24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

伊達弥助作品の買取相場と納得の価格で買い取ってもらう方法とは?

伊達弥助作品の買取相場と納得の価格で買い取ってもらう方法とは?
伊達弥助作品の買取相場と納得の価格で買い取ってもらう方法とは?

伊達弥助(だてやすけ)の着物作品を売却検討中ですか?

「もう着る機会がないから売りたい」「親戚に譲ってもらったけど価値が分からない」という方のために、伊達弥助の経歴と買取相場をお伝えし、納得できる価格で買い取ってもらうための方法をご紹介します。

着物を上手に売るためのコツをお教えしますので、売却前に一読していただき参考にしてみてください。

伊達弥助とは?

伊達弥助とは?

お持ちの着物を今すぐにでも売りたい気持ちは分かりますが、まずは伊達弥助の着物の価値を知っておく必要があります。

着物の価値を知るためには、伊達弥助がどんな人物で、どんな偉業を成し遂げたのか、情報を掴んでおかねばなりません。

価値が分からないと業者に安く買い叩かれてしまいかねないので、事前に把握・納得して着物を買い取ってもらえるようにしましょう。

伊達弥助の生い立ち

伊達弥助は京都・西陣で織物業を営む「井筒屋(いづつや)」の歴代当主の名前です。

世襲制ですので伊達弥助は複数名いますが、中でも有名なのは4代目と5代目になります(文章が読みづらくなってしまうので、便宜上、以下では伊達弥助を世代数で表します)。

彼らは西陣織業界に革命をもたらしたり、偉大な功績を残したりした人物なので、中古着物市場でも高価買取が期待できます。

4代目伊達弥助の半生と功績

4代目(1813~1876)は明治維新直後の時期に当主を務め、ビロードに友禅染を施すなど研究熱心な人物でした。

彼は1873年に開催されたウィーン万国博覧会に、日本を代表する織物業者の技術伝習生として派遣されました。

数々の西洋の織物技術を視察し、その最新技術を西陣織に取り入れようと考え、オーストリア式のジャガード機を持ち帰ります。

人力で織物を織る際は、指で経糸(たていと)を引き上げて緯糸(よこいと)を通すことで柄を表現します。

ジャガード機は柄を織るための機械で、経糸を上下に自動的に開いてくれるので、これにより生地を織る作業効率が格段に上がり、また複雑な柄を描けるようになりました。

ジャガード機を導入した4代目は、西陣織の生産技術向上に大きく貢献した人物だったといえるでしょう。

5代目伊達弥助の半生と功績

5代目(1838~1892)は父の跡を継ぎ近代的な織技法を研究する傍ら、美術織物にも力を入れました。

「西洋の機械で作った製品などは目に心地よいだけのものだ」という言葉を残したことにも表れていますが、彼は日本古来の技術や芸術性への探求を怠ることはなく、西陣織に古典的なデザインを絵画のように表現する工夫を凝らし、伊達錆織(だてせいしょく)を考案します。

錆織とは「古めかしい色合いや趣がある織物」という意味で、5代目の信念がよく表れている名称ですね。

彼は美術品の他に草花や生物など自然界にあるものも根気よく分析し、着物以外にも掛け軸も制作しました。

また、5代目は1890年に明治天皇が名古屋に行幸(外出のこと)した際には宴に呼び寄せられ、帝室技芸員(戦前の宮内省に任命された芸術家や工芸家のこと)の称を賜わるほどの名工として知られています。

帝室技芸員は現在の人間国宝や文化勲章などに当たるので、どれほど素晴らしい実績があるかが分かりますね。

伊達弥助の買取相場とは?

伊達弥助の買取相場とは?

伊達弥助の帯の買取相場は、近年の着物買取市場の買取例では5,000円前後になります。

ただし、傷やシミ・カビ・強い締め跡があるなど、保存状態によっては買取価格が下がってしまうことがあります。

着用後の手入れや普段の保管方法など、帯の保存状態には十分注意しましょう。

これはあくまで相場ですので、お持ちの帯の正確な価値が知りたい場合は着物専門の買取業者に相談してみましょう。

伊達弥助の着物を高く売るためには

伊達弥助の着物を高く売るためには

伊達弥助の中でも特に4代目と5代目の着物作品は高値で買い取られやすいことが分かりましたが、実際にどのような手段を取れば高値で売ることが期待できるのでしょうか。

そのコツをお伝えしますので、査定に出す前に確認して査定時に実践してみましょう。

保存状態に気を付ける

着物の保存状態は、買取価格を左右する重要なポイントです。

当然ながら汚れやシワだらけの酷い状態のものより、新品のような美しい状態のものの方が需要があるため、高額で買い取ってもらいやすいです。

保存状態には常に気を配り、カビ・シミ・汚れ・シワなどがつかないように気をつけましょう。

定期的に箱や袋から取り出し、風を通して湿気を取り除いてくださいね。

4代目・5代目ともに没後100年以上経っていますので、彼らの作品が新品同様の状態で残っているものは大変貴重です。

もし綺麗な状態であれば高価買取が大きく期待できますので、必ず状態をチェックしておきましょう。

着物買取の専門業者に任せる

品物の買取を考えた際、まず思い浮かぶのは近所のリサイクルショップや質屋だと思います。

ですが、それらの店舗では着物に精通している査定員が在籍しているかは不明で、着物の価値に合わない価格で買い取られてしまうことが懸念されます。

特に伊達弥助の着物作品は製造年がかなり前なので、査定されても「ただの古い着物」としか判断されず、二束三文で買い取られる可能性があります。

「本当は10万円で買い取られてもおかしくないのに、質屋で100円で買い取られた」となれば悔やんでも悔やみきれませんよね。

その事態を避けるべく、着物の買取は着物買取の専門業者に任せましょう。

着物を専門としているので、着物を隅から隅まで査定し、価値に見合った買取価格をつけてくれます。

買取後に泣き寝入りしないためにも、業者選びにはしっかりこだわってくださいね。

複数の買取業者に依頼する

いくら着物買取の専門業者と言えど、業者によっては提示してくれる買取価格に差が出るでしょう。

着物買取の専門業者は数多あり、買取後の販路や買取品目の多寡・実績の有無など規模の大小は様々です。

よって買取価格に違いが生じるのは避けられないため、複数の業者に査定依頼をすることが大切になります。

それぞれの業者の査定員の対応や買取額を鑑みて、自分がちゃんと納得できたり買取額を1番高くつけてくれたりした業者を選びましょう。

伊達弥助作品の買取なら安心のバイセルを

伊達弥助作品の買取なら安心のバイセルを

「着物買取の専門業者を選びたいけど、どこにしたら良いか迷う…」という方のために、バイセルの利用をご検討いただければと思います。

バイセルは日本全国のお客様からの月間お問い合わせ件数が約20,000件(2018年度実績)という実績がある買取業者です。

バイセルを安心してご利用いただけるポイントをご紹介しますので、ぜひ業者選びの参考にしてみてください。

買取ジャンルの幅が広い

バイセルでは今回紹介した着物はもちろん、金券・古銭・切手・貴金属・ブランド時計・ジュエリーなど幅広く取り扱っています。

査定員はすべての買取品目の商品知識や観察眼を有していますので、着物以外の買取もお任せください。

古いものや欠損があるものでも高い買取額がつくケースもありますので、どうせ売れないと諦めて捨てる前にぜひ一度お見せください。

他にも買取対象品目はたくさんありますので、ご不明点がございましたらコールセンターまでご相談ください。

各種手数料は無料

買取サービスをご利用いただくにあたり、手数料の発生を懸念される方もいらっしゃるかと思います。

バイセルではご相談お見積り料・査定料・出張訪問料・宅配送料・買取料・キャンセル料はすべて完全無料です。

どれだけ遠方にお住まいでも、どれだけ大量のお品物の査定でも、各種手数料を請求することは一切ございません。

すべてはお客様に安心・満足してご利用いただくためですので、遠慮なくお申し込みいただけます。

「買い取ってもらえるか分からないけど、とりあえず査定して欲しい」「どんな品物が買取対象になっているか相談したい」という場合でも無料で快く承ります。

お客様に合わせた買取方法

バイセルでは「出張買取」「宅配買取」「持込買取」の3種類の買取サービスをご用意していますので、お客様ご自身でご都合に合う方法を選んでいただけます。

それぞれの利用方法の流れやメリットを紹介しますので、買取サービスの利用を検討中の方は是非参考にしてみてください。

出張買取

出張買取はバイセルの査定員がお客様宅まで訪問し、その場でお品物の査定から買取額のお支払いまでを行います。

バイセルは「出張買取価格満足度」「出張買取顧客満足度」「安心して利用できる出張買取サービス」の各部門で1位を獲得(実査委託先:ゼネラルリサーチ)しており、買取サービスの中でも最も力を入れています。

お客様はお品物を売却するためにわざわざ店舗まで出向く必要や、お品物を持ち運ぶ必要がなく、重かったり大量のお品物でも手軽に売れますので、一気に不用品を片付けたい方や体力に自信がない方にもおすすめできます。

またバイセルの出張買取ではどんなに高額でも提示された買取金額は現金でその場でお支払いしますので、不安なくサービスをご利用いただけます。

宅配買取

宅配買取はお客様ご自身でお品物を宅配キットに入れて、バイセルまでお送りいただくサービスです。

都合の良い時に配送・買取ができるため、査定員を自宅に呼ぶ時間がない忙しい方におすすめです。

お品物がバイセルに到着したら、査定員が素早く査定を行い結果をメールでお伝えします。

買取額に納得していただけましたら、銀行振込にてお支払いいたします。

また、宅配送料はバイセルで負担しますので、安心してお申し込みいただけます。

持込買取

持込買取はバイセル(東京本社や各地にあるセンター)までお客様ご自身でお品物を持ち込んでいただき、社内で査定・売買契約などを行うサービスです。

バイセルの持込買取は完全予約制となっていますので、人目を気にすることなく安心してご来社いただけます。

査定状況など他の方に見られることがないよう個室にて行われ、プライバシー順守を徹底しています。

また、バイセルの社内や社員の様子も直に見て取れるため、査定や契約に信頼を置いていただけると思います。

伊達弥助の着物を高額買取してもらうためポイントおさらい

伊達弥助の着物を高額買取してもらうためポイントおさらい

伊達弥助作品を高額買取してもらうためのポイントを5つ下記にてまとめましたので、確認して買取時に少しでも高額になるようにしていきましょう。

・伊達弥助作品の中でも、4代目と5代目は特に高値での買取になりやすい
・両名ともに没後100年以上が経過しているので、美品の作品はとても重宝され需要が高い
・保存状態には常に気をつけ、なるべく綺麗な状態で査定に出す
・着物買取の専門業者に任せれば、損することなく買い取ってもらえる
・複数の業者に査定依頼し、買いたたかれること防ぐ

伊達弥助作品の買取相場と納得の価格で買い取ってもらう方法とは?:まとめ

伊達弥助作品の買取相場と納得の価格で買い取ってもらう方法とは?:まとめ

明治時代以降、西陣織業界は織物技術を革新することで新しい時代を乗り越えようと奮闘していました。

4代目と5代目の伊達弥助はその象徴とも呼べる人物で、今の西陣織業界と切っても切れない深い関係にあります。

特に5代目は西陣織物製造業組合が建立した西陣名技碑という碑石に、その功績が記述され称えられているほどです。

この碑石は学問の神様で有名な菅原道真を祀る北野天満宮の北門前に設置されており、多くの人にその偉業が今なお伝えられています。

彼らの着物の価値はとても高いので、もしご自身が着ないのであればぜひ買取に出してみてはいかがでしょうか。

古い着物とは言え捨てるには本当にもったいない作品なので、着物買取の専門業者を選んで査定に出してくださいね。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください