24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

着物の買取相場や金額はいくらくらい?高く売るコツもご紹介

着物の買取相場や金額はいくらくらい?高く売るコツもご紹介
 着物買取

着物は適切な方法で持ち込めば、高く買取ってもらえる可能性があります。

とはいえ、着物の買取金額相場はいくらくらいなのでしょうか。

今回は、着物の種類別の買取金額相場や、着物を高額で買取ってもらうコツについて、まとめてご紹介しましょう。

着物の買取金額はいくらが相場?

近年、着物を着る人は増えているといわれており、着物の需要は高まっています。

着物はそのまま着るだけでなく、リメイク素材としても人気です。

また、海外でも注目を浴びている点も見逃せないでしょう。

たんすのなかに眠ってしまっている着物があれば、ぜひ査定に出したいところです。

着物の買取金額相場は、種類や流行などによって異なります。

たとえば流行の柄であれば、通常よりも十分高値が期待できる可能性はありますので着物買取業者へ相談してみましょう。

ただし、着物の作家や産地によっては、より高く買取ってもらえる可能性もあります。詳しくは次の項目でご紹介しましょう。

種類や流行…着物の買取金額を左右する要素

着物の買取金額は、どのような要素によって決まってくるのでしょうか。

以下で査定の際にチェックされている項目をご紹介しましょう。

色合いや柄の流行

色合いについては、より多くの人が着られる色のほうが高く買取ってもらえる可能性が高まります。

たとえば赤やピンクなどは若い女性向けで、なかなか年配の女性は合わせづらい色です。

これに対して、薄紫色や草色といった色の着物は年齢を問わず、さまざまな人に合わせられます。

柄については一定の流行があるため、その流行に沿った柄の着物であれば高く売れます。

たとえば振袖は数年ごとに流行が変わるため、あまり古い柄のものだと額が下がってしまうこともあるでしょう。

一方で留袖などは、伝統的な和文様が好まれる傾向があるため、振袖ほど流行に価格が左右されないようです。

作家

人間国宝の作品のほか、伝統工芸品の着物、老舗呉服屋が仕立てた着物は高く買取ってもらえる傾向にあります。

有名な着物作家には、以下のような人が挙げられます。

  • 久保田一竹
  • 木村雨山
  • 喜多川平朗
  • 小宮康孝
  • 玉那覇有公
  • 上野為二
  • 与那嶺貞
  • 中村勝馬
  • 北村武資
  • 古賀フミ
  • 宗廣力山
  • 山田貢
  • 平良敏子
  • 志村ふくみ
  • 森口華弘
  • 田島比呂子
  • 由水とく
  • 青木滋芳
  • 川島甚兵衛
  • 伊達弥助

下記に一部作家のさらに深い情報を掲載しているページもありますので是非ご覧下さい。

参考記事:作家着物の買取について

また老舗呉服屋といわれるものは以下の通りです。

  • 高島屋
  • 三越
  • 大丸
  • やまと
  • 銀座越後屋
  • ゑり善
  • 銀座志ま亀

この中には皆さんご存知の有名百貨店も含まれています。

作家を示す証紙が手元にある場合には、一度確認してみましょう。

産地

伝統工芸品など、有名産地の着物は、より高い額で買取ってもらえます。

有名産地の例は以下のとおりです。

  • 友禅
  • 江戸小紋
  • 絞り
  • 紅型
  • 大島紬
  • 本塩沢
  • 結城紬
  • 読谷山花織
  • 首里織
  • 琉球絣
  • 越後上布
  • 小千谷紬
  • 琉球紅型
  • えぞ織
  • 長井紬
  • 牛首紬
  • 伊那紬
  • 天蚕紬
  • 群上紬
  • 大石紬
  • 丹波布
  • 出雲絣
  • 久留米絣
  • 綿さつま絣
  • 八重山上布
  • 宮古上布
  • 芭蕉布
  • 琉球紬
  • 能登上布
  • 読谷山花織
  • 本場黄八丈
  • 本場久米島紬

上記に掲載している一部の伝統工芸品はこちらでも紹介していますのでご覧下さい。

参考記事:友禅の買取について

参考記事:小紋の買取について

参考記事:紬の買取について

参考記事:琉球織物(沖縄着物)の買取について

産地についても証紙に明記されているのが一般的です。証紙については別の項目で詳しく解説します。

種類

着物にはさまざまな種類がありますが、なかでも訪問着は高額査定になりやすい着物の種類です。

続いて高く買取ってもらえる順に、振袖、付下げ、留袖、小紋、紬(つむぎ)、色無地となります。

種類ごとの相場や各着物の種類の詳細については、後ほどご紹介します。

生地

高額買取対象になるのは、100%絹でできた正絹の着物です。

正絹の着物の場合は、絹の重さを表す匁(もんめ)が大きいほど高額査定につながる傾向があります。

サイズ

誰でも着られるサイズに仕立て直せる着物のほうが高く買取ってもらえます。

目安としては、身丈160センチ以上、桁丈65センチ以上程度です。

季節

流行だけでなく、季節も着物の値段と関わってきます。

たとえば夏着物は7、8月に着る着物であるため、シーズンが始まる春ごろに売るのがおすすめです。

そのほか、秋から春にかけて着る袷(あわせ)、6月や9月の衣替えの時期に着る単衣(ひとえ)などがあります。

同じ着物であれば、季節を見計らって、より高く買取ってもらえるタイミングで査定に出すとよいでしょう。

着用回数

仕付けがついた状態の未着用のものや、着用回数が少ない着物のほうが高く売れます。

目安としては、新品購入から10年以内であれば高額買取されるといわれています。

金額に影響!着物を売る際の注意点

有名な作家や産地の着物であっても、気をつけなければ金額が下がってしまうことがあります。

以下で押さえておきたい注意点をご紹介しましょう。

保存状態

傷やしみ、汚れがつかないよう、保存状態には十分注意しましょう。

古い場合もクリーニングに出し、畳紙に入れるなどして、できるだけよい状態で査定してもらうのがベターです。

また、どんなに気をつけて保存していても、絹は経年劣化してしまう素材です。

できるだけ早めに買取してもらうよう心がけたほうがよいでしょう。

証紙の有無

証紙とは、産地や作家、品質を証明するための書類です。

有名作家や産地の着物であっても、証紙がないとそれを証明できないため、買取金額が下がってしまいます。

新品を購入した方の中には不必要と思って捨ててしまうケースもあります。

しかし価値を証明する大切なものなので大事に保管しておきましょう。

高い金額で買取ってもらえる着物の種類

先述したとおり、高い金額で買取ってもらえる可能性が高いのは、汎用性の高い訪問着です。

以下で、その他の着物もあわせて、各着物の種類の詳細について解説しましょう。

訪問着

フォーマルな着物の種類です。未婚・既婚いずれの場合も着用できます。

絵羽と呼ばれる技法(仮縫いした状態で絵を描き、それを一度ほどいて染色する方法)で模様付けされているため、模様が縫い目で途切れない点が特徴です。

絵羽模様の着物は格が高いとされています。

参考記事:訪問着の買取について

振袖

未婚女性の第一礼装です。長い袖が特徴で、成人式や結婚式などで着られます。

柄は訪問着と同様、一枚の絵のように仕上がる絵羽模様です。

模様は可憐なものをモチーフにしてあることが多くなっています。

参考記事:振袖の買取について

付け下げ

カジュアルな着物ですが、華やかな柄の場合はフォーマルにも用いられます。

絵羽模様でないため、縫い目部分に模様が入らず、着たときに模様がすべて上を向くようになっている点が特徴です。

参考記事:付け下げについて

留袖

フォーマルな着物です。色によって、黒留袖と色留袖があります。

黒留袖は、既婚女性の第一礼装です。背中と胸元、両後ろ袖前の5カ所に家紋が入ります。結婚式などに家族・親族・仲人などが着るのが一般的です。

色留袖は未婚・既婚に関わらず着られる礼装です。家紋の数によって格が異なり、もっとも格の高い5つ紋のものは黒留袖と同格になります。

参考記事:留袖の買取について

紬(つむぎ)

カジュアルな着物です。

先に糸を染めてから着物に織り上げられるため、糸の色の組み合わせによって縞や格子といった柄が出てきます。

参考記事:紬の買取について

小紋・江戸小紋

カジュアルな着物で、同じ模様が着物全体にあしらわれている点が特徴です。お稽古事や街着でよく着られます。

江戸小紋はとても細かな柄の型染め(型紙で染める技法)となっています。

小紋の柄のなかでも、「定め小紋」といわれる鮫、行儀、角通しの柄は格のあるものです。

参考記事:小紋の買取について

色無地

基本は街着などに使われるカジュアルな着物です。名前のとおり、1色で染められた無地の着物となっています。

紋をつければ結婚式などのフォーマルなシーンでも着られます。

参考記事:色無地の買取について

帯にもさまざまな種類があります。順番にみていきましょう。

袋帯は、フォーマルな着物に合わせる帯です。長さが4メートル以上あり、「二重太鼓」という結び方や、華やかな飾り結びで結びます。金や銀の糸が使われている点が特徴です。

洒落袋帯(しゃれふくろおび)は金や銀の糸を使わない袋帯のことです。カジュアルなパーティなどに使われます。

名古屋帯はカジュアルな着物に合わせる代表的な帯です。長さが約3メートル60センチあり、一重太鼓や角出しなどで結びます。

半幅帯は、袋帯や名古屋帯の半分の幅になっている帯です。小紋や紬のほか、浴衣などにも合わせられます。さまざまな結び方ができる点も魅力です。

参考記事:袋帯の買取について

参考記事:名古屋帯の買取について

参考記事:半幅帯の買取について

参考記事:付け下げの買取について

買取り価格が下がってしまう着物は?

高く売れる種類の着物であっても、場合によっては買取金額が下がってしまうことがあります。

以下は買取金額を下げてしまうおもな要因です。

保存状態が悪い

シミ、色落ち、汚れ、虫食い、防虫剤のにおいうつり、カビなどは着物の買取金額を下げてしまう原因です。

また経年劣化による裏地の色あせ、箔の変色などがないかどうかも、気をつけて確認してください。

着る人が限られてしまう

服や、それに合わせる真っ黒の羽織は、着るシーンが限られてしまうため、他の色・種類の着物に比べると買取金額が下がってしまいます。

またサイズが小さすぎる着物も仕立て直して売れないため、買取金額が下がります。

さらに人の肌に触れる長襦袢(下着)も需要が少ないため、買取価格が下がってしまう傾向にあります。

ウールや化学繊維(ポリエステル)で作られている

ウールや化学繊維で作られている正絹でない着物は、着物としての価値が低いため値段が下がってしまいます。

要チェック!着物を高く売るためのコツ

同じ着物でも、査定を依頼するときに工夫すればより高く買取ってもらえることがあります。

以下でそのコツを見ていきましょう。

着物に詳しい買取専門業者に査定を依頼する

着物の価値を正しく査定してもらえる買取専門業者に査定を依頼しましょう。

一般的なリサイクルショップで着物を売ると、正確な査定が出来ず、価値の高い着物でも値段がつかないといわれることがあります。

また、古い着物や正絹でない着物でも、買取専門業者ならばある程度の値段で買取ってもらえる可能性があります。

諦めずに、まずは査定に出すことを検討してみましょう。

和装小物などもまとめて査定に出す

帯や下駄、足袋、草履、扇子、帯締め、帯揚げ、かんざしといった和装小物がある場合は、着物と一緒に査定を依頼するとよいでしょう。

小物一つひとつには大きな値はつきませんが、着物単体で売るよりも価格を上乗せしてもらえることがあります。

参考記事:和装小物について

おわりに

今回は、着物の買取金額の相場や高く買取ってもらうコツ、査定を依頼する際の注意点などについてまとめてご紹介しました。

着物の査定は、今回紹介したさまざまな要素を加味して行われます。

ちょっと汚れがあったり古かったりしても、買取ってもらえる場合もあるかもしれません。

たんすの肥やしになってしまっている着物があれば、経年劣化してしまう前に、ぜひ査定に出してみてはいかがでしょうか。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください