プラチナコラム

なぜプラチナリングは人気なの?

  • 贈り物のリングの素材のひとつとして思い浮かぶのは、プラチナではないでしょうか。人気のプラチナについて、金属としての特徴やリング選びのコツなどをご紹介します。

                 

    なぜプラチナのリングは人気なの?

    結婚指輪や婚約指輪の素材として人気であり、ハイブランドでも多くのジュエリーが作られているプラチナ。なめらかな白銀色の輝きはもちろんのこと、他にも人気の理由となる特徴があります。その1つは、長期間使用していても変色や変質がしづらいことです。汗や化粧品の成分、温泉の硫黄などにも強く、日常的な手入れさえしていれば、大きく色や質が劣ることはありません。また、プラチナは柔らかい金属であるため、比較的自由にデザインができ、ミルグレインのリングやフラットなリングなど、多様なアレンジが楽しめます。さらに、メーカーによってはサイズ変更の修理もできるため、指のサイズが変わっても安心です。このような特徴から、プラチナのリングは高い支持を得ているのです。

    プラチナの純度を知ろう

    プラチナには純度に応じて区分があり、最高純度である99.99%のプラチナはPt1000と呼ばれています。ただし、リングに使用する場合は一定の耐久性が求められるため、柔らかいプラチナに他の金属を加えたPt950(プラチナ95%)やPt900(プラチナ90%)を選ぶことが一般的です。Pt950やPt900に含まれる金属には、白さや硬さが特徴であるパラジウム、ルテニウムなどがあり、これらの金属によってアクセサリーとして安定した耐久性を確保しています。プラチナは含有率が高いほど価格も上がるため、Pt900よりPt950の方が高価であることがほとんどです。価格差の目安としては1グラムあたり100円前後であり、リングにすると5,000?1万円ほどの差がつきます。ただし、Pt900の方が、硬度があってキズに強いというメリットがあるため、単純に純度の高いものを選ぶのではなく、ニーズに応じて検討することがおすすめです。

    プラチナリングを選ぶコツ

    プラチナは日本人の肌に合った輝きを持っており、ラグジュアリーにもカジュアルにも演出できる金属です。また、柔らかい金属であるため、宝石を嵌めた場合に安定性があることもメリットで、ダイヤモンドなどを飾ったデザインを選ぶケースも多いです。シンプルなデザインを好む人は、ストレートタイプがおすすめですが、プラチナの美しさや特性を活用するのであれば、ミルグレインなどの表面加工や、宝石をぐるりと嵌めこみエタニティリングにすることなども一案です。プラチナリングを選ぶ際には、このようにプラチナの特性を活かしたデザインにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

    他の金属との違い

    色味が似ている素材として、ホワイトゴールドやシルバーが挙げられます。ホワイトゴールドは金をベースにしており、プラチナよりもやや硬いこと、金色がかっていることが特徴であり、キズなどを防ぐにはおすすめの素材です。また、シルバーは美しい輝きを誇りますが、プラチナと比べて変色・変質のリスクが高く、日々の丁寧なお手入れが欠かせません。金属ごとに特性があるため、違いを事前に理解した上でリングを選ぶことがポイントです。

プラチナ買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報