プラチナコラム

【Pt1000買取】Pt999と同じ意味?気になる買取相場や査定ポイント

pt1000買取

貴金属やアクセサリー、宝飾品に詳しい方ならPt1000やPt900等の言葉を聴いたことがあるかもしれません。

こちらはプラチナの分類の際に用いられ、Pt1000(ピーセン)等と呼ばれている言葉ですが、この数字は何を表しているのでしょうか。そして、Pt950やPt900など他の品位とはどのような違いがあるのでしょうか。

またPt1000のプラチナの買取をお考えの方へ、気になる買取相場や査定の際のポイントも併せてご紹介します。

Pt1000とは?

そもそもPtとはプラチナがどれくらい含まれているかを表しています。つまりPt1000とはプラチナの比率が100%ということを表しています。

純度がとても高いので宝飾品として使われるよりも投資用商品、工業用や産業用商品として使われている事の方が多いです。

コインやインゴットにして資産もしくは投資用にするのが一般的で、有名なものだとマン島のノーブルプラチナコインが有名です。

なお宝飾品用途としてもPt1000は使われており、全体の20%程を占めているようです。

Pt1000=Pt999

しかし実は現時点の技術ではプラチナ100%のプラチナは製造できません。純度100%のプラチナは存在せず、限界でも99.95%の含有率で1%未満の不純物が入っています。

近年プラチナ業界では、Pt1000の表記からPt999に変更していこうという風潮があり、最近ではPt999と正しい表記をするブランドも増えてきています。

ですので現時点ではPt1000とPt999という二つの表記がありますがどちらも同じと考えて頂いてかまいません。

ホワイトゴールドと白金(プラチナ)は違う

Pt1000のプラチナは、純度が極めて高く、「純プラチナ」とも呼ばれています。漢字表記すると純白金ですが、これをホワイトゴールドと混同されてしまう方が多くいらっしゃいます。しかしホワイトゴールドとプラチナは異なるものです。

ホワイトゴールド

本来ゴールドの色は黄色がかった金色です。これに銀やパラジウムといった白銀色の金属を混ぜ合わせてメッキ加工することで白っぽい色にしています。更にその上にロジウムという金属のメッキを塗っています。

長年使用していると擦れてメッキが剥がれてきますが、その際に元の色の黄金色が出てくるので剥がれたことがわかりやすいです。

プラチナ

元々の色が白色ですが、そのままでは若干黒みがかっています。そこで、宝飾品としてて使用する際は光沢を増し、美しく仕上げるためににホワイトゴールド同様ロジウムでメッキをかけています。こちらはメッキが剥がれてもほぼほぼ同色なので目立ちにくいです。

結婚指輪に使われないPt1000

プラチナはとても希少性が高く、リングやネックレスによく用いられるイメージがあります。

中でも結婚指輪としてプラチナをお求めになる方は多いのですが、実はPt1000は結婚指輪としてはあまり使われていません。理由は大きく分けて二つあります。

    

強度が弱い

プラチナとはもともと粘性が高い金属です。他の金属と比べると柔らかく、粘り気が強いために繊細な加工を施すジュエリーとしては適切ですが、その分強度が弱くなってしまいます。そのため、他の金属を入れて強度を強くし、結果としてPt950やPt900といったひりつになるのです。

色が黒い

実はプラチナは若干の黒みが入っています。正確に申し上げると黒味がかった白色なのですが、その状態では余り光をきれいに反射しません。そこで多くのジュエリーブランドはパラジウムのような白色の金属を混合させることで光り輝く白色を作り出しているんのです。

  

Pt1000の買取相場

pt1000買取

一般的にプラチナの買取では、純度に比例して買取相場は上昇します。純プラチナとも呼ばれるPt1000の1g当たりの買取相場は、インゴットに次ぐようです。

なおこの日本国内のプラチナ相場は世界が公表しているプラチナ相場(ドル表記)を日本円に換算して相場を出しているのですが、このプラチナ相場は日々変動します。

月単位で見ると数百円、数千円レベルで変動している時期もあるので急激な価格変動に備え、世界の政治情勢や経済動向には注意しておくと良いでしょう。

Pt1000買取のコツ

Pt1000はプラチナの含有率が高いため、Pt900やPt950に比べると高価格で買い取ってもらえる傾向があります。

また、インゴットとして保管しているPt1000を買取に出す場合は税率にも気を配ると良いでしょう。

ほかの中古買取とは違い、金は投資の対象であり、金融製品という扱いです。そのため、売り買いには必ず税が絡んできます。

この税率は売り買いする際の税率ベースとなっているため、消費税が5%の時代に買ったPt1000を消費税8%の時に売ると、3%分の上乗せがされます。

また、上記で申し上げたようにPt1000のプラチナはほぼ純度100%ですので、投資商品としてPt1000を扱っている方もいらっしゃると思います。一定金額以上のプラチナを買取に出す際には譲渡所得について覚えておくことと良いでしょう。

プラチナ自体を買い取ってもらう場合は年間50万円以上、プラチナで作られたネックレスや指輪の買取の場合は年間30万円以上で税の特別控除が適用されます。

このようば理由から、まとめて売った方が高額買取してもらえる場合もあるのです。

おわりに

近年プラチナの買取を行っている買取業者の数は増え続けています。しっかりと鑑識眼が備わっているプロの鑑定士がいる買取業者を見極める事も大切です。

今回ご紹介した内容を参考に、プラチナの査定に臨んでみてはいかがでしょうか。

プラチナ買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報