お酒コラム

最高級コニャック・レミーマルタンの値段はどれくらい?

最高級コニャック・レミーマルタンの値段

レミーマルタンといえば、コニャックの代名詞的存在のブランデーです。

ラベルに印刷されたケンタウロスがシンボルマークで、お酒好きなら一度は見たことがあるお酒なのではないでしょうか。

ここでは、高級コニャックとして有名なレミーマルタンについてご紹介します。





レミーマルタンとは?

レミーマルタンは、最上級とされるグランド・シャンパーニュとプティット・シャンパーニュの畑で収穫されたぶどうのみを使用して作られる高級コニャックです。

普通のブランデーでは味わうことの出来ない上品な口当たりと、口に含んだ途端に広がるフルーツのような芳醇な香りは多くのお酒好きを虜にしてきました。

レミーマルタン社は1724年にフランスのコニャック地方で創設されました。

レミーマルタンがここまで有名になったのは、4代目エミール・レミー・マルタンのころです。

この時代には現代のシンボルマークとなっているケンタウロスの刻印も生み出されましたし、美しい箱詰めをして商品化をしたことでレミーマルタンのブランドは一気に世に知れ渡る結果となりました。

この点で4代目の功績は、計り知れないほどに大きいといわれているのです。

レミーマルタンが今なお世界中の人々に愛され続けているのには、その品質管理と伝統を重んじた蒸留方法にあるといえるでしょう。

 

レミーマルタンのラインナップ

レミーマルタンとひとくちにいっても、さまざまなラインナップがあります。

代表的なラインアップだけでも、レミーマルタンVSOP、レミーマルタン・クール・ド・コニャック、レミーマルタン ナポレオン、レミーマルタンXOエクセレンス、レミーマルタンルイ13世などがあります。

基本的にはこの順で価格が高くなります。

この中でもルイ13世はブランデーを飲まない人でも1度は聞いたことがあるほど有名で、レミーマルタンの中でも最高峰のブランドになっています。

ルイ13世に限っては多くのこだわりがあり、お酒が詰められる瓶はバカラ製のクリスタルガラスで造形されるほどです。

 

レミーマルタンの値段はどれくらい?

レミーマルタンの値段はラインナップによって大きく変わってきます。

上で紹介したもののなかで最も高いのは最高級品種であるルイ13世です。

40年から100年の熱成期間を経た1000種類以上のコニャックがブレンドされ、レミーマルタン社の技術力すべてが詰まったルイ13世の名にふさわしいブランデーといえます。

ルイ13世の多くは世界本数限定で作られているため店頭で売りに出されているものはあまり見かけず、贈答品として扱われるのが一般的です。

値段は安いものでも1本100万円から、高いものになると400万円を超えるものまであります。

逆に普段でも飲みやすいものとしてはレミーマルタンの中でもっとも安いレミーマルタンVSOPなどがあります。

こちらは普通のブランデーよりも多少値が張るくらいで、1本1万円以下で買えるものも多数揃えられています。

 

レミーマルタンの技術力と品質を楽しむためには

ブランデー好きのみならず、コニャックの代名詞的存在といわれると飲みたくなってしまうでしょう。

ただ、ルイ13世のような最高級品種は普通では手が出せない代物です。

だからといって、安すぎてもレミーマルタンの醍醐味である品質と技術力を感じることが難しいのもまた事実です。

そんな場合にもっともおすすめしたいのが、レミーマルタンXOエクセレンスです。

値段は1万円を超しますので決して安いとはいえませんが、それでも高級ブランデーとしては手が出しやすいものです。

それでいて、レミーマルタンの品質と技術力を確かに感じることのできる1本に仕上がっています。

それでいて、レミーマルタンの品質と技術力を確かに感じることのできる1本に仕上がっています。

 
お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!