プラチナ買取について

18金とプラチナは売り方やお店選び買取価格で差が出る!?売却のコツは?

18金とプラチナは売り方やお店選び買取価格で差が出る!?売却のコツは?

金とプラチナは二つとも希少性が高く神秘的だとして多くの方から常に人気を誇っています。

また、アクセサリーだけではなく、投資商品としても根強い人気を誇っており、実物資産として多くの方が買い求めています。

金とプラチナは純度により表記が変わったり、値段が常に変動したり、加工しやすいなど様々な共通点があります。

そこで今回は金とプラチナを比較してみたいと思います。





18金とか24金ってなに?金のイロハ

金とは

金とはAuで表される貴金属元素で、とても希少性が高いことでも有名です。

地球に存在する金は50mプール3杯分だと言われており、その少なさが伺えます。

酸や熱の耐性をもち、多少の溶液では溶けませんが王水(塩酸と硝酸を混ぜ合わせた)などでは溶ける可能性があると言われています。

金属アレルギーになりづらいと言われているので、お洒落したいけどアレルギー持ちという方にもオススメです。

18Kと24K、何が違うの?

金には10K、18K、24Kというようにいくつか表記の種類があります。

これらの違いは何かと言うと、品物における金の含有率です。

KはKarat(カラット)の頭文字で、質量と純度を表しています。1Kは約4%なので18Kは75%、24Kは約100%という認識です。

18Kが75%の純度なら残りの25%は?

金の純度が下がるにつれて混合物が増えていきますが、一体どのような金属を、何のために入れているのでしょうか。

まず、金の特性を把握する必要があります。金という金属はとても伸びやすく、広がいやすいという特徴を持っています。

展性、延性と呼ばれるものなのですが、僅か1gの金でも富士山に匹敵するほどまで伸びるのです。

非常に柔らかい分、純金のままでは強度が弱く、アクセサリーには不向きです。

そのため、強度を上げるために他の金属を混ぜ合わせるのです。金属を混ぜ合わせる事を割り金といいますが、使われる金属としては主にニッケル、パラジウム、亜鉛、銅、銀が多いです。

ここに色のついた貴金属を混ぜ合わせる事でホワイトゴールドやピンクゴールドといった合金が出来上がります。

Pt1000とかPt900ってなに?プラチナのイロハ

プラチナとは

プラチナとは元素記号Ptで表される貴金属で、宇宙からの贈りものとも名高い代物です。

先ほど金の希少性が高いと申し上げましたが、その金よりも遥かに埋蔵量が少ないです。

粘性がとても高い金属として有名で、自在に曲げる事ができるので繊細なアクセサリー加工に向いています。

金よりも酸や熱に対して強い耐性をもっており、金属アレルギーにもなりにくいです。

Pt1000とPt900の違いは?

こちらは薄々お分かりかもしれませんが、プラチナの純度を千分率で表しています。

プラチナも金と同様、酸や熱にはとても強いのですが強度はとても弱いため、純プラチナという形で保存しておくと変形してしまう可能性があります。

また、プラチナ本来の色は白色ですがわずかな黒みが入っており、マットな輝きとなります。

お店でよく見るような輝きにするためには、ここにロジウムというメッキを塗ったり、パラジウムという白くて硬い金を割り金する必要があるのです。

海外ではPt950よりはプラチナではない

プラチナの種類はPt1000、Pt950、Pt900、Pt800の4つがありますが、カルティエやティファニー等の海外ブランドをみてみると、殆どがPt950以上の刻印があります。

これは何かと言うと、海外の法律でPt950より純度が低いプラチナはプラチナと表記する事を認められないという決まりがあるためです。

しかし日本は世界最大級のプラチナ消費国であり、とても需要が高いので、汎用性を広げるために日本国内ではPt850までをプラチナと表記できるようにしています。

18K・プラチナを高価買取してもらうために

では金やプラチナを売るとなった場合、何に気をつければ良いでしょうか。

経済状況をチェック

最初に申し上げたように金やプラチナは金融商品であり、日本のみならず世界のあらゆるところで日夜盛んに取引が行われています。

そのため値段は常に変動しており、いつ金やプラチナを売るかによって価格が大きく変わる可能性があるのです。

昔、金は通貨にも使われており、いつの時代も莫大な人気をもっていたため市場規模は大きく、安定しています。

それに対してプラチナは価格の変動差が激しく、投資目的が強い傾向にあります。

市場規模は小さく不安定ではありますが、産業品の部品として使われる事が多いという理由から経済状況と密接にリンクしています。

そのため、株式投資をやられている方はイメージがつかみやすいかもしれません。

複数の買取業者を利用する

18Kレベルの金やPt900レベルのプラチナとなると、非常に高価な価格で売りに出す事ができます。

しかし価格が固定していない商品だと、買取業者によって独自の査定システムを導入している場合があります。

そうなると、買取業者に査定してもらうたびに違う査定金額が提示されるという事も珍しくありません。

そのため、複数の買取業者に査定をお願いして価格を比較検討することでご自身が最も納得のいく価格で売りに出す事ができます。

無料で金やプラチナを査定してくれる買取業者も増えているので、積極的に利用して行く事をオススメします。

まとめ

以上、金とプラチナについてご紹介しました。

そして、なぜ18金とプラチナは売り方やお店選び買取価格で差が出るのかもご理解いただけたのではないでしょうか。

売ると決めたら金やプラチナの相場をよく確認して後悔しないようにしましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!