24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

長い歴史と独特な技法が魅力の献上博多織の博多帯

長い歴史と独特な技法が魅力の献上博多織の博多帯
 着物買取博多織

経糸が創りだす、洗練された模様が魅力の献上博多織の博多帯。

独特の技術によってつくられた帯は、緩みにくくほどけやすいという機能性にも優れたもので、多くのファンを魅了しています。

ここでは、献上博多織博多帯についてまとめました。

献上博多織、博多帯とは

諸説ありますが、博多織は宋の織物技法を満田弥三右衛門と聖一国師が習得したことが始まりといわれています。

その後、満田弥三右衛門の子孫である彦三郎も明にて再度織物技法を学び、改良を重ねて技術を確立させました。

織物の面に沿って柳条や浮線紋を浮きだたせるようにデザインした織物で、博多の地名にちなんで覇家台織ハカタオリと名付けられました。

江戸時代には筑前藩主だった黒田長政が、幕府献上品として贈ったころとがきっかけです。

現代でも国指定の福岡伝統工芸品として、国内外で親しまれている織物です。

博多織の生地の特徴

博多織を作る際は、まず細めの経糸を多く使用し、「おさ」で太い緯糸を力強く打ち込むので横状の畝が出てきます。

畝のある表面に経糸を浮かせ、模様を織り出していくという技法です。

完成した絹織物は、厚地で張りがあり主に男性用の帯として使用されてきました。

畝があることから結んだ帯が緩みにくいため、刀などをさす武士の帯として重宝されていたいといわれています。

また、ほどきやすさにも定評があり、現代もあらゆるギフト用品として販売されて人気を博しています。

博多織の柄の特徴

博多献上の柄は家内安全や厄除けの意味が込められ、博多織を代表する模様といえます。

博多織の模様には、華やかで美しい模様の「華扇」もあります。鴛海織物の創始者である鴛海 南が作っていた柄を復元したものです。

扇のように広がった花は特徴的です。その他、未来への願いがこめられた「壽」や華皿を花にした「華菱」の模様もあります。

現代では、博多織デザインコンクールで入賞した新感覚の博多織デザイン「ドット」も人気があります。

大きさの違うドットは親しみやすさと神秘性を感じさせるもので、新たな博多織の魅力を知ることにつながるでしょう。

博多織の色彩の特徴

献上博多織は「紫・青・赤・紺・黄」の五色を古式染色によって作り出し「五色献上」とも呼ばれています。

隋の思想を用い、森羅万象を表す「木・火・土・金・水」を色と結びつけたものです。

「紫は徳、青は仁、赤は礼、紺は智、黄は信」をそれぞれ象徴し、儒教の五常に対応するとされています。

鮮やかで、一つ一つに意味の込められた色彩は、博多献上の魅力の一つといえるでしょう。

歴史も古く、機能性も高い献上博多織は、中古であっても需要が高く人気のある絹織物です。

そのため、不要になった際は買取店などに無料査定に出してみるのがおすすめです。

状態によっては高額査定が期待できるでしょう。

長くしまい込んでいたため買取可能かどうか心配という場合も、店舗で専門的に無料査定してもらえるサービスもあるので安心です。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください