24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

真っすぐに伝統を守り続ける芭蕉布

真っすぐに伝統を守り続ける芭蕉布
 着物買取芭蕉布

沖縄の伝統工芸品である芭蕉布は、植物の茎の繊維を取り出し、糸にして織って作られています。

昔ながらの製法と技法で製造されているため、糸を作るまでに大変な手間が掛かる織物です。

昔は沖縄のあちこちで織られていたものの、現在では非常に希少になった芭蕉布について説明します。

芭蕉布の芭蕉はバナナの仲間

芭蕉布は、沖縄で昔から織られてきた布の中で最も長い、100年以上の歴史を持ちます。

「芭蕉」とはバナナを含むバショウ科の多年草の植物のことです。芭蕉布の原材料はバナナではありません。

バナナの実がなるバショウ科の植物は「実芭蕉」と呼ばれます。そして、芭蕉布を織る繊維を取るバショウは「糸芭蕉」です。

こちらは沖縄だけでなく九州や本州にも生えていて、俳人の松尾芭蕉の名前の由来になったという説があります。

糸芭蕉は、元は中国原産ですが、英名はジャパニーズ・バナナです。この2つのバショウの他に、花を楽しむ「花芭蕉」というのもあります。

黄色い実のバナナとは違いますが、芭蕉は意外と古くから日本では身近な植物だったのです。

材料と手間が非常に掛かる布

芭蕉布にする糸は、糸芭蕉の茎から取られます。

茎はタマネギのように何層にもなっていて、内側の繊維が細くてやわらかく、着物に使う布を作るのに向いています。

外側の繊維では、座布団などの布が織られます。またこの表皮で紙も漉けるのです。

着物に適している繊維は、1本の糸芭蕉からはほんの少ししか取れません。1反に200本の糸芭蕉がいるとされています。

さらに、灰汁で煮たり、繊維を手作業で糸にしたりと、非常に手間が掛かるのです。

そして、できた糸を染め、織り、仕上げをして完成させるのにも、たくさんの工程が必要となります。

芭蕉布の糸や染料の原料は、沖縄産の自然素材です。

糸の原料には多数の糸芭蕉が必要ですが、線維が取れるまでに育つのに3年掛かります。

作れる職人も、現在ではそんなに多くはありません。

このように貴重な芭蕉布は、国の重要無形文化財に指定されている伝統工芸品でもあるのです。

涼やかで実用性に富む芭蕉布

芭蕉布は、丈夫で軽く風通しが良いため、蒸し暑い沖縄の気候に適した着物になります。

地色も透明感があり、そこに涼し気なデザインが施され、見た目にも実用性にも優れています。

以前、芭蕉布は沖縄の各島で作られていましたが、合成繊維の普及などで需要が減ったこともあって、現在は大宣味村の喜如嘉が主な産地となっています。

ですから、喜如嘉産の芭蕉布には証紙が付いているのです。

重要無形文化財の芭蕉布は喜如嘉産ですが、修行するなどして独立し、別の場所で制作を行っている芭蕉布作家もいます。

芭蕉布で作られる商品は着物や帯だけではなく、バッグやネクタイ、コースターなど日常生活で使用しやすいものも作られています。

希少価値を持つ芭蕉布

芭蕉布と間違われやすいものに絹芭蕉があります。

「芭蕉」という言葉が使われていますが、絹が原料の織物です。

芭蕉布は原料をそろえて制作するのが大変で量産もしにくいため、絹を使った芭蕉布の風合いを持つ織物が開発されたのです。

絹芭蕉もシャリシャリしたしなやかな布で、夏の着物に適していますが、芭蕉布とは別物です。

芭蕉布は年に300反も作ることができません。

直接工房に注文した場合は数年掛かることもあり、店頭販売されている商品も種類によっては品薄です。

そのため芭蕉布は、業者での買取相場が高価なものになっているのです。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください