新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当社査定員はマスク着用・手指消毒をはじめとして徹底した対策を実施しております。対策について
また、弊社コールセンターの営業を一部変更させて頂いております。お客様にはご不便をおかけしますが、ご容赦願います。「緊急事態宣言」発令における当社の対応について

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

アンティーク買取

アンティーク買取
 

古い着物は高く売れる?アンティーク着物の買取について

古い着物は高く売れる?アンティーク着物の買取について
古い着物は高く売れる?アンティーク着物の買取について

かつて集めていた、あるいは親族から譲り受けたなどで、古い着物を持っているという方も多いのではないでしょうか。

古い着物の処分をどうしようか、買取に出そうにも「買い取ってもらえるのだろうか」などと悩む方もいるかもしれません。

しかし古い着物の中には、レトロな柄や丁寧な仕立てで人気を集め、着物買取市場での需要も高い「アンティーク着物」と呼ばれるものも存在します。

アンティーク着物とはどういうものか、ただの古い着物とはどこが違うのか、そしてアンティーク着物を高く買取してもらうにはどうすれば良いのかなどについてご紹介します。

着物買取で人気のアンティーク着物とは

着物買取で人気のアンティーク着物とは

アンティーク着物とは、フランス語の「アンティーク(骨董品)」と日本語の「着物」を組み合わせた造語です。

簡単に定義するならば、「織られてから長い年月が経った着物」ということになるでしょうか。

アンティーク着物とはどういうものであるか、また、アンティーク着物の魅力はどこにあるかについてご紹介します。

アンティーク着物が作られた時代、柄や仕立ての特徴などの観点から見ていきましょう。

アンティーク着物が作られた時代は?

基本的にアンティーク着物は、 戦前の昭和初期に織られた着物全般を指します。

そもそも「アンティーク」という言葉には「製造された時点から100年を経過した手工芸品・工芸品・美術品」という定義があり、この定義はWTO(世界貿易機関)でも採用されています。

着物に関しては厳密に100年を基準にするわけではなく、昭和初期以前に織られたものをアンティーク着物と呼ぶのが通例です。

戦後に作られたものはアンティーク着物ではなく、単にリサイクル着物として扱われます。

大正時代といえば西洋の文化が次々と日本に入ってきた時代であり、アンティーク着物には当時の流行が反映されたデザインのものも多いです。

また、アンティーク着物が作られた当時は、まだ着物が日常的に着用されていた時代でした。

アンティーク着物には礼装や晴れ着だけでなく、日常着やおしゃれ着といった様々な用途の着物があります。

柄や仕立てについてのアンティーク着物の特徴は?

柄や仕立てについてのアンティーク着物の特徴は?

多くのアンティーク着物が作られた大正時代は、染料や蚕の改良・新しい染色技法の開発といった織物技術の革新があり、それまでに日本には無かった柄が作られるようになった時代でした。

アンティーク着物の柄の特徴は、大正ロマンや昭和モダンといった言葉で表されるような、直線を基調とした幾何学模様です。

また、西洋的なタッチで描かれた花柄も多く見られます。

幾何学模様は、20世紀初頭にヨーロッパで流行したアール・デコ調の装飾様式に由来しています。

漫画「はいからさんが通る」を思い浮かべてもらうと分かりやすいでしょうか。

アンティーク着物は、日本人が日常的に着物を着ていた時代に作られたゆえに染めや縫製が丁寧で、日々の生活を意識した着やすさが大事にされています。

着物の用途が変化した現代において、失われた仕立て技術もあり、アンティーク着物ならではの特色と言えるでしょう。

また、当時のアンティーク着物のほとんどは化学繊維が使われておらず、天然繊維100%の上質な素材でできている点も、大きな特徴だと言えるでしょう。

これらの柄や仕立ての特徴は、アンティーク着物の人気の理由でもあります。

アンティーク着物の見分け方 ただの古い着物とは何が違う?

アンティーク着物の見分け方 ただの古い着物とは何が違う?

親族や知り合いから古い着物をたくさん譲り受けたものの、その中のどれがアンティーク着物なのか分からない、という人もいるでしょう。

古い着物の中からアンティーク着物を見分けるためのチェックポイントについてご紹介します。

ただし、あくまでもこれらは「こういう特徴があることが多い」といった程度の目安です。

ご紹介するチェックポイントで確実に見分けられるわけではありませんので、ご注意ください。

袖丈

アンティーク着物は、近現代の着物に比べて袖丈が長いという特徴があります。

近現代の着物は、普段着なら袖丈は1尺3寸(約49cm)が主流ですが、アンティーク着物では1尺5寸(約57cm)や1尺5寸5分(約59cm)といった袖丈の着物が多く見られます。

裏地の色と素材

戦後以降の着物では、裏地は白い絹が一般的ですが、アンティーク着物では紅絹(もみ)と呼ばれる赤い裏地や、薄桃色の裏地が多く使われました。

また、戦前・戦中の着物の中には裏地に木綿が使われている着物もあります。

共衿の長さ

共衿の長さ

アンティーク着物は、現代の着物に比べて共衿が短いものが多いです。

現代では1尺3寸(約49㎝)~1尺3寸5分(約51㎝)程度の長さが主流ですが、アンティーク着物では1尺(約38cm)や1尺5分(約40cm)といった長さの共衿が多く見られます。

これは、共衿の下の端が帯に隠れないくらいの長さです。

袖付けの付けどまり位置

アンティーク着物は現代の着物に比べて、袖付けの付けどまり位置が高いことが多いです。

アンティーク着物が作られた当時は帯を胸高に締める習慣があったため、帯と干渉しないように袖付けが短くなっていました。

アンティーク着物の中に現代ものの長襦袢を着ると、脇から襦袢が見えてしまうことがあります。

買取対象となるアンティーク着物・和装小物

買取対象となるアンティーク着物・和装小物

アンティーク着物の中でも、色々な種類があります。

基本的に買取対象となりやすいアンティークの着物や和装小物の種類やその特徴についてご紹介します。


種類特徴
銘仙平織りの絹織物で、大正から昭和にかけてお洒落着として流行していました。主に足利銘仙・伊勢崎銘仙・桐生銘仙などがあります。
大島紬主に鹿児島県の奄美大島で、先染め手織りされる絹100%の着物です。宮崎県の都城市などでも作られます。
結城紬国の重要無形文化財にも指定されている、茨城県発祥の絹織物です。くず繭や入金真綿が素材とされることが多いです。
反物着物に仕立てる前の布で、一般的な長さは約12m×約36cmのものが多いです。
買取対象となりやすい帯の種類は、主に袋帯・名古屋帯・半幅帯です。
帯留め帯を留めるための小物です。買取対象になりやすい帯留めは、珊瑚・翡翠・金・プラチナなどを用いて作られているものです。
草履買取対象となりやすい草履の種類は、佐賀錦や博多織の有名ブランドものなどです。

アンティークの着物や帯、和装小物は幅広い種類が買取対象とされています。

こちらの表に当てはまらないアンティークの着物・帯・和装小物も、買取対象となることが多いです。

思わぬ買取額が付く可能性もあるので、一度専門の買取業者に見てもらうことをおすすめします。

着物買取市場におけるアンティーク着物の価値は?

着物買取市場におけるアンティーク着物の価値は?

大正や昭和初期の文化・製織技術を今に伝えるものとして価値のあるアンティーク着物ですが、着物市場においてはどのような価値が認められているでしょうか。

着物買取市場におけるアンティーク着物の価値と、アンティーク着物のおすすめの買取方法についてご紹介します。

アンティーク着物の価値は高い

アンティーク着物には、現代の着物にはない魅力が多くあります。

近年のリサイクルブームによってアンティーク着物の魅力が注目されるようになり、今では若年層や外国人を筆頭に、アンティーク着物の柄やデザインを取り入れた「レトロモダン」という新たな流行も生まれつつあるでしょう。

「古いものなのに」と逆説的に聞こえるかもしれませんが、アンティーク着物を楽しむ人々は、着物のしきたりや決まりにとらわれず、多様なコーディネートをして自由に着こなすことを楽しんでいるようです。

もちろんアンティーク着物には、その歴史ゆえの希少価値もあります。

さらに、アンティーク着物の柄や染め方・織り方の中には、現在の技術を駆使しても再現するのが不可能とも言われているものもあります。

この再現性の難しさによって、さらにアンティーク着物の希少価値は高いものとなっています。

需要があり、希少価値が高いアンティーク着物は、着物買取市場においても高い価値が認められます。

アンティーク着物を積極的に買取している買取業者も多いです。

価値あるアンティーク着物のおすすめの売り先

着物買取市場での価値も高いアンティーク着物ですが、買取に出すならどのような買取業者を選ぶと良いでしょうか。

最も身近にある買取店というと、リサイクルショップという方もいるのではないでしょうか。

取り扱い商品の幅が広いリサイクルショップの中には、着物を買い取ってくれる店舗も多くあります。

しかし、幅広い商品を取り扱うリサイクルショップには、着物の専門知識を持った鑑定士が常駐している可能性は低いでしょう。

アンティーク着物の本来の価値を見極めてもらえず、ただの古い着物として取り扱われてしまっては思わぬ損をする可能性があります。

アンティーク着物の買取価格に関して、最も信頼できるのは着物専門の買取業者です。

着物の専門知識を持った査定スタッフが、アンティーク着物の適正な価値を見極めてくれるでしょう。

アンティーク着物の買取で損をしたくないなら、着物専門の買取業者を利用するのがおすすめです。

高く売れるアンティーク着物の特徴

高く売れるアンティーク着物の特徴

着物買取市場において、需要が高い着物であるほど、買取額も高くなります。

それでは、買取市場で需要が高いアンティーク着物や古い着物には、どのような特徴があるのでしょうか。

アンティーク着物や古い着物の中で、高く買取してもらいやすいものの特徴をご紹介します。

保存状態が良い

アンティーク着物に限らず、着物の保存状態は買取価格に大きく影響します。

特にアンティーク着物は一般的なリサイクル着物に比べて古いですから、保存状態の良いものは珍しく、高い買取価格がつきやすいです。

また、アンティーク着物の場合は見極めが難しいですが、未使用品の着物も買取市場において需要が高いです。

保存状態が良いアンティーク着物をお持ちの方は、今以上に悪化させる前に、買取に出すことをおすすめします。

サイズが大きい

アンティーク着物では、サイズが大きいものの方が高く買取してもらえる可能性は高いです。

なぜならアンティーク着物が作られた当時の日本人は今よりも背が低いため、現代の日本人に合う、大きいサイズのアンティーク着物は希少価値が高いからです。

そのうえサイズが合わなくとも、小さいものは変えようがないですが、大きい場合は仕立て直しも可能です。

買い手の幅が広がるので、サイズの大きいアンティーク着物は高く買取してもらいやすくなります。

どれほどのサイズが大きいものかを定義づけるのは難しいですが、現代の日本人女性の平均身長が約158cmと言われているので、平均的な身長の人が着用できる着物かどうかという点をひとつの目安にしても良いかもしれません。

お持ちのアンティーク着物が大きいサイズかどうか判別できないという方は、着物専門の買取業者に相談してみましょう。

有名産地・有名作家の作品

アンティーク着物の時代の織物として有名な銘仙は、大正から昭和にかけての女性の普段着、またはお洒落着として全国に普及しました。

特に伊勢崎・足利・桐生・秩父・八王子は、5大銘仙産地と呼ばれる有名産地です。

着物の有名産地には他にも、大島紬の奄美大島、宮古上布の沖縄県宮古島、越後上布の新潟県の南魚沼市や小千谷市などが挙げられます。

これらの有名産地で作られた着物は、高く買取してもらえる傾向があります。

また、アンティーク着物の時代に有名だった作家が手掛けた着物も買取額が高くなる傾向にあります。

当時の作家には例えば、染彩に技法を確立した皆川月華や、京友禅を普及した田畑喜八らが挙げられます。

有名産地の着物には産地を証明する証紙が、有名作家の着物には落款と呼ばれる作者の印がついている場合があります。

証紙や落款は本物であるという証拠になるため、有名産地の証紙や有名作家の落款がついているアンティーク着物は、高く買取してもらいやすいでしょう。

アンティーク着物を買取に出す際の注意点

アンティーク着物を買取に出す際の注意点

アンティーク着物を買取に出す際、少しでも高く買取してもらうためにはどのようなことに注意すれば良いでしょうか。

アンティーク着物を買取に出す前に知っておきたい3つの注意点をご紹介します。


・保存状態をなるべく良く保つ

・証紙や落款があれば査定時に忘れず提示する

・着物専門の買取業者を利用する


それでは、詳しく解説します。

保存状態をなるべく良く保つ

アンティーク着物に限らず、着物の買取において大きく買取価格を左右するのが、着物の保存状態です。

特にアンティーク着物は作られてから長い年月が経っていますから、保存状態の良いものは希少価値が高く、買取価格が高くなりやすいです。

具体的な査定ポイントとしては、傷や虫食い・カビ・シミ・変色などの有無が見られます。

傷やシミが多く、カビが発生しているなどの場合には買取価格は下がってしまうでしょう。

特に、アンティーク着物に多く使われている素材である絹は湿気に弱く、湿気を含んだまま保管しているとカビや虫食いが発生しやすいです。

湿気の多い場所には保管しない、湿気を吸ってくれるたとう紙に包んで保管する、除湿剤や防虫剤を有効に使う、湿気の多い季節を過ぎた夏と冬の年2回程度虫干しをするなどのカビ対策をしてあげると良いでしょう。

証紙や落款があれば査定時に忘れず提示する

証紙や落款があれば査定時に忘れず提示する

伊勢崎銘仙・足利銘仙・桐生銘仙・秩父銘仙・八王子銘仙などを含む、有名産地の着物には証紙が付けられていることが多いです。

また、有名着物作家の作品には落款がついていることがあります。

価値の高い産地もの・作家ものであることを証明してくれるものですから、証紙や落款があると買取価格は高くなりやすいです。

しかし、証紙は着物本体とは別に端切れなどに貼り付けてあることが多いため、アンティーク着物の場合には長い年月の間に失われていることも多いです。

また、長年使っているうちに落款が擦れて見えなくなってしまっているなどの場合もあります。

それだけに、証紙や落款が残っているアンティーク着物は価値が高いとされます。

証紙や落款が残っている場合には、査定時に忘れずに提示するようにしましょう。

着物専門の買取業者を利用する

着物はものによって買取価格の幅が広く、適切な価値を見極めるのには専門的な知識と特別な査定技術が求められます。

特に、アンティーク着物は「一見するとただの古い着物だが、実は特別な価値がある」ということが起こりやすい商材です。

買い手の知識や技術の有無によって、買取価格に大きな差が出てしまう恐れがあります。

ですからアンティーク着物を買取に出すなら、着物に特化した、あるいは着物に強みを持った買取業者を選ぶことが重要です。

そのような着物専門の買取業者であれば、アンティーク着物の価値を正しく見極めてくれるでしょう。

お持ちのアンティーク着物がもつ正しい価値を知りたい方は、着物専門の買取業者の利用をおすすめします。

買取業者の選び方のポイント3つ

買取業者の選び方のポイント3つ

アンティーク着物を買取額で損することなく売るには、着物専門の買取業者の利用がおすすめです。

しかし、数多くある着物専門の買取業者の中から1箇所に絞るのは大変でしょう。

買取業者を選ぶ際に、基準としたい選び方のポイントを3つご紹介します。


・出張買取を行っている

・無料で査定してくれる

・着物の販路を多くもっている


それでは、詳しく解説します。

出張買取を行っている

着物専門の買取業者を選ぶ際には、出張買取を行っているかどうかをポイントの1つにしましょう。

出張買取とは、買取業者の査定員が利用者の自宅まで来て査定・買取してくれるサービスです。

重い着物を持ち運ぶ必要がなく、自宅にいながら全てを済ませることができます。

「住まいの近くに買取店がない」「着物を持ち運ぶのが面倒」という方にとって、便利に利用できるでしょう。

特に売りたい着物の数が多く、買取店まで持ち運ぶのが大変という場合は、出張買取サービスを利用することをおすすめします。

無料で査定してくれる

無料で査定してくれる

買取業者には査定料がかかるところもあるので、なるべく「査定料無料」と謳っている買取業者を選びましょう。

例えば、査定額に納得がいかずにキャンセルしたときに、査定料やキャンセル料だけが発生してしまうと損をした気分になります。

査定料・キャンセル料・出張料を無料としている買取業者を選ぶことで、より気軽に買取査定を申し込めます。

純粋な買取額を受け取りたい方は、これらの手数料を無料としている買取業者に着物を売ると良いでしょう。

着物の販路を多くもっている

「ファッションの流行は繰り返す」と言われることから、今やアンティーク着物はおしゃれを楽しむ女性から需要があります。

アンティーク着物を買取業者が再販するときは、その着物の特徴に合わせて特に需要のある経路を選んで売るのが望ましいとされます。

そうすることで、着物の価値をより活かして高値で取引できます。

このような流れから、利用者がアンティーク着物を売るときには着物の販路を多くもつ買取業者に売れば、高額買取に繋がると言えます。

着物専門の買取業者の中でも、着物の買取実績を公表していたり、口コミが多かったりする業者であるほど着物の販路を多くもっている傾向にあります。

少し手間かもしれませんが、インターネットやチラシなどで調べてみると良いでしょう。

アンティーク着物買取でよくあるQ&A

アンティーク着物買取でよくあるQ&A

アンティーク着物を買取に出したことがない方は、買取を検討するにあたっていくつか疑問点が浮かび上がるかもしれません。

アンティーク着物を買取に出す際によくある質問をQ&A形式でお答えしながらご紹介します。

Q.買取が難しいアンティーク着物はどんな着物?

A.アンティーク着物の中で、汚れや痛みが強い、カビが発生しているなど、保存状態が良くない着物は買取が難しい場合があります。

また、サイズが小さいものやポリエステルなど化学繊維で作られた着物も、絹製の着物に比べて買取相場が低くなってしまうでしょう。

Q.証紙がないアンティーク着物も買い取ってくれる?

Q.証紙がないアンティーク着物も買い取ってくれる?

A.アンティーク着物は、製造してから何十年以上と経過しているものがほとんどです。

そのため証紙が手元にないということも多いでしょう。

着物専門の買取業者には着物に精通した査定員が在籍しているため、証紙がなくともその着物の価値を見出してくれます。

証紙がないアンティーク着物でも、諦めずに買取査定にだしましょう。

Q.どこで入手したか分からないアンティーク着物でも見てくれるの?

A.アンティーク着物を買取に出す際は、どこで入手したいつの時代の着物なのかが明確になっていた方が、査定の手助けになります。

しかし、着物専門の買取業者であれば、どこで入手したか分からないアンティーク着物でも見てくれるところがほとんどでしょう。

査定に出す前に、親族に売りたい品物について聞いておくなど、なるべく情報を集めておくと良いですね。

Q.ただの古い着物なのかアンティーク着物なのか判別がつかないんだけど査定してもらえる?

A.ただの古い着物なのかアンティーク着物なのか、見分けるのが難しいと感じる人は、そのまま着物専門の買取業者に査定してもらいましょう。

買取にまで至らなくともプロの査定員に査定してもらうことで、お持ちの着物がいつの時代のどのような作品なのか明確になるでしょう。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668

    ※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください