車コラム

車が高く売れる時期はいつ?中古車買取で愛車を高く売る秘訣!

自動車

車の買取価格は、車の状態だけでなく、売却先や売却時期などによって大きくかわります。 それでは、車が高く売れる時期はいつでしょうか?

走行距離や所有年数、車検など、高額買取に有利なタイミングはあるのでしょうか?今回は、愛車を少しでも高く売るために有利な時期やタイミング、ポイントをご紹介します。





車が高く売れる時期は「春先」と「秋口」!その理由とは?

車のおもちゃ

春先

「日本自動車販売協会連合会」の統計によると、1年のうち車の販売数が最も多いのは3月です。中古車市場も活発になります。3月は、就職や転勤など新生活の準備期間です。

新たな生活に備えて車を購入したり、車を買い替えたりする人も多いでしょう。また、3月は、自動車業界の決算期でもあります。決算期には、多くの業者が売上強化に乗り出すでしょう。

さらに、3月に車販売台数が多くなるのには、「自動車税」も関係しています。自動車税は、4月1日時点での車の名義人に、支払い義務が課せられるからです。名義変更が4月1日以降になると還付手続きなどの手続きが増えるため、多くの人が遅くとも3月いっぱいには名義変更の手続きを完了させようとします。

中古車販売業者は、最も売り上げが増える3月に在庫を十分に確保できるように、前もって買取を強化し、その結果買取価格が上がります。そのため、1年のうちで中古車が最も高く売れる時期は、需要がピークになる前の1月~2月です。

4月には、車の販売数が大幅に減り、中古車の買取価格も3月頃から下がり始める傾向があります。特に春先は、他の時期に比べて軽自動車やコンパクトカーの需要が増えます。

秋口

「日本自動車販売協会連合会」の統計によると、1年のうち車の販売数が2番目に多いのは9月です。9月は、秋の行楽シーズンに向けて需要が増える時期であり、自動車業界の半期決算とも重なります。

そのため、9月には中古車の需要も増え、買取価格が上がりやすいでしょう。年末には中古車の需要は少なくなるため、高額買取が期待できるのは10月ごろまでです。

売却に有利なタイミング

自動車のフロント

売却は車検前がいい?後がいい?

愛車の売却を検討していて、車検が近づいているなら、車検が切れる前に売却するとよいでしょう。わざわざ車検に通す必要はありません。通常、車検に通しても、車検にかかった費用以上に査定額がアップすることはないからです。

中古車の価格は日に日に下がっていきます。車検の残り期間が1年以上あれば、プラス査定になる可能性はありますが、車検に出すために売却を先延ばしにして、買取相場が急激に下がってしまっては元も子もありません。

車検の残り期間が1年未満なら、10カ月残っていても2カ月残っていても、それほど査定額に差はありません。車検期限ぎりぎりで売った方がお得なように思えますが、待っている間に傷がついたり相場が下がったりする危険性もあります。

車検が切れる前に売りたいはずだ、と足元を見られる場合もあるでしょう。査定額に納得しているなら、車検の残り期間にかかわらず、早めに売却することをおすすめします。 

走行距離やモデルチェンジは影響する?

中古車には、値段が下がるタイミングがあります。高額買取を目指すなら、値段が下がる前に売却しなければなりません。例えば、査定時にチェックされるのが、年式や総走行距離です。

1年間の走行距離は、8000キロ~1万キロが目安とされています。走行距離が多ければ、それだけ部品の消耗も早くなるため、走行距離は少なければ少ないほどよいとみなされます。総走行距離が5万キロ、8万キロ、10万キロの大台に乗る前に売却するとよいでしょう。

稀に古い年式の車にプレミアがつく場合がありますが、一般的には、年式も新しいほうがよいとみなされます。爆発的な人気が出た車種は、買取相場が早めに下がる傾向があります。

特に、発売から5年目、2回目の車検をとる前に手放す人が増えるため、それよりも前の時期に売却を検討するとよいでしょう。

また、モデルチェンジがあると、買取相場が下がります。新型へ乗り換えるために旧型を売る人が増えるのに加え、旧型の需要が落ちるからです。

ライバル車のモデルチェンジも同じように影響します。できれば、モデルチェンジの前に売却しましょう。

さらに、ライフステージの変化も車の買い替えに影響を与えます。就職や転職、引っ越しや家族の増加など、自分のライフスタイルが変わるタイミングが、自分にとっての買い替えベストタイミングになる場合もあるでしょう。

中古車買取で査定に影響するもの

虫眼鏡と自動車

査定にプラスになるもの

【書類】

「取扱説明書」や「整備手帳(点検整備記録簿)」があれば、プラス査定になります。整備手帳は、必要な法定点検や整備を受けてきたことや、メーター改ざんがないことなどの証拠になるからです。オーナーがかわるたびに、車のコンディションも変わります。

そのため、ワンオーナーの車は評価が高くなりますが、「メーカー保証書」はその証拠となり、プラス査定が期待できるでしょう。また、「ディーラー発行の仕様書」があれば、装備が正確に把握できるため役立ちます。

【純正オプション】

サンルーフなど、後付けができないメーカーオプションがついていると、高額査定が期待できます。レザーシートも、新しいものや状態の良いものは、査定額アップが可能です。

ナビやバックモニターなども、純正品で最新の機能が搭載されているなら、買取額をアップしてもらえます。複数の装備が備わっていることで、より高い査定額を引き出すことが可能な場合もあります。

電動スライドドアのような便利な機能や、最新の安全運転機能も高額査定につながるでしょう。ただし、標準装備に含まれているものは、プラスにはなりません。車種によっては、純正のエアロパーツも高額買取の対象になります。

スペアキーもしっかり保管しておいてください。紛失した場合にわざわざ作り直す必要はありませんが、しっかり保管してあれば、査定アップをしてもらえるかもしれません。 社外品のパーツは、質や取り付け状態により査定への影響は異なります。

査定にマイナスになるもの

【キズやへこみ】

外装のキズやへこみは、マイナスポイントです。マイナスの度合いは、キズや汚れの程度、修理内容によりかわります。爪に引っかからない程度の、浅く小さいキズなら問題はありません。

ガラスやドアなど、パーツごと交換が必要になる場合には、減点数が大きくなります。

車のフレーム部分にかかわる修復歴があると、「事故車」とみなされ、査定額は大幅にダウンするでしょう。

【内装の汚れやにおい】

内装の状態も評価ポイントです。シートの汚れや、ペットやたばこなどの臭いがあると査定額は下がってしまいます。

【走行性能】

エンジンのコンディションや、アクセル・ブレーキなどもチェックされます。必要なメンテナンスがされてこなかった場合やコンディションがよくない場合には、マイナスになるでしょう。

【部品の故障】

ワイパーやランプ、電気系統など、部品の状態も査定の対象です。故障していたり交換が必要だったりする場合には、マイナス査定になります。

【社外品パーツ】

メーカー純正品ではないアルミホイールやエアロパーツは、マイナス査定の対象となる場合があります。純正品があるなら、純正品も一緒に査定してもらいましょう。スタッドレスタイヤも、マイナス査定される可能性があります。

【走行距離の改ざん】

総走行距離が多いと査定額が下がるからと、メーターを改ざんするのは違法です。メーターを交換したり巻き戻したりした形跡があり、総走行距離が不明な車は、マイナス査定されます。

愛車をより高く売るには?

自動車

車を高く売るための準備をしよう

愛車を少しでも高く売るためには、日ごろから定期的なメンテナンスをしっかり行うことが大切です。査定に出す前には、車をできるだけきれいにしておきましょう。

中古車の買取相場は日々変化するため、査定から買取までに時間があく場合には、査定額が低くなりがちです。査定をしてもらったら、すぐに売るとよいでしょう。必要な書類を前もって準備しておき、複数の買取業者に見積もりを依頼することも大切です。

車が高く売れる時期に売ろう

中古車を高く売りやすいのは、1月~2月と、9月です。また、車検の前や、総走行距離が5万キロや10万キロになる前、モデルチェンジがある前に売却を検討するとよいでしょう。

ただし、売却するタイミングをうかがっているうちに、年式が古くなる、走行距離が増える、キズがついてしまうなどの要因で、買取価格が下がってしまうことも考えられます。自分の状況や必要にあわせて、自分の売りたいタイミングと高く売れる時期が重なれば、その時が愛車売却のベストタイミングといえるでしょう。

おわりに

運転席

今回は愛車をより高額で売却するための方法をみてきました。業者選びから売却時期、方法などをよく考慮した上で、最適な買取を行えるよう工夫してみましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!