時計コラム

腕時計の世界では老舗!「オメガ」の魅力

  • 日本でも有名なスイス発の高級腕時計ブランドである「オメガ」。腕時計のブランドの代表としてロレックスと並んで必ず名前があがり、老舗ブランドとして世界中の人々に愛されているブランドです。ここでは、オメガの歴史を紹介します。

                       

    究極という意味を込めて!「オメガ」ブランドの誕生

    オメガの発祥は1848年までさかのぼります。当時は海中時計が席巻していたこの時代、スイス産業の中心地として知られていたジェラ山脈のラ・ショー・ド・フォンというコミューンに時計師ルイ・ブランが設立した工房がオメガの始まりです。1882年、本社を現在地であるビールに移転し、本格的に時計ブランドとして起動、数年後には年間10万個もの時計を生産するスイス最大の企業へと成長します。1894年、会社に一大転機が訪れます。それは自社が開発した高性能ムーブメントが大きな話題となったことです。ムーブメントとは時計のケース内部の動力機構部分のことで、そのムーブメントの名称は、ギリシャ言語のアルファベット順の最後に登場する文字から取って「オメガ」と命名されました。この名前にはアルファベットの最後であることから「究極」という意味が込められていました。このムーブメントを搭載した時計が大ヒットし、1903年それまでの会社名だった「ルイ・ブラン&フリッツ」が「オメガ」へと変更されました。今や世界的なブランドであるオメガの誕生です。

    宇宙空間でも安心して使える!抜群の耐久性!

    オメガの功績はファッション界だけではなく、世界的な機構にも貢献していることです。1965年、オメガの腕時計「スピードマスター」がアメリカ航空宇宙局の公式腕時計として採用されたことは、世界的に大きな話題となりました。宇宙局は、宇宙空間でも使用可能な腕時計を数点選別し、その時計に対して耐衝撃性、耐熱性、耐感性を見るためのさまざまな実験を重ねました。その結果、オメガのスピードマスターのみ、すべての耐久性をクリアーし、晴れて公式腕時計に認定されました。その高級感あるデザインだけでなく、耐久力がある機能性も兼ね備えた腕時計として、さらにオメガの認知度を高めるという全世界が注目したニュースでした。

    日本ではあの人気番組にて使われていた?

    4年に1度のスポーツの祭典、オリンピックでも1932年のロサンゼルスオリンピックを皮切りに、何度となく公式時計として使用されてきました。このように時計界、ファッション界だけでなく、世界中から信頼されているのがオメガの偉大なところです。日本でも知名度は抜群で、当時、子供達に大人気だった特撮ドラマ「ウルトラセブン」にてドラマ内で、主人公が所属するウルトラ警備隊の公式の腕時計に採用される描写があり話題となりました。

    所有しているオメガを高額で買取をしてもらおう!

    ブランド品の買取を強化している買取サービス会社は、オメガを高額で買取してくれます。オメガは買取業界でも大きなブランドなのです。腕時計などのブランド品の買取を扱う買取サービスは多くありますが、どのサービス会社も自社のサイトを持ち、買取について詳しく説明されています。買取サービスを利用したことない方でも安心して利用ができるようになっています。サイトにはオメガのあらゆる種類について査定買取金額の相場が掲載されているので、ご自分が所有しているオメガが、いくらくらいで買取してもらえるのかわかるようになっていて安心です。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報