車コラム

【車買取】20万㎞以上走っている車でも買い取ってもらえるのか?

車 買取 20万km

毎日大切に扱ってきた愛車だからこそ、高く買い取って欲しいと考えている人もいるのではないでしょうか。

買取査定では走行距離や年式、モデルなど、様々な視点から最終的な金額が算出されることになります。

それでは、走行距離が20万kmを超えた過走行車の場合はどうでしょう。

一般的に考えれば、20万km以上走っている車を買い取ってもらうのは難しいと思うのが普通です。

では、本当に1円の価値もつかずに廃車になってしまうのでしょうか。

そこで今回は、20万km以上走っている車でも買取は可能なのかどうかについてご紹介していきます。





20万㎞オーバーの車ってどんな車?

20万㎞オーバーの車ってどんな車?

中古車業界では、標準的な走行距離を1年で8,000km~1万km程度としています。

そのため、買取査定では日本自動車査定協会が定めた「1年で1万km」を基準としていることがほとんどです。

つまり、走行距離20万kmの車は、20年落ちである可能性が高くなります。

ただし、あくまでも中古車業界での査定基準であるため、年式が浅いものもあるでしょう。

そのため、基準よりも年式が新しい中古車であれば、高い評価を受けることも十分に考えられます。

また、走行距離が20万kmオーバーの車は問題なく走るのかという疑問も出てくるはずです。

しっかりと定期的な点検をしている場合は、一般的に20万~30万km走ると言われています。

ただし、車の状態によっては廃車扱いになるケースも出てきてしまうので注意しましょう。

車査定で走行距離が重視される理由

車査定で走行距離が重視される理由

買取査定において、走行距離が重視されることはご存知の方も多いかもしれません。

では、なぜ走行距離が重要視されているのでしょうか。

なぜなら、中古車は走行距離によって車の耐久年数が変わるため、10万kmや20万km以上走っている車は需要が低くなるからです。

そのため、ほとんどの場合で多・過走行車は査定額がマイナスになります。

ただし、走行距離が少なければ少ないほど、高額査定になるわけではなく、10年落ちで1万kmしか走っていなくても、査定がマイナスになることもあります。

20万㎞オーバーの車でも買取してもらえるの?

20万㎞オーバーの車でも買取してもらえるの?

20万km以上など、走行距離が多いと、中古車として価値がないと諦めている人もいるかもしれません。

それでは、本当に車の価値がゼロになってしまうのでしょうか。

もし買取してもらえるのであれば、その理由も気になるところです。

ここでは、20万kmオーバーの車でも買い取ってもらえるのかどうかについてご紹介します。

20万㎞を超えていても買い取ってもらえる可能性はある

走行距離が多い車であっても、買取してもらえる可能性は十分にあります。

それはたとえ、廃車扱いになるような中古車であり、価値がゼロに近い場合でも同じです。

なぜなら、故障した部品の交換を行うことで、再び中古車として蘇らせることができるからです。

また、最近ではリサイクル技術が向上していることも、理由のひとつとして挙げられます。

エンジンが故障していたとしても、リビルドエンジンなどを利用すれば再生することが可能です。

さらに、事故車でも数万円で買取をしているスクラップ業者も存在します。

中古車には再利用できる部品が多く使われていることからも、価値がゼロになることはほとんどありません。

ただし、状態によっては買取できないこともあるため、注意が必要です。

なぜ過走行車でも買取してもらえる可能性があるの?

部品目的としてだけでなく、中古車としての価値を見出している業者もあります。

販売目的で買取する業者は、海外に流通経路を持っていることがほとんどです。

海外では新車市場よりも中古車市場が盛んであり、走行距離が大きく影響することはありません。

また、日本車は耐久性に優れているため、海外では人気があります。

東南アジアなどへ行ったことがある人は、現地で多くの日本車が走っているのを目の当たりにしているのではないでしょうか。

世界の中古車市場は、さらに拡大し続けています。

そのなかでも、耐久性や燃費などの観点から人気のある日本車は、国内で取引されている相場に比べてもひけをとらない値段で販売されていることもあります。

これらの理由から、たとえ20万km以上であっても、買取してもらえる可能性はあります。

20万㎞オーバーの車の買取相場はどれくらい?

20万㎞オーバーの車の買取相場はどれくらい?

注意しておきたいのは、20万kmオーバーの車を下取りとして出す場合です。

ディーラーはそのほかの販売店のように、中古車を高く販売するルートを持っていません。

そのため、20万km以上の中古車は価値がないとして査定額が0円になることもあります。

それでは、過走行車を買取査定に出すと、どれくらいの金額になるのでしょうか。

車の状態によっても金額は変動してきますが、数万円程度だと思っておいた方が良いかもしれません。

車種によっては数十万円の価値になることもありますが、過度な期待は禁物です。

廃車という選択肢もありますが、廃車するだけでもいくらかの費用はかかってしまいます。

そのため、廃車にするくらいなら、買取店への売却を検討した方が良いでしょう。

20万㎞を超えていても高く売れる車はある?

20万㎞を超えていても高く売れる車はある?

走行距離が多い中古車でも、高額査定になりやすいものもあります。

レクサスやクラウンなど、国産高級車がそれにあたります。

ほかにも、セルシオやランドクルーザー、マツダ・RX-7、日産・シルビアなども高く売れる傾向にある中古車です。

車両の状態にもよりますが、高ければ100万円以上の査定額になることも。

また、安くても20万円以上になることは珍しくないため、まずは無料査定でチェックしてみてください。

これらの車は、海外に流通経路を持つ買取店でも高額査定になる可能性があります。

1円でも高く売りたいと考えているのであれば、過走行車を高価買取しているところに査定を依頼すると良いでしょう。

自分の車にも値段がつくかも!まずは無料査定でチェック

バイセルなら安全、高額に車買取ができる!

価値がないと思っていても、実際には高額査定になることもあります。

そのため、無料査定を受けて自分の車にどれくらいの査定額になるのかを知ってみてはいかがでしょうか。

査定は30分~1時間程度で終了するため、仕事などで忙しい人でも安心です。

ある程度の相場はインターネットなどでも調べることはできますが、本当の価格ではありません。

実際にプロの目で確認してもらって、その結果から売却するかどうかの判断をしてください。

まとめ

まとめ

状態にもよりますが、走行距離20万kmオーバーの中古車でも買取してもらえる可能性は十分にあります。

特に、国内で需要が高いものであれば、100万円以上の高額査定になるかもしれません。

ただし、車によっては査定額が0円になる場合もあるため、注意が必要です。

自分の車にどれくらいの価値があるのかを知るためにも、まずは無料査定でチェックしてみましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!