は一切かからないので、気軽に査定を申し込んでみてください。

専門性の高い査定員がいる

思い出や歴史が詰まっていることが多い商品を査定しますので、査定員はお客様に満足していただけるように心を込めて査定することに従事しています。

バイセルの査定員は毎日様々な商品を査定して査定技術を磨き、日々専門性を高めています。常に適正な買取価格をつけて査定しますので、安心感を持って帯留めを査定に出していただけます。

買取実績が業界でトップクラス

バイセルは「出張買取価格満足度」「出張買取顧客満足度」「安心して利用できる出張買取サービス」各部門で1位を獲得(※実査委託先:ゼネラルリサーチ)しています。出張買取サービスでは確かな実績を誇っており、お客様に安心・信頼・満足して取引していただけるように心がけています。

和装品の買取ジャンルが幅広い

バイセルでは帯留め以外に、着物や帯はもちろん、センス・かんざし・足袋・風呂敷なども取り扱っています。帯留め以外にも買い取ってほしい商品があれば一緒に査定しますので、一気に物を片付けることができます。いくら買取ジャンルが幅広いからといって、査定を依頼した商品以外のものには一切触れませんので、押し買いの心配はございません。

帯留めや和装品を高く売るコツ

和装小物の1つである帯留めとは?買取相場や高く買い取ってもらうコツも解説

帯留めやその買取相場について解説してきました。ここで今一度、買取に出す際の心得を忘れないように復習しておきましょう。

まずは帯留めの種類を確認し、買取相場を調べておく

帯留めには様々な素材で制作されたものがあり、素材によって買取相場はバラバラです。「帯留めの買取価格の相場は〇〇円と書いてあったのに、実際に査定に出したら××円だった」と大きな差額に驚いて不安にならないように、事前に帯留めの種類とおおよその買取相場は把握しておくべきです。安心して査定に出し、後悔するような売却額にならないように、査定前に下調べしておきましょう。

帯留めを高く売るためのコツを把握する

帯留めを買取に出す際は、傷や汚れなどがないものの方が高額で取引されやすいです。使用頻度や使用感が少ないものの方が高価買取が期待できますので、査定に出したい帯留めがどんな状態かを確認しましょう。

たとえ中古品で使用感があっても、場合によっては買取価格がつきますので、遠慮なく買取業者へ査定に出してみてください。

帯留めの素材などが分からない場合は、買取業者に無料査定をしてもらう

「帯留めの素材が何か分からない」「有名作家の作品らしいけど、真偽はどうか不明」という場合でも、まずは着物専門の買取業者に無料で査定してもらいましょう。

買取業者には経験豊富な査定員がいますので、素材は何か、高級品か安物か、本物か偽物かなどを的確に見抜きます。不安があっても質問すれば査定員が親切丁寧に回答しますので、気軽に相談してみてくださいね。

帯留めを買い取ってもらう時に知っておきたいことまとめ

和装小物の1つである帯留めとは?買取相場や高く買い取ってもらうコツも解説

帯留めの買取相場は1点あたり約1万円前後ですが、着物がお好きで着ていく場面や季節によって使い分けている方は、複数持ちしているという方も少なくないでしょう。

「もう全然使っていない帯留めがある」「たくさん持っているから整理したい」と帯留めの処分を検討しているのであれば、ぜひ着物専門の買取業者に依頼して買い取ってもらってはいかがでしょうか。バイセルでは帯留めの複数査定を歓迎していますので、まとめて査定に出してみてください。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください