車コラム

車検切れの車も買取OK!車検の切れた車を売るときは?

高級車

車検が切れた車を廃車にしようと考える人は多いかもしれませんが、廃車にするためにはお金がかかります。実は、車検切れになった車でも買取してもらうことが可能です。

今回は、車検切れの車を買取に出す場合の大事なポイントを紹介します。





車検切れの車って売れる?

車書類

「車検が切れてしまった車は売れない」と考えている人は多いかもしれません。しかし実は、車検切れの車を買取してくれる業者はたくさんあります。

中古車市場を見ていくと、車検の有無は車買取の査定額にあまり影響がないことが分かります。

事実、車買取業者にとって車検を通しているかどうかはあまり重要なポイントにはならないようです。

一般的な査定基準とされる日本自動車協会(JAAI)が定めた基準内容を確認すると、査定で加点される車は「車検の有効期限が4ヶ月以上あるもの」とされています。

車検の有効期限が3ヶ月以内の車の場合、査定はプラスにもマイナスにもならず、評価に影響しないということです。

車買取においては、車検切れの車も車検が少し残っている車も査定額では大きな違いがありません。それよりも車本体の状態の良し悪しやカラー、需要の有無に重点を置いて査定するのが一般的です。

車検を受けていても、その費用が車買取価格に反映されることはなく、車検切れの車買取でも大きなマイナス要因になることはありません。

ただし、車検を通してからの期間が査定額へまったく影響しないというわけでもありません。

2年丸々車検が残っている状態であれば、プラス査定になることが多いです。期間が長いほど査定時に評価される傾向があります。

しかし、査定額を上げるために車検切れの車をわざわざ車検に通したとしても、車検代がかかってしまうため、損失のほうが大きくなる可能性があることを考慮した方がよいでしょう。

車検切れの車を買取に出す際は、車検は通さずに査定してもらった方がよいと言われることが多いのはこのためです。

車検を通さない方がいい理由

車検にかかる費用は高く、車買取で得る現金より車検代の方が高くなるケースがあります。車検代は軽自動車でも10万前後はかかりますが、車検にかかった費用が必ずしも車の査定額に上乗せされるというわけではありません。

より高く車を売りたい場合は、車検切れを気にするよりも、車をより良い状態で査定してもらうことを意識し、定期的にメンテナンスをしておくことのほうが大切です。

参考までに、車検にかかる費用の内訳についても触れておきましょう。車検代は車検を依頼する場所によって異なります。車検の基本料金とは、車検を依頼した整備工場・ディーラーなどへ支払う料金のことで、代行手数料、検査料、24ヶ月点検整備料などが含まれます。

ディーラーに依頼した場合、車検の基本料が10万円程度はかかります。車種や車の状態によってはさらに加算されることもあります。整備工場に依頼した場合、少し安くなると言われていますが、機器が充実していないと修理できないケースもあるようです。

ユーザー車検と呼ばれる方法もありますが、すべて自分で車を点検・整備し、検査場へ運んで検査してもらうやり方で、手間と技術が必要です。費用は安く抑えられますが、専門知識と技術がない人には難しい方法と言えます。

修理が必要な場合や再検査になった場合、その分も費用を負担しなければならず、あまり効率的とは言えません。

車検切れの車買取は、車検を通してから査定してもらうよりも、そのままの状態で査定してもらった方が結果的にお得になるケースが多いです。

車検切れで動かせない車の処分はどうすればいい?

ミニクーパー

車検切れの車買取で困るのは、車を動かせないことです。公道を走ることができず、買取を利用する方法が分からないという人もいるでしょう。車検切れの車買取にはどういう方法があるのか、また対処する方法についても解説します。

車検切れの車買取は出張査定を利用しよう

公道を走ることができない車検切れの車を動かすことは難しいですが、車買取業者に出張査定を依頼すれば、動かすことなく買取してもらうことができます。

車買取業者の査定士に自宅や勤務先など車を置いてある場所へ来てもらい、その場で査定してもらう方法です。車買取と聞くと業者へ車を持ち込むイメージが強いかもしれませんが、今日では出張査定・買取が一般的となっています。

出張査定を行っている車買取業者を調べて査定依頼をすれば、自分の好きな日時に出張査定してもらうことができます。メールや電話で簡単に予約できるため、利用しやすく大変便利です。

車検切れの車を自分で処分するには?

ここまで、車検切れの車も買取に出した方がお得だという話をしてきましたが、それでも自分で車を処分したいという方もいるでしょう。車買取を利用せず処分する方法についても触れておきたいと思います。

自分で廃車にするには、解体業者での解体処理が必要となりますが、車検切れの車を走らせることができないため、解体業者に引き取りに来てもらうことになります。その費用相場は約1万円です。引き取ってもらった後、工場で解体処理をして廃車となります。

費用を抑えたい人は、仮ナンバー(赤ナンバー)を取得して公道を走行して解体業者へ持ち込むことも可能です。仮ナンバーとは臨時運行許可を得て公道を走るために必要なナンバーのことで、取得費用は1000円くらいですが、市役所で申請する際に申請理由・走行経路などを詳細に説明する必要があります。

手続きをせず車検切れの車を仮ナンバーなしで公道を走行した場合、罰則を受けることになります。違反点数が12点、90日間の免許停止処分、1年6ヶ月以下の懲役または80万円以下の罰金が科せられます。

このように、車検切れの車を廃車にする場合、かなりの費用と時間がかかります。車の出張買取を利用すれば効率的に車を処分して現金化できるため、最適な解決法といえるでしょう。

車を売るのにベストなタイミングは「車検が切れる前」

車おもちゃ

車検切れの車の買取にベストなタイミングはあるのでしょうか。一般的にベストな時期だとされるのが、「車検が切れる前」です。なぜ最適なのか、その理由を紹介します。

まず、車検が切れる前の状態であれば、車買取業者へ直接車を持ち込むことができるというメリットがあります。すぐに現金化したい場合、持ち込みで査定してもらい、そのまま買取してもらえばスムーズに売却できます。持ち込み査定でも出張査定でも、自分が好きな買取方法を選べる点も魅力です。車検が切れた後になると、買取方法の選択肢が狭まります。

また先ほど紹介したように、車の査定額に車検の有効期限があまり関係ないため、車検が切れる直前でも損することなく売却できます。

車検切れの車でも車買取で売却するのがおすすめ!

車の車内

車検切れの車は、廃車にするより売却した方がお得です。売却時に受けられるメリットをみていきましょう。

1,車買取であれば処分(廃車)の費用がかからない

2,車買取を利用すれば車を処分する手間が省け、現金を手にすることができる

3,車検切れ前で走行距離が短い場合は、高い査定額を期待できる

また、毎年4月1日を過ぎると自動車税が課税されてしまうため、車の所有者に納税義務が課せられます。その前に車検切れの車を買取してもらえば、無駄な出費を抑えることもできます。

車検切れの車買取は海外にも需要がある

中古車の需要は日本だけでなく、東南アジアをはじめとする海外全域にあります。走行距離が長く車検切れになってしまった車でも、欲しいと思う人は世界中にいるため、車買取業者は買取ってくれます。

車の再販が難しい場合でもパーツが活用できれば価値があると見なされます。無理だろうと諦めず、車検切れの車でも買取に出してみることをおすすめします。

おわりに

オープンカー

今回は車検切れの車の買取事情についてみていきました。車検切れでもう動かせない車も、出張買取を利用して売却してみてはいかがでしょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!