ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について
また出張買取のご相談が増えコールセンターにお電話が殺到しております。つながらない場合はおかけ直し下さい。 0120-542-668 ) 0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

中古の喪服着物は買取してもらえる?おすすめの買取方法や買取相場をご紹介

中古の喪服着物は買取してもらえる?おすすめの買取方法や買取相場をご紹介
中古の喪服着物は買取してもらえる?おすすめの買取方法や買取相場をご紹介

かつては「嫁入り道具のタンスに喪服着物を入れて持たせる」といった風習もありましたが、現代では喪服に関しても洋装が主流となっています。

喪服着物を譲り受けたが着る機会がない、着物よりも楽な洋装の喪服を着用したいなどの理由で、使わなくなった喪服着物が箪笥に眠ったままという人も少なくないのではないでしょうか。

不要になった喪服着物は買取してもらえるものなのでしょうか。

また、買取相場はどれくらいになるのでしょうか。

喪服着物は買取の対象になるのか、どこで買取してもらえるのかといった情報に加え、買取相場や高く買取してもらうためのポイントなどをご紹介します。


喪服の買取について

バイセルでは喪服着物の買取が難しい場合がございますので、詳しくはオペレーターまでお問い合わせください。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668

    ※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

喪服についての知っておきたい基礎知識

喪服についての知っておきたい基礎知識

喪服とは喪中またはその行事に着用する儀礼服のことですが、時代や地域によってその風習は異なる場合があります。

現代は洋装の喪服を着る人が多いものの、時と場合に応じて和装の喪服を着用することがあります。

ここではまず「正喪服」「準喪服」「略喪服」という喪服の格式について、また喪服の和装と洋装についてご紹介します。

正喪服について

正喪服は格式が最も高い喪服で、喪主や遺族、世話役など遺族側が着用することの多い喪服です。

和装の正喪服は男性の場合、紋付羽織袴です。

紋付と羽織は黒の羽二重、家紋は五つ紋が基本となります。

女性の場合は黒紋付を着用し、帯は黒無地、足袋は白、草履は黒のものを着用し、帯留めは避けます。

洋装の正喪服は男性の場合、燕尾服やタキシードにモーニングコートというスタイルになります。

女性の場合は、黒無地のワンピースやアンサンブルです。

パンツスタイルは正礼装とならないため、正喪服としては着用を避けるのが一般的です。

準喪服について

準喪服はその名のとおり、正喪服に準じた服装です。

一般的に広く着用されるスタイルで、喪主や遺族のほか、参列者も着られます。

準喪服に相当する和装もありますが、今はほとんどが洋装スタイルです。

洋装の準喪服は男性の場合、ブラックスーツが基本です。

慶弔両用の礼服スーツを着用し、ネクタイ、靴下、靴などの小物もすべて黒で統一します。

タイプはシングルでもダブルでもかまいません。

女性の場合は、黒のワンピースやアンサンブル、スーツなどが洋装の準喪服となります。

準喪服の場合はパンツスタイルも可能です。

略喪服について

略喪服は、仮通夜や三回忌以降の法事で着用することが多い礼服です。

地味な色、デザインの服装を指します。

男性の場合、地味なダークスーツを着用し、女性の場合は黒やグレーなど地味なワンピースやアンサンブルを着用します。

喪服はこの3段階に分類されますが、和装は正喪服とされることが多く、それ以外は洋装を着る傾向が強いといえるでしょう。

喪服着物は買取の対象になる?

喪服着物は買取の対象になる?

着物買取市場において、喪服着物はあまりニーズがないのが現状です。

喪服着物は、喪主や喪主の配偶者として着用する・着物を着用する家柄であるなど、使う機会が限られます。

喪服着物のレンタル業者も増えているため、「喪服着物を中古で買う」という需要はそこまで高くはありません。

そのため、喪服着物の買取を行っている業者はあまり多くはないでしょう。

「喪服は買取不可」とあらかじめ断っている買取業者もあります。

ただし、海外や日本在住の外国人の方のなかでは着物ブームが起こっているため、晴着や留袖、喪服着物もニーズがあるようです。

海外販路のある着物専門の買取業者などの場合、積極的に買取を行っていることもあります。

比較的買取してもらいやすいのはどんなケース?

着物専門の買取業者の中には、「未使用品のみ」「夏と冬セットの計6点セットなら」など、条件つきで喪服着物を扱っているところもあります。

再販しやすい条件の揃っている和服着物で、状態が良い場合には比較的買取してもらいやすいでしょう。

また、着物専門の買取業者以外にも、一部で喪服着物を扱う業者が増えています。

たとえば大型のリサイクルショップの中には、急遽、喪服着物が必要になって駆け込んでくる顧客のために、喪服着物の取扱を始めている店舗もあります。

喪服着物を売れるお店を探すのには苦労するかもしれませんが、積極的に情報収集をしていけば、利用可能な買取業者を見つけられる可能性は高いでしょう。

喪服着物の買取相場はどれくらい?

喪服着物の買取相場はどれくらい?

喪服着物は買取不可になるケースも多いとご紹介しましたが、買取してもらえる場合でも、通常の着物に比べて買取価格は低くなってしまうことが多いでしょう。

喪服着物の買取相場は?

数万円で購入したような絹の喪服着物であっても、買取相場は「数百円」程度になってしまうようです。

ほとんど未使用など、保存状態が極めて良い場合でも、買取相場は「1,000円」程度になることが多いようです。

正絹製で、一越縮緬・袷・仕付けありのような高級品であっても、買取相場は「千数百円~2,000円」ほどになることが多いでしょう。

ただし、これらはあくまでも目安程度であり、実際の買取価格とは異なる場合がありますのでご注意ください。

喪服着物はどこで買取してもらうのがおすすめ?

喪服着物はどこで買取してもらうのがおすすめ?

喪服着物を売りたいと考えたとき、具体的にはどのような方法が考えられるでしょうか。

ここでは代表的と思われる4つの方法について、概要やメリット・デメリットをご紹介します。

  1. リサイクルショップ
  2. 古着屋
  3. ネットオークションやフリマアプリ
  4. 着物専門の買取業者

それぞれの特徴から、おすすめの方法を考えて行きましょう。

リサイクルショップ

幅広い品物を取り扱っている総合リサイクルショップの中には、着物を取り扱っている店舗もあります。

リサイクルショップの買取サービスは、売りたい品物を店頭に持ち込めば、その場で査定・買取してもらえるという手軽さが魅力でしょう。

しかしながら、、、

着物の買取を受け付けているリサイクルショップであっても、喪服着物の関しては買取を断っているというリサイクルショップも多いです。

喪服着物は中古での需要がそもそも少ない上、喪服着物には家紋が入っている場合が多いなど、不良在庫になってしまうリスクが通常の着物よりも高いためです。

喪服着物は重さもあり、持ち運びしやすいものではありません。

苦労してリサイクルショップの店頭に持ち込んだものの、買取してもらえなかったというケースも十分に考えられます。

古着屋

古着屋でもリサイクルショップ同様、着物の買取に対応している店舗は多くあります。

査定・買取の手軽さもリサイクルショップ同様です。

しかしながら、、、

需要の少ない中古の喪服着物は古着屋の店頭に置いていても売れる可能性は高くないと考えられます。

そのため、着物の買取を行っている古着屋であっても、喪服着物の買取には対応していないという店舗も多いようです。

やはり、喪服着物を店頭まで持ち込んだとしても、買取不可となって再び持ち帰らなければならないケースは十分に起こりうるでしょう。

ネットオークション・フリマアプリ

ネットオークションやフリマプリを利用して、個人間で喪服着物を売買することも可能です。

スマートフォン1つあれば出品でき、買取店を利用する場合のように営業時間も気にする必要もないので、大変便利な方法です。

しかしながら、、、

ネットオークションやフリマアプリの弱点として、購入者は購入するまでは実際の品物を見ることができず、写真と説明書きだけで判断しなければならないという点があります。

ただでさえ中古の喪服着物は需要が少ない上に、実物を見ることができないために購入をためらう人も多いです。

ネットオークションやフリマアプリで実際に喪服着物を売却できる可能性は高いとは言えないでしょう。

また、個人間の取引のため、「思っていたものと違った」「記載の無かったシミやほつれがあった」などクレームがあった場合には出品者自身で対処しなければいけません。

上手くいけば出品者の設定した価格で売却できる可能性もありますが、こういったリスクがあることは考えておかなければなりません。

着物専門の買取業者

上記3つの方法のデメリットをクリアしているものとしておすすめしたいのが、着物専門の買取業者を利用する方法です。

着物専門の大手買取業者が提供していることの多いサービスに「出張買取」がありますが、喪服着物の買取においては、この「出張買取」を利用するのがおすすめです。

出張買取を利用する

出張買取とは、買取業者の査定員が利用者の自宅等まで来て査定・買取してくれるサービスのことです。

電話やインターネットから申し込むことができ、自宅にいながら全てを済ませることができます。

重い喪服着物を複数枚売りたい場合にも持ち運ぶ必要はありませんし、仮に買取不可となっても自宅ですから、持ち帰る手間もありません。

また次の買取業者に自宅まで来てもらえば良いのです。

出張費や査定料などの手数料を無料にしている買取業者も多いですから、費用をかけずに複数の業者に査定を依頼することもできます。

また、プロの買取業者が相手ですから、ネットオークションやフリマプリでの個人間売買のようにクレームを受けるリスクもありません。

手間をかけずに安心して喪服着物を売りたいと考えるなら、着物専門の買取業者の出張買取サービスを利用するのがおすすめです。

喪服着物を少しでも高く買取してもらうためのポイント

喪服着物を少しでも高く買取してもらうためのポイント

喪服着物は通常の着物に比べると買取市場における需要が少なく、買取価格も低くなってしまいがちです。

それでも、せっかく買取に出すのなら、やはり少しでも高く買取してもらいたいですよね。

ここでは、喪服着物を少しでも高く買取してもらうために押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。

  1. 保存状態を綺麗に保つ
  2. 喪服着物と一緒に身に着けるものもまとめて買取に出す
  3. 有名産地ものの喪服着物なら証紙も一緒に査定に出す

保存状態を綺麗に保つ

喪服に限らず、着物の買取において保存状態は買取価格に大きく影響する要素として重要です。

カビが生えていたりシミがついていたりすると、買取価格が下がってしまうことがあります。

特に正絹製の着物は湿気に弱いのですが、喪服着物の場合には「雨だから着用を控えよう」というわけにもいきません。

着用したあとは陰干しして湿気を飛ばしてから収納するようにしましょう。

また、桐箪笥や除湿剤を使うなどして、保管場所に湿気が溜まらないようにする工夫も重要でしょう。

喪服着物と一緒に身に着けるものもまとめて買取に出す

喪服が必要になるタイミングは、急に訪れるものですよね。

また、喪服着物に合わせる帯や小物は喪服以外の着物に合わせるということは考えにくいため、「喪服用の帯や小物だけ持っている」というケースは少ないでしょう。

そのため中古市場においては、喪服着物だけではなく帯や草履など、喪服着物と一緒に身に着けるものもまとめて買いたいという需要がよくあります。

買取業者にもよりますが、喪服用の帯・帯締め・帯揚げ・草履・バッグなどを喪服着物と一緒に買取に出すことで、買取価格が上がる可能性があります。

喪服着物を買取に出す際、使わなくなる帯や小物などがある場合には、喪服着物と一緒にまとめて買取に出すのがおすすめです。

有名産地ものの喪服着物なら証紙も一緒に査定に出す

有名産地ものや伝統工芸品の喪服着物・喪服用帯を購入した場合には、組合等が品質を保証するための証明書である「証紙」が付属している場合があります。

喪服着物に限らず、この証紙は着物の品質を保証するものとして、買取の際にも重要な役割を果たします。

お持ちの喪服着物の品質を証明するためにも、証紙があれば査定の際に忘れずに提示するようにしましょう。

また同様の意味で、有名呉服店で購入した喪服着物であることを証明するもの(領収書・店名の入ったたとう紙など)があれば、一緒に査定に出すのがおすすめです。

※バイセルでは喪服着物の買取が難しい場合がございますので、詳しくはオペレーターまでお問い合わせください。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668

    ※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください