24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

江戸時代から続く絹織物!独特の風合いで愛好家の多い信州紬について

江戸時代から続く絹織物!独特の風合いで愛好家の多い信州紬について
 着物買取信州紬

信州紬は少し固めの着心地でありながら、着続けることで肌になじみ気持ちの良い肌触りになっていきます。

独特な風合いを生み出す「草木染め」でつくられた絹織物は、自然の素朴さを感じさせてくれるでしょう。

ここでは信州紬の歴史や特徴についてまとめました。

信州紬とはどんなもの?

長野県全域で生産される絹織物を信州紬といいます。

産地によって「松本紬」「上田紬」「山繭紬」「飯田紬」「伊那紬」と呼ばれることもあります。

格子柄や縞を特に用いることが多い「上田紬」や手織りで素朴な味わいを感じさせる「飯田紬」、伝統を色濃く残す「伊那紬」など、それぞれに魅力的な特色を持っています。

信州紬全体としては、植物染料で糸染し格子や縞の柄を主とするものが代表的で1975年には「伝統的工芸品」としての指定も受けています。

信州紬の歴史

もともと長野県は養蚕が非常に盛んで、別名「蚕の国」とも呼ばれていました。

江戸時代には農作業の傍ら、生糸や真綿の糸を使って紬織物を作る農家も多かったとされています。

各藩の産業として推奨されていたこともあり、紬織物は広範囲にわたり広がっていきました。

そのころ、染量として使用できる草木も多く生えており、草木染の技法も発展していったと考えられます。

作られた紬織物の多くは京都に出荷されていました。

その後は、時代が進むことで紬織物のブームが終わり、どうにか技術保存程度の生産だったとされています。

そんな中、昭和半ば頃から県をあげた産業の復興が行われ、再び活発な紬織り生産が行われつつあります。

信州紬の特徴

信州紬は玉糸や真綿、生糸や天蚕の手紡ぎ糸を使って、染料には草木を主としたものが使われます。

伝統的な技法を使って染める「草木染め」は、それぞれに個性を感じる「縞」「格子」「絣」「無地調」の模様を生み出します。

草木染めは非常に繊細なもので、全く同じ色は出ないといわれているほどです。

それを「手機」を使って一つ一つ手作業で折ることにより、微妙に風合いの違う魅力的な作品がつくられていきます。

また、天蚕から繰った糸で紬を作ることもあります。

丈夫でありながら非常に軽いという特徴があり、親子三代にわたって着ることができるといういわれがあります。

「松本紬」「上田紬」「山繭紬」「飯田紬」「伊那紬」がそれぞれに独自性を持ちながら生産を続けていることから、今後も多様な発展を遂げていくでしょう。

現代の信州紬

信州紬の発展継続のため、長野県ではナガノハンドシルク研究会や信州繭ブランド織物振興会が設立されました。

質が高く高級感のある信州紬を作り、茶席でも使用できる着物の開発や超極太生糸等特殊糸を作った商品開発など、ファンにとっても見逃せない取り組みを行っています。

また、絹の魅力を継承していくことを目的としたファッション、アパレル業界とのコラボレーションも注目を集めています。

このように、信州紬の魅力が再発見される中、その価値も上がっていくことが考えられるでしょう。

もし、不要になった信州紬があれば買取店などで無料査定してもらうのがおすすめです。価値あるものであれば、想像以上に高い買取額が付く場合もあります。

着物の数が多い場合は出張料無料で、自宅で査定可能な店舗もあるので便利です。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください