時計コラム

時計の各モデルによって異なる優れた特徴と魅力とは?

  • 時計、というと壁にかけるタイプの時計や懐中時計、はたまた腕時計など、私たちの生活はあらゆるシーンで時計に囲まれた生活を営んでいます。ここでは機械式の時計に関する特徴や高級時計の魅力をひも解いていきましょう。

    時計を持つことはステイタスに繋がる

    時計はモデルごとに特徴は異なりますが、いわゆる高級時計の多くは機械式時計と言われ、歴史をひも解くと数百年を超える長い歴史があります。 機械式時計が生まれた海外では、置くタイプの時計から腕に装着する時計へと変化してきました。機械式時計の性能や精度はクォーツのクオリティに及びませんが、機械式時計だけでしか味わうことができないステイタス性や魅力を味わうことができます。ただし機械式時計は非常に繊細な作りになっており、普段使いや取り扱いには注意が必要です。

    取り扱いにご注意!時計のモデルごとに異なる繊細な中身

    時計は正確に時間を刻むため、中身の構造は驚く程繊細な部品が幾恵にも重なり合い、作られています。 例えばテンプと呼ばれる、天真という円の形をした部品は髪の毛よりも細く、繊細な部品です。そのため少々の刺激や衝撃ですぐに折れてしまったり故障していまいます。 昭和25年以降はこの繊細な部品を保護する仕組みに変わりましたが、それ以前はとても故障が多かったようです。耐性はアップしたとはいえ、時計をつけたまま激しい運動を行うと簡単に故障してしまうので注意してください。頑丈で名高いロレックスのモデルであっても、激しい運動にはご注意を。

    維持コストも割り高な時計

    こういった機械式の時計は維持にかかる費用も割高です。例えばオーバーホールはパーツの消耗防止や故障を防ぐ一番良い方法ですが、かかる費用は高級時計ほど、高くなります。とはいっても何年かに一度行うだけですので、適切な時期に適切に行うことで何年も時計を長持ちさせることができます。著名メーカーのロレックスやオメガなどは、仮に生産停止になったモデルであっても何年も修理対象なので嬉しいですね。もしあなたが高級時計をお持ちで、そのパーツが市場にい出回っているのであれば、金額に差はありますが対応してくれる業者も多いでしょう。

    高級時計は大きく分けて2種類のモデルに分けられる

    高級時計、いわゆる機械式時計の中でも自動巻きと呼ばれる、腕の振りで自動的にゼンマイが巻き上がるタイプと、毎日手で巻く必要がある手巻き時計の2種類があります。 ロレックスやオメガの時計は初期に発売された一部のモデルを除けば、ほぼ全てのモデルが機械式の自動巻きのタイプです。自動巻きにしても手巻きにしても、どちらも魅力があり、装着する方のロマンを満たし続ける魅力があるといえるでしょう。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報