プラチナコラム

プラチナの指輪の選び方

  • 指輪の素材として人気のプラチナ。他の金属とは異なる特徴をもつプラチナについて、その基本的な知識や純度による違い、プラチナ指輪を選ぶにあたってのポイントなどをご紹介します。

    金属としてのプラチナの特徴

    白く銀色に輝く光沢が魅力のプラチナですが、この金属はプラチナ元素(Pt)からなっています。プラチナの特徴の1つは柔らかさであり、アクセサリーにする場合は様々なデザインに加工することができ、ミル打ちなどのアレンジも多様です。また、その柔らかさゆえに、サイズが合わなくなった時にサイズ変更ができる場合もあり、一生をともにするアクセサリーには適している素材といえます。そして、変色しづらいため、ずっと輝きが保たれることも魅力です。日常的な家事や、旅行先での温泉などで変質することはあまりないため、安心して着用することができます。

    純度によって性質や価格が異なる

    プラチナは、Ptの含有量によってランクが分かれており、性質や価格も異なります。最もプラチナの含有量が多く、金属としての価値も高いのはプラチナ99.99%の「Pt1000」です。しかし、Pt1000はとても柔らかく、色もやや黒っぽい白になっているため、アクセサリーとして使われることは稀です。結婚指輪などで好まれるのは、プラチナ95%の「Pt950」やプラチナ90%の「Pt900」周辺のランクであり、プラチナの他にパラジウムなどの硬く白い金属が混ぜられているため、私たちのプラチナのイメージに近い、白銀色に輝くしなやかなアクセサリーができあがります。ただし、他の金属の含有量が増えると金属アレルギーのリスクも上がるため、どのような金属が混ぜられているかあらかじめ確認しておくと良いでしょう。カルティエなどの海外ブランドでは、現地の法律によりプラチナ製品はpt950以上であることと指定されているため、Pt950を中心に展開されています。

    宝石をつけたい時におすすめのデザイン

    アクセサリーに人気の金属として金がありますが、金はプラチナよりも硬質です。そのため、宝石をつける場合は落下のリスクが心配であれば、粘度が高く宝石を安定して包み込むプラチナが選ばれる傾向にあります。また、宝石の安定性は、デザインの工夫によっても高めることができます。たとえば、宝石を嵌める場合、立体的なデザインを楽しむ爪ありと、金属にしっかり嵌めこむ爪なしがあります。爪ありデザインは、宝石を壁などにぶつけるリスクがあり、かつ爪に負担がかかり宝石がぐらつく可能性も否定できません。一方で、爪なしであれば、宝石をぶつける心配が少なく、均等に負荷がかかるため、爪ありに比べて宝石のトラブルが少ないといえます。

    プラチナは希少性も高い金属

    プラチナは世界中でも産地が限られており、大量に採取されるわけではありません。その一方で、レアメタルと並び工業製品によく利用されている金属の1つでもあり、採取量に対して需要が高いという現状があります。したがって、プラチナは価値が高く、さらに価格は時期によって変動する場合があります。家に古いプラチナ指輪があれば、買取業者に査定してもらって価値を把握しておくこともおすすめです。

プラチナ買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報