車コラム

車買取のときスタッドレスタイヤは査定額に影響するの?

車買取のときスタッドレスタイヤは査定額に影響するの?

地域性なども関係してきますが、冬になると必要性が高まるのがスタッドレスタイヤです。

特に、雪道ではスタッドレスタイヤで走ることが法律で義務付けられています。

基本的に、スタッドレスタイヤはオプション品であり、別途で購入しなければいけません。

そのためスタッドレスタイヤを装着している人のなかには、スタッドレスタイヤが査定額にどのように影響するのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、車買取時におけるスタッドレスタイヤの基礎知識とあわせて、査定額に影響する部品やパーツについても解説していきます。





スタッドレスタイヤは査定額に影響する?

スタッドレスタイヤは査定額に影響する?

結論から言うと、車買取のときに、スタッドレスタイヤが査定額に影響することはありません。

オプション品として購入するスタッドレスタイヤは高額であり、装着もしくは所持しているとプラスの評価をしてくれると思っている人も多いかもしれません。

しかし、スタッドレスタイヤは車買取時には関係なく、査定では基本的にプラスにはならないことを認識しておきましょう。

もちろん例外的に、プラスの評価を受けることもあります。

たとえばスタッドレスタイヤの需要が高い地域や、冬前などに売却をすれば査定額にも影響することも考えられます。

気になる方は、売却時にスタッドレスタイヤについて質問してみると良いでしょう。

車買取のときスタッドレスタイヤはどうすればいいの?

車買取のときスタッドレスタイヤはどうすればいいの?

査定額に影響がないスタッドレスタイヤですが、売却時にどのような対応を取れば良いのでしょうか。

答えは一つではなく、いろいろな可能性が考えられます。

車買取時にスタッドレスタイヤはどうすれば良いのか、その対応についていくつかご紹介します。

スタッドレスタイヤ有りはプラス査定?

ご存知の通り、スタッドレスタイヤがあってもプラス査定にはなりません。

査定士がチェックしているのは、タイヤの種類がではなく、タイヤがどのような状態であるかです。

もっと詳しく説明すると、タイヤのインチ数や溝の深さが大きく関係しています。

JAAIが定める査定基準では、タイヤの残り溝は「1.6mm以上」が標準です。

この値を基準として、プラス評価になるのかマイナス評価になるのかで査定額が決められています。

タイヤの状態は査定をする際に、一つの指標であることは覚えておきましょう。

スタッドレスタイヤの買取相場額は?

タイヤの評価は、以下の通りです。

大きさ プラス点(1本あたり)
19インチ 8点
18インチ 7点
17インチ 6点
16インチ 5点
15インチ 4点
14インチ 3点
13インチ以下 2点

上記の点数1点あたり1,000円として計算され、タイヤの残り溝が1.6mm以上で「ひび割れ・偏摩耗」がない良好な状態であれば、プラス査定されることになります。

たとえば、17インチのタイヤがすべて基準値を超えていれば、「6点×4本=24点」で、合計2万4,000円が買取金額でプラスされると認識しておきましょう。

次の車のために取っておく

スタッドレスタイヤ単体で売却する方法もありますが、あまり買取価格は期待できません。

そのため、新しい車に乗り換えることを検討しているのであれば、取っておくことがおすすめです。

また「タイヤ=互換性が悪い」と思われがちですが、車種によっては使える場合もあります。

特に、買取業者が必要ないと感じれば、スタッドレスタイヤを処分するための料金(1,500~8,000円程度)が発生してしまうことも考えられます。

「売る」か「処分する」のかではなく、本当に不要なのかという観点で検討することも大切です。

地域によって査定額に差は出るのか?

地域によって査定額に差は出るのか?

地域によっては、スタッドレスタイヤがプラス評価につながることもあります。

基本的に、スタッドレスタイヤの需要があるのは北海道や東北地方といった降雪地帯です。

これらの地域では、スタッドレスタイヤが付いている車を高額査定してくれるかもしれません。

特に、地域に密着した買取店はプラスの評価をしてくれることがほとんどです。

なぜなら、こういったお店は全国各地で販売するというよりも、そのまま地元で再販しているからです。

スタッドレスタイヤの有無で評価が変わるのかどうか、査定士に確認してみましょう。

査定額が高くなる時期はあるの?

査定額が高くなる時期はあるの?

車を売却する時期によっても評価は異なります。

スタッドレスタイヤの需要が高いのは毎年10月以降です。

こういった時期にスタッドレスタイヤがある車を売却することで、プラス査定をしてくれる可能性は高まります。

どれだけ雪の多い地域であっても、春や夏はスタッドレスタイヤが不要です。

買取店も販売ニーズによって査定額を変えています。

愛車をできるだけ高く売るためには、時期などもしっかり考えると良いでしょう。

査定額に影響する部品やパーツ

査定額に影響する部品やパーツ

スタッドレスタイヤが査定額に影響しないのであれば、他のパーツはどうなのかと不安になっているのではないでしょうか。

オプションは、購入時に付ける部品やパーツにより査定時の評価が違います。

あると査定額アップにつながるものと、無いと査定がマイナスになる部品やパーツに分けてご紹介していきます。

あると査定額アップにつながる部品やパーツ

プラス査定につながる部品やパーツは以下の通りです。

  • カーナビ(純正・社外品ともに)

  • 純正エアロパーツ

  • 純正オーディオ

まず、カーナビはプラス査定になることがほとんどです。

メーカーや性能にもよりますが、数万円程度アップすることもあります。

社外品でも問題ありませんが、純正の方が評価は高いです。

次に、純正エアロパーツもプラス査定になりやすい部品です。

査定項目で明確な基準は記載されていませんが、純正エアロパーツが付属する車のニーズが高いことが影響しています。

また、純正オーディオについてもプラス査定のポイントです。

純正エアロパーツと同じく査定項目に記載されていませんが、上質な音にこだわる人が多いことが影響しています。

無いと査定がマイナスになる部品やパーツ

付属していないとマイナス査定になる部品やパーツは以下の通りです。

  • スペアタイヤ

  • 車載工具

まず、スペアタイヤが標準で装備されている車であれば、スペアタイヤが買取査定時になければマイナス査定になります。

安全上からスペアタイヤは重要なパーツであり、状態もチェックされます。

次に、車載工具はどの車にも標準搭載されています。

そのため、付属されていなければマイナス査定になります。

特に高級車の場合は車載工具も高価であるため、十分に注意しましょう。

これらの部品やパーツは、どれも車のトランクルームや後部座席に付属しているものばかりです。

普段はあまり使わないかもしれませんが、定期的に確認をしておきましょう。

無料査定で自分の車の価値を知ろう!

バイセルなら安全、高額に車買取ができる!

愛車の価値を知るために、まずは無料査定を利用してみてください。

どれくらいの査定額なのかは「年式」「走行距離」「モデル」など、様々な要素が関係します。

インターネットで相場を知ることもできますが、査定を受けてみないと本当の金額は分かりません。

スタッドレスタイヤの価値についても、地域や時期などによって評価が異なります。

自分が乗っている車がいつ売れるのかを想定しながら、無料査定を受けてみると良いでしょう。

まとめ

まとめ

車買取において、スタッドレスタイヤが査定額に影響することはあまり考えられませんが、売却する地域や時期によってはプラスの評価をしてくれることも考えられます。

また、スタッドレスタイヤ以外でもプラス査定になりやすい部品やパーツはいくつかあります。

まずは、自分の愛車がどれくらいの査定額になるのかを確認するためにも、無料査定を受けてみましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!