ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

【着物コラム】アンティーク着物とは

【着物コラム】アンティーク着物とは
アンティーク着物とは

当記事でよくある質問

  • Q
  • 着ていないアンティーク着物を持っています。売るといくらになりますか?

  • A
  • 保存状態や種類などにより買取価格が変わりますので一度拝見いたします。こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 祖母が成人式に着ていたアンティーク着物の振袖を譲り受けました。価値ってありますか?

  • A
  • 丈の長さと保存状態によって査定での価値が異なります。 バイセルではアンティーク着物の査定実績が多数ございますので買取実績へお進みください。

その他、【着物コラム】アンティーク着物について詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

アンティーク着物とは、昭和16年頃以前に作られた着物のことを指します。

大正ロマンや昭和モダンと言われる花柄や幾何学模様などのデザインが多く存在しています。

普段着用するように制作された背景がありますが、中には状態が良く、質も良いアンティーク着物は高値で販売されていたりします。

今回はそんな「アンティーク着物」の世界を見ていきましょう。

アンティーク着物の見分け方

こうした着物類は、量産体制が整えられた上で制作されます。業者次第ではありますが、ひどければ軽いに雨にあっただけで色落ちをしてしまったり、中には作成時間短縮を目的にミシンだけで縫われている場合もあります。

決してミシン縫いが駄目と言うことではなく、見た目の柔らかさや、繰り返し仕立て直しすることも前提に含まれている和装において、直線で力強い縫製をしてくれるミシンでは平面的な仕上がりになり易く、生地を傷めやすいこと、一度解く必要があっても糸が解けづらかったりミシン目が残ったりし易いことなどから手縫いの方が適しているというのが実際のところです。

もし機会があれば、写真館などのレンタルきものを確認してみてください。数多くある並ぶ着物や見本写真の中に妙に角ばったり平面的に見えるものとそうでない物が見つかるはずです。

アンティーク着物は品質や着やすさ、全てが一流

一方、老舗の呉服屋さんで扱われている品物は、一部を除いてほとんどが国内で造られた品質の良いものです。

各地方の伝統工芸品である反物を、一流の仕立て人が丁寧に仕立てていきますので、生地の品質はもちろん、着心地から動きやすさ、柄通しの美しさ、着用時の柔らかな姿など全てにおいて素晴らしい仕上がりになっています。

確かに量産体制をとられたきものよりも高い値段での販売とされ易いですし、例えば友禅や紬など、名の通った名称に気後れされるお客様もいるかも知れません。

しかし、それに惑わされることなくなく、あなたと一生のお付き合いをする衣類に付随する大切な情報として、気負うことなく店舗のスタッフに、予算や相場、コーディネート、状態を良く保つ方法、たんすへの収納に関する注意点、流行の絵柄やその評価などを質問してみてください。

アンティーク着物は買取で人気

お店によってはそういったご相談や仕、立て直しの依頼受付担当の専門スタッフがいることもありますし、そうした時の対応がお店の質を知るための材料になります。

話すだけならば無料ですし、サイトをめぐるだけでは分からない部分ですので、土日のちょっとしたお出かけに試みるのも目新しい体験として楽しめる事でしょう。

今は物を大切にしようと言う時代です。整理はイコール処分ではなくなりつつあり、リサイクル専門の業者も増えました。

せっかく持つのであれば、リユース業者が手をあげて求める品を、あなたが経験する衣類の実績に加えてみるのも素敵ですね。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668

    ※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください