新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当社査定員はマスク着用・手指消毒をはじめとして徹底した対策を実施しております。対策について
また、弊社コールセンターの営業を一部変更させて頂いております。お客様にはご不便をおかけしますが、ご容赦願います。「緊急事態宣言」発令における当社の対応について

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

鹿児島で着物を高額買取してもらうには?損せず売るためのコツをご紹介

鹿児島で着物を高額買取してもらうには?損せず売るためのコツをご紹介
鹿児島で着物を高額買取してもらうには?損せず売るためのコツをご紹介

当記事の案内

① 情報を知りたい方

記事の内容をより詳しく知りたい方は、そのまま【目次】へお進みください。

② 査定を利用したい方

お手持ちの着物・帯等の査定なら、下記の【メール】もしくは【お電話】からお問い合わせください。

鹿児島といえば大島紬の産地であり、着物とも深い関係があります。

鹿児島で着物を買取に出す際の高く売るコツを押さえておけば、お持ちの着物が高額買取に繋がるかもしれません。

鹿児島で着物をお得に売る方法をご紹介していくので、買取に出す前に一度参考にしてみてください。



  • ※当社通常の買取価格から20%UPいたします。
  • ※当社で取り扱っている商品に限ります。
  • ※切手、古銭、金券、金・貴金属は対象外となります。

「20%UPキャンペーンを見た」
とお伝え下さい。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668

    ※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください

鹿児島で着物の持ち込み買取に対応している店はどこ?

 

鹿児島県で着物の持ち込み買取に対応してくれる店舗は、県庁所在地である鹿児島市をはじめ、10店舗以上あります。

主に駅前や大通りに面している場所などに多いため、買い物や他の用事のついでに利用できる点が便利ですね。

一方で、郊外にお住いの方は、持ち込み買取を利用するためだけにわざわざ遠くまで出向くのも面倒かと思います。

ましてや、せっかく遠方から着物を持ってきて買取査定に出したものの、買取額が安かったり買取を断られてしまっては骨折り損です。

それでは、鹿児島で着物を売るにはどのような方法が良いのか、見ていきましょう。

持ち込み買取は買取額で損する方法かも

鹿児島で着物を高額買取してもらうには?損せず売るためのコツをご紹介

鹿児島県での着物の持ち込み買取は、便利な点がある一方で、認識しておかなくてはいけないデメリットが多数あります。

持ち込み買取を利用した際に起きるデメリットを具体的にご紹介します。

重量のある着物を持ち運ぶ労力が必要

着物は大まかに言えば、1枚で1kg前後の重量のものがほとんどです。

1~2枚ならともかく、5枚以上の大量の着物を持ち運ぶことは、特に女性や高齢者には大きな負担です。

乗用車を使うにしても、着物の積み降ろしに手間がかかるでしょう。

重さだけで査定額を算出される可能性が高い

リサイクルショップや古着屋などに着物を売る場合、着物を単なる洋服の1種とみなして、重量査定を用いられることがあります。

重量査定とは、その品物の価値をほとんど加味せず、重さだけで査定額を算出する査定方法です。

お持ちの着物の状態・作家・産地などの価値が考慮されないため、損をしてしまう可能性が高いです。

専門知識に基づく査定は期待できない

リサイクルショップは、おもちゃ・家具・古本など取り扱う品物の種類が非常に多く、その中で着物の持ち込み買取はかなり低い割合を占めるでしょう。

古着屋も基本的に商材は洋服であり、着物・和服の持ち込みには一度も対応したことがないスタッフが大半だと思われます。

つまり、どちらのスタッフも着物の査定経験は乏しく、また着物の専門知識がなければ就業できない職種ということもありません。

それ故、持ち込み買取を行うリサイクルショップや古着屋では、着物の専門知識と査定経験を有するスタッフが在籍している可能性が低いです。

着物の専門知識に基づいた査定をしてもらえる可能性も、とても低くなります。

着物専門業者の出張買取サービスがおすすめ

鹿児島で着物を高額買取してもらうには?損せず売るためのコツをご紹介

お持ちの着物を買取に出したい人が重視するのは「できるだけ高額で買取してほしい」「自分で梱包するなどの手間が少ない方法が良い」の2点ではないでしょうか。

時間と労力がほとんど掛からず高額買取をしてもらえる可能性が高い方法は「着物を専門に扱っている買取業者による出張買取」です。

着物専門の業者を選ぶべき理由は「知識と経験の豊富さ」

着物専門の買取業者の査定スタッフは、着物や和装の専門知識を有しており、また着物査定の経験も豊富です。

今回ご紹介した業者の中では、もっとも信頼できる査定を行ってくれるスタッフが多く所属するのが着物専門の買取業者です。

「信頼できる」というのは、着物の種類や銘柄・織り方に染めの具合など、評価すべき点を適切に判断して査定をしてくれるということです。

着物本来の価値に近い金額で買取をして欲しいのであれば、着物の専門知識と査定経験をもつスタッフに依頼するのが得策です。

時間と労力が節約できる「出張買取」

着物専門の買取業者の多くが「出張買取」というサービスを無料で実施しています。

出張買取は、業者の査定スタッフが利用者の自宅を訪問し、その場で査定・買取を行うサービスです。

「着物を特別丁寧に梱包する」「自動車を運転する」といった手間を一切掛けることなく、自宅にいながら着物を買い取ってもらうことが可能です。

また、多くの着物専門の買取業者が、無料での出張買取に加えて「無料査定」サービスも実施しています。

査定結果に不満があれば買取を断ることができるのはもちろん、キャンセル料も発生しないので、在宅したまま一銭も使わずに着物の査定額を知ることができます。

優良な買取業者探しはインターネットで!

鹿児島で着物を高額買取してもらうには?損せず売るためのコツをご紹介

買取業者の査定額の高低や接客対応の良し悪しなどを知るために最も参考となるのは、実際にその業者を利用した人の体験談と最終的な評価ですよね。

そこで参照して欲しいのが、実際の利用者による評価や口コミといったインターネット上の情報です。

口コミやレビューを閲覧しよう

実際に着物を買取に出した経験がある家族や知人が身近にいる場合は、直に話が聞けるうえにその場で質問もできるので、有意義な情報が得られることでしょう。

ただし家族や知り合いの体験談は個人の主観に基づいており、複数人の話を聞くことは難しい場合があるため、客観性と信頼性に欠ける面があります。

もちろんインターネット上の口コミやレビューも1つ1つは主観ですが、ネット検索で閲覧できる買取業者に関する口コミ・レビューは何万件とあります。

複数の口コミを比較して平均すれば、より客観的な事実に近い情報を導き出すことができますよね。

後悔せずに買取を実行したいのであれば、複数の口コミ・レビュー・ランキングなどの閲覧をおすすめします。

そして、好意的な意見や体験談が多く書き込まれており、信頼できそうな業者を選定しましょう。

買取業者のホームページも要チェック

ネット検索しても実体験に基づく口コミや評価が見つからなかった場合は、当該業者のホームページの掲載情報を確認しましょう。

自社サイトでは、自ら提供している無料サービスや買取額アップキャンペーンなどについて、明瞭に記しているはずです。

「出張買取」「無料査定」といった文言が明記されていながら、隅の方に小さな文字で「※条件により追加料金が発生する可能性があります」などの訴求をひるがえすような但し書きがないか注意しておきましょう。

当然、自社サイトでサービスや利用料金について不明瞭な書き方をしているからといって、悪徳業者とは決めつけられません。

しかし後々精算時に、発生するとは思ってなかった費用の請求などがあり得るので、事前に細かく確認しておくのがおすすめです。

これらを踏まえたうえで、買取業者の自社サイトを閲覧し、サービス内容・利用料金・買取実績などを比較検討しましょう。

着物を少しでも高く売るためのコツとは?

鹿児島で着物を高額買取してもらうには?損せず売るためのコツをご紹介

鹿児島県内でお持ちの着物を売る場合、せっかくなら、なるべく高く売りたいですよね。

着物を少しでも高く売るための主なコツを3つご紹介します。


・保存状態に気を付ける

・付属品や証紙も一緒に査定に出す

・できるだけ早く売る


それでは、詳しく解説します。

保存状態に気を付ける

着物の買取査定時には、着物本体の保存状態が精査されます。

着物の状態が綺麗であるほど、再度販売する際に高く売れるため、買取額も上がりやすいです。

そのため、着物買取を検討している場合は、保存状態に充分気を付けておきましょう。

付属品や証紙も一緒に査定に出す

着物の付属品や証紙を一緒に買取査定に出せば、買取額が上がることもあります。

有名な作家や織元が作った着物を購入した際には、証紙が付いていることが多いです。

着物の証紙を見れば、その着物が「伝統工芸品か否か」「どの作家が手掛けたものか」、その他にも品質や織り方・染め方などが分かります。

その着物が本物である証にもなるので、買取査定時には証紙を査定員に見せることが重要です。

できるだけ早く売る

着物はデリケートな衣類で、特に正絹(混じりもののない絹地)の場合は、シミ・変色などに弱いです。

着物の取り扱いに気をつけていたとしても、長年保管していれば経年劣化は否めません。

着物の買取を思い立った時点から、なるべく早く売るようにすれば、そのときの状態で買取査定してもらえます。

それゆえ、着物はできるだけ早く売ることで、より買取額が上がるでしょう。

着物の価値が決まる査定時のポイント

鹿児島で着物を高額買取してもらうには?損せず売るためのコツをご紹介

着物を損せず売るには、着物の価値が決まる査定時のポイントを押さえておくと良いでしょう。

代表的なポイントは、以下の通りです。


・新品や未使用の着物

・正絹・麻・綿素材の着物

・伝統工芸品や有名作家の着物


それでは、詳しく解説します。

新品や未使用の着物

着物は、本体の状態が綺麗であるほど買取額が上がりますが、新品や未使用であれば更に高くなるでしょう。

新品や未使用の着物は、次の買い手からの需要が高いため、買取業者も高めに買い取ってくれやすいです。

「新品の着物を購入したり、もらったりしたが、一度も着る機会がない」という場合は、着物を買取査定に出してみると思わぬ買取額が提示されるかもしれません。

買取査定時に「新品であること」「未使用品であること」などは、査定員に伝えるようにしましょう。

正絹・麻・綿素材の着物

着物の査定時に査定員が見るポイントとして「素材」があります。

最近は大量生産できるポリエステル(化繊)製の着物が、安価で購入でき、「洗える着物」としては人気ですが買取価格が付きにくい着物ではあります。

着物の素材は、正絹・麻・綿ですと高額買取に繋がりやすいでしょう。

中でも正絹は、他の素材に比べて高級で、着心地も良い素材です。

そのため、お持ちの着物が正絹であれば、高く買い取ってくれるポイントの1つとなりやすいです。

伝統工芸品や有名作家の着物

国や地方自治体により伝統工芸品として指定されている織り・染めなどで作られた着物は、着物買取市場において価値が高いとされています。

また、人間国宝に指定されているなどの有名作家が手掛けた着物も、買取額が高くなりやすいです。

これらは証紙やプロの査定員の目によって判断されるので、証紙を査定時に出すか、プロの査定員がいる買取業者に見てもらうと良いでしょう。

着物の保管時やお手入れで気を付けるべきこと

鹿児島で着物を高額買取してもらうには?損せず売るためのコツをご紹介

着物は綺麗な状態で売った方が高く買い取られやすいので、保管やお手入れに気を遣うのがポイントです。

着物の保管時やお手入れで気を付けるべきことをご紹介します。


・たとう紙を使って保管しよう

・定期的に虫干しをする

・自分でシミ抜きや洗濯をしない


それでは、詳しく解説します。

たとう紙を使って保管しよう

着物は、たとう紙を使って保管しましょう。

たとう紙は、湿気やカビを防ぎ、着物のシワも防いでくれます。

使用中、たとう紙にシミが出たり湿気を吸って膨らんだりしたら、すぐに交換するようにしましょう。

定期的に虫干しをする

着物は、定期的に虫干ししましょう。

一般的には、年に3回ほど、湿気が少ない時期・時間帯に干します。

また、晴れている日に、直射日光が当たらず風通しの良い場所を選びましょう。

少し手間暇かかりますが、綺麗な状態を保つためにも、虫干しの実践をおすすめします。

自分でシミ抜きや洗濯をしない

着物にシミが出ていたり、汚れが見られた場合も、自分でシミ抜きや洗濯をしないのが賢明です。

綺麗な状態の着物のが高く売れるのであれば「自分で落としてしまおう」と考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし自分で無理にシミ抜きや洗濯を行うと、反対に着物を傷つけてしまったり、破ってしまうこともあり得ます。

お持ちの着物は、今以上に状態を悪くしないためにも、そのままの状態で買取査定に出しましょう。

バイセルの鹿児島での出張買取対応エリア

 

バイセルの鹿児島県内における買取対応可能エリアは、下記の通りです。

鹿児島市の他、鹿児島県全域で対応しておりますので、遠方にお住まいのお客様からも多数ご利用いただいております。

※出張買取のご予約状況によっては、最短で即日での出張対応が難しく、お待ちいただく場合もございます。詳しくはオペレーターまでお問い合わせください。


鹿児島県内(市)

鹿児島市、鹿屋市、枕崎市、阿久根市、出水市、指宿市、西之表市、垂水市、薩摩川内市、日置市、曽於市、霧島市、いちき串木野市、南さつま市、志布志市、奄美市、南九州市、伊佐市、姶良市


鹿児島県内(郡)

鹿児島郡三島村、鹿児島郡十島村、薩摩郡さつま町、出水郡長島町、姶良郡加治木町、姶良郡蒲生町、姶良郡湧水町、曽於郡大崎町、肝属郡東串良町、肝属郡錦江町、肝属郡南大隅町、肝属郡肝付町、熊毛郡中種子町、熊毛郡南種子町、熊毛郡屋久島町、大島郡大和村、大島郡宇検村、大島郡瀬戸内町、大島郡龍郷町、大島郡喜界町、大島郡徳之島町、大島郡天城町、大島郡伊仙町、大島郡和泊町、大島郡知名町、大島郡与論町

鹿児島で有名な織物とは?

鹿児島で着物を高額買取してもらうには?損せず売るためのコツをご紹介

鹿児島県は織物の伝統工芸品があるなど、着物にゆかりのある地です。

鹿児島にお住いの方であれば、鹿児島産の織物をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

鹿児島で有名な織物をいくつかご紹介します。

本場大島紬

鹿児島県奄美大島を本場生産地とする本場大島紬は「着物の女王」とも言われる、高級絹織物です。

約1,300年の歴史をもつ日本の伝統的工芸品で、30数工程に及ぶ細かい手作業により織り上がります。

軽いのに暖かく、しなやかで着くずれしないのが特徴です。

奄美の芭蕉布

奄美の芭蕉布は、鹿児島県奄美大島にて糸芭蕉という木の繊維を用いて織られています。

大島紬より前に主流となっていた織物で、風通しが良く、しなやかで涼やかなのが特徴です。

泥染め

泥染めも鹿児島県奄美大島に伝わる染色方法で、伝統工芸品である大島紬にも使われています。

独自の工程でテーチ木を煮出して出来た煮汁に、絹糸を幾度も通して泥で染めるという作業を繰り返すことで独特の渋みのある黒に染まります。

泥染めでできる染め物は、テーチ木に含まれるタンニン酸と奄美大島の泥に多く含まれる鉄分が組み合わさったことで初めて完成します。

化学染料ではつくれない、自然がくれた染め物と言えます。

ご相談・ご質問・買取申込など
お気軽にお問い合わせください
  • お電話での無料相談はこちら

    24時間受付中・土日祝もOK
    携帯・スマホも通話料無料

    0120-542-668

    ※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

  • 最短20秒の簡単入力!

    お気軽にメールでご連絡ください