• 洋服の好みは人それぞれですが、ときには相手を考慮する必要もあります。個性的な服は場所を考えてしまうこともありますが、普段着からお出かけまで無難にまとめやすい洋服にしたいときには、ナチュラル系を選びましょう。

                   

    着て行く場所を選ばない

    ナチュラル系の洋服の特徴は、カラーとデザインにあります。なかには、赤やブルーといった濃い目のカラーもありますが、多くはキナリやブラウン、チャコール、サックスブルーにグレーなど、目に優しい穏やかな色が使われています。柄が入っている場合も派手な色の組み合わせは少なく、落ち着いた淡いものが中心になっています。デザインも普段着として合わせやすいシンプルなものが多く、全体的にゆったりした着用感が重視されています。コートやワンピースなども長く着用しやすい定番デザインを軸に、ブランドごとの個性をプラスするという印象です。そして、素材もコットンや麻、ウールなどの自然素材が主に使われています。これらの色使いやデザインは、会う人や出かける場所も選ばないので、普段着からお出かけにも対応しやすく、ほかの服とも合わせすいという着やすさがあります。

                   

    ときには個性を楽しみたい!そんなときには?

    ナチュラル系の洋服は、冠婚葬祭以外であればいろいろなシーンでも合わせやすくおすすめです。ちょっと個性的にしたいという場合には、ストールや帽子、アクセサリーなどで工夫しましょう。ベージュや淡いグレー系のシンプルなワンピースなら、濃い色のストールを巻くだけでも印象が変わります。黒やグリーン、ブルーはシックで清楚な雰囲気に、赤やピンク、パープルなら華やかになります。同系色を使う場合は、ラメやパールなどキラキラした素材を取り入れるだけでもオシャレに着こなせます。ツバが広めの帽子や大振りなバングルも、服の表情が変わるアイテムとして効果的です。パーティーなどには光る素材を、ショッピングやデートには色を工夫したアイテムをプラスすると、同じ服でもイメージを変えることができます。

                   

    長く着るならここがポイント

    素材が良いものは、長く着ることもできます。一般的には年齢や立場に応じて変えていくという考え方は多いものですが、サイズに大きな変動がなければ、デザインによっては何十年も着られるものもあります。本当に良い服は時代や流行に左右されにくく、生地や仕立てがしっかりしたものが多いので、仕立て直しをして楽しむ人もいます。ナチュラル系の洋服は通学や通勤にも対応しやすく、既婚者にも愛用されています。育児や家事が中心になってからの女性にも印象が良く、また着やすいデザインも特徴的です。さまざまな環境の変化にも柔軟に対応できますが、そのために抑えておきたいポイントもあります。それは、素材のしっかりしたものを選んでおくことと、定番のデザインや柄を中心に揃えることです。特に、コートやワンピースなど着る機会の多いものは飽きのこないものでおさえておき、小物類で遊ぶようにすると長い期間楽しめるものになります。

                   

    洋服を無駄にしない手放し方

    多少傷んでしまったものでも、全体的に生地がしっかりしているものならリメイクも可能です。近年のハンドメイドブームを受けて、リメイクに適した素材もたくさん売られているのでトライしてみましょう。自分では難しいという人も、補修専門店で修理可能なものがあります。また、何年も着て飽きてしまった場合には、ボタンを換えたりレースなど異素材を足したりしてアレンジするのも、楽しみ方のひとつです。もう完全に着る機会がないというときには、古着屋などで買取してもらうのもいいでしょう。ナチュラル系の洋服は流行に左右されにくいものが多く、人気のブランドは新品でも入手困難なものもあるので、欲しい人に譲るというのも洋服を無駄にしない手放し方です。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報

もっとコラムをチェック

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報