時計コラム

天才時計技師が作り出すフランクミューラーの時計

  • 世界初の複雑機構を搭載した時計で、世界中を魅了してきたフランクミューラーの時計。スイスで生まれる最高品質の時計に憧れを抱く人も多いでしょう。ここでは、フランクミューラーの歴史やその価値についてまとめています。

    フランクミューラーってどんな人?

    時計ブランドフランクミューラーの創設者であるフランクミューラーは、スイスのラ・ショード・フォンという時計産業で有名な街に生まれました。ジュネーブ時計学校では必要単位をわずか1年で取得し、多くの賞を受賞したといわれています。卒業後は独立した時計技師として、オーダー時計の製作やアンティーク時計の修理などを請け負っていました。その後、トゥールビヨンやパーペチュアルカレンダー、スプリットセコンドなどを組み込んだ腕時計を作り、世界中から注目を集めます。世界初となる記録を数多く打ち立て、時計製作において天才「ブレゲの再来」とまで呼ばれるようになりました。1991年11月にはヴァルタン・シルマケスとテクノウォッチを設立し、フランク・ミュラーブランド製品の製造を開始しました。

    時計フランミューラーの特徴は?

    自分の会社を設立してからも、複雑時計の開発による特許取得や世界記録樹立は継続され「複雑時計の巨匠マスター・オブ・コンプリケ-ション」と呼ばれていました。複雑機構をうまく組み合わせて作る独創的なモデルがフランミューラー時計の特徴で、その後の時計産業に多大なる影響を与えたといわれています。多くの複雑機構を一つの腕時計に入れた超絶コンプリケ-ション・モデルや多軸で回るトゥールビヨンはその代表格といえるでしょう。フランクミューラーの時計は着想や設計、開発のすべてを自社で一貫して行います。現代でも優秀な時計士により、高品質な時計が作り続けられ常に時計業界を牽引するブランドとして確固たる地位を築いています。

    世界に知られる歴代コレクションの数々

    1987年には、ジャンピングアワー機能付きトゥールビヨンを発売し、世界にその存在を知られることとなりました。時計と分針を備え文字盤も非常にユニークなものです。1990年に入ると、スプリットセコンドクロノグラフトゥールビヨンが製造されます。重力により生じる微妙な誤差を、自ら修正するという機能を持っています。2000年には、長方形モデル、ロングアイランドビーレトロセコンドが誕生しました。2つの針によって秒を示すという世界初の試みがなされた時計です。第一の針で1から30秒までを、第二の針で30秒から60秒までを指し示しています。2006年には、1000年に一度しか修正の必要のないムーンフェイズを搭載したエテルニタスで世界中を驚愕させました。エターナルカレンダーやレトログラードデイト、24時間表示など多くの機能を搭載し、永遠に時を刻む時計として称されています。

    中古でも価値の高いフランクミューラー

    世界の時計トップブランドとして根強いファンが存在するフランクミューラーは、中古品であっても需要の多い時計といえます。そのため、不要になったフランクミューラーの時計は買取に出すのが良いでしょう。店舗によっては、時計の価値を正確に判断してくれる専門のスタッフがいる場合もあり、買取に出す際の安心材料になります。

時計買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報