24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0800-817-2539
プライバシーマーク

【着物コラム】色合いと買取価格の関係

【着物コラム】色合いと買取価格の関係
ブ色合いと買取価格の関係

着物買取のときに気になる点として挙げられるのが、汚れやシミ、キズです。

業者に持ち込まれる着物の中には、仕立てられてから数十年以上の時間を経過しているものもあるため、必ずといっていいほど汚れ、シミ、キズはチェックします。

色合い

着物買取り場合、状態以外にも大切なチェックポイントの1つになるのが色合いです。

洋服やバックと同様に着物にも流行があり、特徴として年代によってよく出てくる色合いが変化します。

例えば、光沢が強くパステルカラーのものなどが昔の色合いとして1つとして挙げることができます。

現在でも存在する色合いではありますが、比べてみると光沢や色合いが少し異なっており、もしたんすの中に古い着物があれば、今の着物の写真などと両者を比較してみると容易に見分けがつきます。

買取業者が見ているポイント

古い年代の色合いの着物では着物買取りしてもらう際に、桐箪笥に収納し、綺麗な状態を保っているにもかかわらず、相場の価格より低かったり、または買い取りができないといったケースもあります。

古い着物を処分したいと思っているならば、古いものを積極的に買い取りしている業者をみつけるのがおすすめです。

中には、ここ最近作られたものしか受け付けていないところもありますが、生地と状態がしっかりしていれば古い着物でも買取ってくれる業者が大半です。

色を限定して着物買取りしている業者はほぼありませんが、振袖、訪問着、友禅や帯をはじめとした様々な種類の和装品を買取対象としている業者あるいは、レンタル事業も行っている業者を選んだほうが安心です。

着物買取り業者の中には古い色柄の着物であっても染め直しをして売るところもありますので、古い色柄は問題とはならず、生地の状態さえよければ高額の評価をしてくれることもあります。

着物買取業者によって異なる強み

業者によって買取相場や買取り対象の着物は異なると同様に、それぞれの業者ごとに着物買取りに関しての強みも異なります。

だからこそ、申し込みから査定まで対応のスピードが速いのか、土日祝日でも査定の受付はしているのか、査定の種類は、出張(訪問)、宅配などの無店舗型あるいは店舗型であるのか、査定時の相談や手数料は無料なのか、着物の買取実績はどの程度あるのか等の買取りの関しての有益な情報を前もって調べてから、複数の業者に依頼することによって、あなたの着物の価値を最大限に高めることができます。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0800-817-2539
  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください