お酒コラム

高級ブランデー"ヘネシー"の歴史やこだわり、高く売るコツとは?

高級ブランデーヘネシーの歴史やこだわり、高く売るコツとは?

ここでは、高級ブランデーの代名詞"ヘネシー"の歴史やこだわり、ヘネシーのブランデーを高く売るコツなどについて説明していきます。





高級ブランデー"ヘネシー"の歴史

ヘネシー社は1765年に創業されました。創業者はアイルランド出身のリチャード・ヘネシーです。

当時のアイルランドは政府の弾圧が酷かったため、自由を求めたリチャード・ヘネシーはルイ15世が統治するフランスに移住し、コニャックの存在を知ることになります。

そこでリチャード・ヘネシーはコニャックの製造を始め、250年に渡って高品質なコニャックをつくり続けてきました。

今も高級酒として世界中で愛されています。

ヘネシー社は世界中のブランデーにも大きな影響を与えることとなりました。

 

ヘネシーのこだわりとは?

リチャード・ヘネシーは原料となるブドウの品種に徹底的にこだわっていました。

そして、蒸溜方法にも非常にこだわりがあったようです。

さらに熟成させる樽にもこだわり、樹齢100年を超えるフランスのオーク樽を膨大な量保有しているそうです。

ヘネシー社が強くこだわりを持っていたものに『品質の格付け』があります。

今では当たり前となっているコニャックの品質を星の数で表す方法は、ヘネシー創業者のひ孫であるモーリス・ヘネシーによって始められました。

そのたゆまぬ努力の結果、ヘネシー社の基準が今や世界標準基準になっています。

おすすめの"ヘネシー"ブランデー

洋酒に興味があり、これから飲んでみたいとお考えの方は比較的手の出しやすい価格帯の『ヘネシーVS』がおすすめです。

こちらは熟成年数3年以上のもので数千円ほどで購入できるため、コストパフォーマンスも抜群です。

まろやかな口あたりが魅力で、ヘネシーの高級感のある味わいを楽しむことができるでしょう。

他にも熟成年数5年以上、7年以上のものなどランクに応じて価格も上がりますが、ヘネシーの魅力を堪能できるブランデーがたくさんあります。

ヘネシーの最高級品は"リシャール"というコニャックです。/p>

熟成年数100年以上の貴重な原酒もブレンドされていて、香りや味わいだけでなくボトルの美しさも一級品です。

一度は飲んでみたいお酒といえるかもしれません。

 

飲まないヘネシーを高く売るコツとは?

海外旅行のおみやげや、バブル時代に購入したヘネシーのブランデーが自宅にある人も多いのではないでしょうか。

ブランデーの買取の中でも、ヘネシー社のブランデーは高額で買い取られているようです。

特に"ヘネシーXO(エクストラオールド)"は人気があり、買取相場も安定しています。

製造された年代が古く、未開封で箱もきちんとある状態で査定に出すのが最も高額になります。

また、お酒の買取専門店で買い取ってもらう方が、リサイクルショップなどで売るよりも高く買い取ってもらえます。

ヘネシー社のブランデーが自宅にある人は、ぜひ買取査定で価値を見積もってみてはいかがでしょう。

 
お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!