株式会社BuySell Technologiesは2019年12月18日に東証マザーズに上場いたしました。これからも安心してご利用いただけるサービスを提供してまいります。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

希少性の高い着物『大島紬』の相場はいくら?高価買取を期待できる理由も!

希少性の高い着物『大島紬』の相場はいくら?高価買取を期待できる理由も!
希少性の高い着物『大島紬』の相場はいくら?高価買取を期待できる理由も!

当記事の案内

① 情報を知りたい方

記事の内容をより詳しく知りたい方は、そのまま【目次】へお進みください。

② 査定を利用したい方

お手持ちの着物・帯等の査定なら、下記の【メール】もしくは【お電話】からお問い合わせください。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

大島紬(おおしまつむぎ)は、買取に出すと高値が期待できる代表格として知られています。

高級着物として有名な大島紬の価値を知るには、種類が数多くあるため、熟練した着物の査定技術が必要です。

ここでは、大島紬とはどんな着物なのか、なぜ高価買取が期待できるのかを解説していきます。

さらに、大島紬の買取相場や、どのようなポイントを押さえれば高額買取に繋がるのかもご紹介します。

大島紬ってどんな着物?

大島紬ってどんな着物?

大島紬とは、主に鹿児島県の奄美大島で生産される絹100%の着物です。

約1,300年の歴史を誇る世界3大織物の1つとされている大島紬は、「着物の女王」と呼ばれるほど、着物愛好家たちから高い評価を受けています。

また、大島紬は、糸に直接色を染めた後に織り上げる「先染め手織り」で作られています。

「紬」は、蚕の繭を手で紡いでタテ糸とヨコ糸を交互に交差させる「平織り」という技法で織られた絹織物です。

「紬」は「絹」に比べて光沢が少なく、渋い味わいがあるのが特徴です。

独特の手触りと風合いは大島紬にしか出せない魅力があります。

大島紬は着る度に柔らかくなって体にフィットしてくるので、着物の世界では普段着として位置づけされています。

気になる大島紬の「買取相場」はいくら?買取ポイントは?

気になる大島紬の「買取相場」はいくら?買取ポイントは?

大島紬の買取相場は数百円~数万円ほどと幅広いです。

中には保存状態、制作年代、作家名によって、買取相場が10万円を超える代物もあります。

ちなみに伝統工芸品の手織りタイプの中には、あくまで呉服店で売られている新品としての販売価格で、反物一つで100万円するものも存在します。

また、大島紬の買取相場は以下のように紬の中でも高い傾向があります。


・大島紬(~200,000円)

・郡上紬(~150,000円)

・結城紬(~100,000円)

・綾の手紬(~100,000円)

・久米島紬(~80,000円)


大島紬の買取価格は、大きく分けて「状態」「丈」「付加価値」の3つのポイントで決まります。

詳しくは以下の通りです。

買取ポイント「状態」

「状態」とは、着用感の度合いや汚れ・シワの程度です。

着物は着る度に汚れが蓄積していきます。

普段からしっかり手入れをしている大島紬と、あまり手入れされていない大島紬とでは買取価格に大きな差が出るでしょう。

買取ポイント「丈」

「丈」とは、着物のサイズを意味します。

買取された大島紬は、着物を欲しがっている方に向けて再販売されます。

その際、着物が大きい分には仕立て直しができますが、極端に小さいサイズだと大きいサイズに比べて需要が下がる傾向にあります。

買取ポイント「付加価値」

「付加価値」は、主に以下の項目に当てはまります。


・本場である奄美大島で作られたもの

・希少性の高い技法が使われている(かすり糸の本数、染め方、刺繍の有無など)

・大島紬のブランド「都喜ヱ門(ときえもん)」


大島紬は各工程ごとに熟練の職人が分業しています。

そのため、他の着物のように一人の作家がメインで作った「作家物」ではありませんが、ごく稀に有名作家が監修した大島紬もあります。

このように「状態」「丈」「付加価値」の3つがそろっている大島紬は、高値で買い取ってくれる可能性が高いです。

本場の奄美大島産ではなくても、長い時間をかけて作られた大島紬はそれだけで希少価値があります。

お持ちの大島紬がいくらになるのかを知りたい場合は、バイセルにお問い合わせください。

あなたの着物、あなたが満足する価格で買い取ります。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

大島紬を売るときに忘れてはいけない「証紙」

大島紬を売るときに忘れてはいけない『証紙』

大島紬をはじめ、新品で購入したほとんどの着物には「証紙」が付いてきます。

証紙とは産地を証明する「登録商標」で、検査合格印も押されています。

さらに、産地ごとの染めの厳しい基準を満たした着物には「染め証紙」も付いてきます。

大島紬の証紙は、製造元が所属する組合ごとに発行されます。

現在、大島紬は以下の4種類の証紙があります。


・奄美大島産の本場奄美大島紬の「地球印」

・鹿児島産の本場大島紬の「旗印」

・宮崎県の都城産の「鶴印」

・奄美笠利産の「高倉印」


証紙は、大島紬などの着物を買取に出す際に、価値を見極める大切な証拠です。

証紙があるかないかで買取価格が数万円単位で変わる場合もあります。

ですから、大島紬を買取へ出す前に証紙があるかを確認しておきましょう。

とはいえ、査定時に大島紬と一緒に証紙を出せなくても、着物専門の査定員ならば価値を見極められます。

証紙を失くしたからといって、大島紬を買取に出すことを諦める必要はありません。

着なくなった大島紬があったら買取業者に査定してもらいましょう。

『大島紬』が高価買取を期待できる理由とは?

『大島紬』が高価買取を期待できる理由とは?

大島紬が高価買取を期待できる理由は、製作期間の長さや手作りによる希少価値があるからです。

製作は60以上もの工程を経て、完成するまでに1年もかかります。

職人の手織りで1枚ずつ丁寧に製作するので、大量生産が難しいところも希少性が高い要因です。

大島紬の製作工程

大島紬の製作工程は多岐に渡りますますが、簡単にご紹介します。

最初に行う整経(せいけい)は、設計図に合わせて糸の種類・太さ・量などを決めて、タテ糸とヨコ糸を揃えます。

染色工程では、テーチ木染め(赤褐色に染まる)と泥染め(渋い黒色に染まる)を繰り返す方法を用いています。

その後、高機(たかばた)という織機を用いて全て手織りします。

最後に組合によって、幅・長さ・色ムラ・かすりの不揃いなどを含む20項目以上もの厳しい検査が行われ、合格した大島紬だけが初めて製品として認められます。

こうして、何年も経験を積んだ熟練の職人たちによって、伝統的工芸品「大島紬」が完成するのです。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください