車コラム

ロードスター(マツダ)の買取ポイントを解説!人気のカラーやグレードは?

ロードスター(マツダ)の買取ポイントを解説!人気のカラーやグレードは?

マツダから販売されるオープンタイプのライトウェイトスポーツカー、”ロードスター”。中古車市場でも人気は衰えず、年齢問わず”カッコいい”を求める男性に人気の車種となっています。

そんなロードスターは、買取査定の際にはどのような点が査定ポイントになるのでしょうか?今回は、ロードスターの買取で高価買取が狙いやすい人気のカラーやグレードをご紹介します。





【ロードスターの買取ポイント】人気モデル・グレード / カラー

【ロードスターの買取ポイント】人気モデル・グレード / カラー

人気モデル・グレード

世界中で大ヒットを記録したロードスターは、中高年の男性から熱い支持を得ています。

2016年12月に登場した「ロードスターRF」は、約1ヶ月で累計発注2,385台を記録するなど、当初の目標であった250台を大きく上回り、「Best Bang for the Buck」にも選ばれています。

また、ロードスターが設定するグレードのなかで、幅広い層から支持を集めているのが「Sスペシャルパッケージ」です。オプション装備を豊富に選ぶことできるのも人気の理由です。

ほかには、最上級グレードの「Sレザーパッケージ」も、ラグジュアリー指向から人気となっています。本革シートや合成皮革を装着した内装が特徴のひとつです。

人気カラー

車の個性を引き立てるためのアイテムのひとつが、ボディカラーです。

一般的には黒や白といったカラーが定番色とされていますが、ロードスターでは違います。

デザイン性に優れ、唯一無二の存在だからこそボディカラーで雰囲気を変えたいユーザーが多く、数あるカラーのなかでも絶大な人気を誇っているのが、魂動デザインの象徴ともされる「ソウルレッド」です。

2017年度もロードスター/ロードスターRFで26%の販売比率を占めています。

もちろん、全体的には白や黒といった定番色の人気も高いです。特に、見た目の高級感や、視覚的にもボディが引き締まっている黒は、中古車市場での人気は不動のものとなっています。

ロードスターが人気の理由

ロードスターが買取で人気の理由

マツダのロードスターは日本だけでなく、世界中から長く愛され続けています。

1989年に鮮烈なデビューを果たした初代「ユーノス ロードスター」は発売と同時に人気車種となりました。その影響を受けて、ベンツSLKやBMW Z3などがリリースされたともいわれるほどです。

その後、数度のモデルチェンジが繰り返されてきたロードスターは、「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」としてギネスブックの認定を受けています。

ロードスターは、同じ日本を代表するスポーツカーでも「GT-R」や「NSX」とはひと味違うモデルであり、スポーツカーに求められる絶対的なスピードもほかの車種には及びません。

それでも頂点に君臨し続けている理由は、ほかでは味わえない快適性があるからです。また、人気であるがために、30年前に発売された初代のパーツも入手することができます。

もちろん新型のモデルであればあるほど、高額で取引される傾向にあります。しかし、時代によって違った色を出し続けてきたからこそ、年式などに関係なく安定した買取価格が期待できます。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!