お酒コラム

家呑みと外呑み、どちらが得なのか?

家呑みと外呑み、どちらが得なのか?

お酒が好きな人の中でも、家呑み派と外呑み派に分かれます。

気分や金銭面、呑み友だちの有無などさまざまなメリットの違いがある両者ですが、どちらの方が得な呑み方といえるのでしょうか。





家呑み派は金銭面が浮く

家呑みの大きなメリットは金銭面が浮くという点です。

外に呑みに行くとお金がかかるのは、居酒屋などの酒代がスーパーや酒屋で売っているものよりも割高になってしまうからです。

ビール、チューハイ、日本酒といった人気の酒でスーパーの品と居酒屋メニューを比較してみると一目瞭然でしょう。

その上、居酒屋で出しているビールが市販のものと変わらないのであれば、金銭的には家呑みの方が安いといえます。

周りに流されて二次会や三次会にまで付き合ってしまい、財布の中身が苦しくなるなどという事態も家呑みならば防げます。

先輩や上司に気をつかうこともなく、好きなペースで好きなお酒を飲めるのは、真の酒好きゆえの楽しみ方だといえるのではないでしょうか。

 

外呑み派は人間関係を大事にする

対して、外呑み派の人たちが感じているメリットは、人との交流が生まれることです。

『呑みにケーション』という言葉があるように、酒の席は人間関係を円滑にする効果があります。

先輩や上司に自分をアピールし、距離を縮める場として外呑みの機会は大いに役立つのです。

また、友達同士で思い切り騒げるのもメリットでしょう。

家呑みであればどうしても部屋を汚さないことや近所迷惑を考えて静かに呑んでしまいますが、居酒屋などの外呑みであれば最低限のマナーさえ守っていれば少々羽目を外すことも許されるのです。

そして、いい店を見つけるのも外呑みの楽しみです。雰囲気がいい店、メニューが美味しい店、酒にこだわりのある店など、自分にぴったりとくる店にめぐり合えるのは酒好きならではの喜びです。

 

家呑みと外呑みのデメリット

このように、家呑み派と外呑み派にはそれぞれのメリットがあるため、どちらが上というわけではありません。

自分に合った酒の楽しみ方を見つけることが大事です。

一方で、それぞれにデメリットを挙げるとすれば、外呑みではお金がかかりがちな点でしょう。

一ヶ月ごとに酒代の上限を決めておくなどのやりくりが必要とされます。

そして、家呑みでは酒が余ってしまいがちなことがデメリットです。

家で呑み会を開いたり、自分で呑もうと思って買い込んでおいたりして酒が余ってしまい、やり場がなくなるケースが考えられます。

そんなときは、もう一度違うメンバーを招待して呑み会を開いて、処分を手伝ってもらう方法があります。

 

余った酒を買取に出そう

余った酒は、出張買取をしてもらうのもおすすめです。

酒の買取サービスというと高級酒を対象にしたサービスだと思われがちですが、スーパーで買えるような酒でも高確率で買取ってもらうことが可能です。

重要なのは未開封であることとボトルや箱などの外見に汚れがついていないことです。

そのほかにも賞味期限の近さや季節ごとの需要などによって買取価格は変動するので、安い酒であってもとりあえず一度、査定をしてもらってはいかがでしょうか。

予想以上に高い査定結果が出ることもあるでしょう。酒の買取サービスは、捨ててしまうよりもずっとおすすめの手段です。

 
お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!