時計コラム

自分に合った時計のモデル選びはここがポイント

  • 時計は正確な時間を把握するためのツールですが、持つ人の印象を決めるともいわれ、着けるときは見た目も優先したいアイテムです。素材やブランドなど考えたい要素を押さえて、自分らしい時計を選ぶポイントをご紹介していきましょう。

                   

    普段使いやすい時計をひとつ買う

    初めて自分の時計を買うのは、どのタイミングが多いでしょうか?近年では、小さな子ども用のものも出ていますが、しっかりした時計を購入するのは進学のタイミングが一般的なようです。公共機関での通学など、必要に応じて自分で購入する人もいますが、プレゼントとして選びやすいという理由も挙げられます。社会人になったり役職がついたりと、社会的なステイタスが上がったときも、新しい時計を買うタイミングのひとつのようです。初めて買う時計や人生の節目に購入する時計は、普段使いやすいものを選ぶのがおすすめです。特に、学生のうちは1本の時計を使い続けるという人は多く、プレゼントする場合もシンプルで正確なものを重視すると喜ばれます。正確性と価格の手軽さから、国産のブランドが印象もよく初めての時計としては好まれる傾向があります。

                   

    初めて高級時計を買うポイントは?

    時計好きな人にとって、高級時計は憧れではないでしょうか。特に、好きなブランドのなかでも憧れのモデルがあるなら、年齢や役職に応じて購入するのもよいタイミングです。ロレックスやオメガなども普段用に求めやすいものも多く、数十万円で購入できるモデルなら通勤やプライベートで着けても、それなりに役職がついたり年齢を重ねたりしていれば嫌みにならず、上品な印象を与えやすいものです。しかし、同じブランドでもダイヤなどをあしらった高価なモデルは、さらに高額になります。フランクミューラーは、ロングアイランドやマスタースクエアといった普段着けやすいシンプルなデザインのものでも、100万円を余裕で超えるものも多数出てきます。初めて高級な時計を買うときは、正規店でフィッティングして購入することがポイントです。実際に自分の腕に装着してみて、重量感や着用感など違和感のないものを選びましょう。憧れの時計であっても、自分の腕に合わないものは使わなくなってしまうことがよくあります。大切な商談やパーティーなど使い分ける場合でも、自分の基本のファッションに合っているかとういうことは外さないようにしましょう。例えば、スーツが多い人ならスーツに合うモデルを、アクティブなファッションにはアウトドア向けのモデルを合わせるなど相性は大切です。

                   

    一生使える時計ならこれもおすすめ

    装飾性の高い時計を好む人や時計の機械部分の動きや音に魅力を感じる人など、時計の好みや楽しみ方も人それぞれに違います。好みは分かれますが、時代を超えて長く愛用できる時計ならアンティークもおすすめです。両親や祖父母が愛用していたものなど、家に伝わる愛用品もいいですし、アンティーク時計の専門店でも購入できます。アンティーク時計の多くは手巻きが主流になりますが、自分で手をかけるという部分に味わいを感じる人もいます。防水性は低い傾向があるので、普段つけっぱなしにする人には向きませんが、フェイス部分に純金を使用していたり、今では希少な部品を使用していたりするものもあります。ピアジェなどはアンティークも人気は落ちにくいようです。今は見かけないブランドが発掘できるのもアンティークの魅力で、女性用のものであれば、長い年月で味わいのある色味が加わったダイヤが装飾されているものもよく見かけます。

                   

    良いものは時代を選ばない

    時計はものによっては宝石以上の価値になるものもあります。その時代によって人気のブランドやデザインには緩やかな変化は見られますが、ひとつ確実にいえることは、良いものは時代が変化しても変わらないということではないでしょうか。時計は長く使用していると小キズがついてしまうことは避けられませんが、それでも欲しいという人も多い人気のモデルは存在します。長く愛用したものでも、子どもや知人に譲れるようなしっかりしたものを購入しておけば、自分の財産にもなります。近年は時計だけでなく手頃な価格のものは増えていますが、品質のしっかりした誰にも好まれるものは、十分に資産価値も出ます。一生モノとして時計を買うときには、普段から使いやすいものを選ぶか、価値を持たせたい場合は高級なもののなかから資産になるようなものを選びましょう。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報