車コラム

車検切れでも中古車は売れる?車の売却の仕組みやお得な売却方法を紹介

中古車 車検切れ 売る

車検が切れているから廃車にするしかないと考えている人もいるかもしれませんが、実は車検切れの方がお得に車を売るチャンスかもしれません。

ただ、車検切れの車を売却するためには、知っておかなければならない知識あります。

今回は、そんな車検切れの車が売れるのか、どんな点に注意すれば良いのかを詳しく紹介していきます。

間違った知識で販売店に行くと違反の恐れがあるので、必ず一読してから中古車の売却を検討しましょう。





車検が切れても車は売れるの?

車検が切れても車は売れるの?

結論からいうと、車検が切れている中古車でも売ることは可能です。

車検の有無は車に乗るときに重要になります。

車検とは、車が安全に乗れる状態かを検査するものなので、極端な話をすれば、車に乗らなければ車検を受ける必要はありません。

また、車を売る場合でも車検を通さない方がお得な場合があります。

車検の頻度は、新車の初回が3年後に比べて、中古車は2年に1回のペースで行われます。

つまり、中古車は車検回数が多いので、車を売る予定の年は車検をするかを考えて行うように心がけましょう。

ただし、車検の時期によって売却額に反映されることもあることも知っておきましょう。

売却額をよりお得にするためには、車検の時期や具体的な費用も知っておく必要があります。

車検を通してから売却した方がいいの?

車検を通してから売却した方がいいの?

中古車を売るときは車検切れの状態と車検を通した後でどちらがお得なのでしょうか。

そもそも、車検を通した高額のお金がどの程度返ってくるのかも疑問です。

そのため、中古車を売る前に車検にかかる費用と、反映される期間を理解しておきましょう。

車検にかかる費用

車検にかかる費用は普通車と軽自動車で違います。

車検の費用は新車であっても中古車であっても変わらず、軽自動車の相場が約7万円、普通車は排気量によって変わりますが10万円前後となります。

ただし、金額は買取業者やディーラーによって違うので目安として覚えておくと良いでしょう。

また高額な車検を受けても、買取査定の増加金額で、車検代以上の金額が返ってくることは難しいといえます。

それでは車検を通した場合、どの程度買取金額は増加するのでしょうか

車検を通した場合査定額にどれくらい反映されるの?

中古車を売る前に車検に通した場合、車検の残っている期間によって反映される金額が変わってきます。

車検後に残っている期間が1年以上あれば査定額の上乗せが可能です。

しかし、1年以内の場合は売却額に反映されることは基本的にありません。

逆に車検が2カ月以内だと査定額を減額されてしまう可能性もあります。

そのため、車検切れが迫っている状態ならば車検を通さない方がお得だといえます。

また、車検が1年以上残っていても、車検料すべてが反映されることはありません。

車を売るときに必要な書類

車を売るときに必要な書類

車を売るときは、契約に必要な書類があります。

必要書類を事前に用意しておくことで、売却契約をスムーズ行うことが可能です。

また、なくしてしまった書類の再発行にかかる時間や費用も知っておくと、買取査定に出すときに便利です。

そこでここでは、車検切れの車を売るときの必要書類を詳しく見ていきましょう。

①自動車検査証

自動車検査証は、車を購入したときにもらえる書類です。

とても重要な書類で、車の持ち主が誰なのかを証明する役割があります。

この車検証がなければ、中古車を売ることはできません。

運転の際は、常備しなければならないものなので、ほとんどの人が車の中に入れて保管してあるでしょう。

万が一、なくした場合は、運輸支局で再発行してもらえます。

費用は3000円から5000円と高額なので大切に保管しておくことが大切です。

②自賠責保険証

自賠責保険証は、車を買ったときに必ず入る保険です。

この自賠責保険証には有効期限がありますが、中古車を売るときに期限の有無は関係ありません。

基本的に自賠責保険証は、車検証と一緒に保管してあるので紛失の問題は少ないでしょう。

しかし、自賠責保険証の有効期限が過ぎていた場合、車を運転することは禁止されるので注意が必要です。

自賠責保険証をなくした場合は、再発行が必要です。

再発行は保険会社で行えるので必ず連絡し、手元にある状態にしておきましょう。

③リサイクル券

中古車を売るときにリサイクル券を提出するとお得になります。

リサイクル券は、車を買ったときに購入するものです。

リサイクル券がなくても車を売ることはできますが、リサイクル料金が1万円前後発生してしまいます。

そのため、車の売却契約を行う際はリサイクル券を持参するようにしましょう。

④自動車税納税証明書

自動車税納税証明書は、自動車税を支払ったあとに受け取る書類です。

つまり、自動車税を納めていない人は、中古車を売ることができません。

自動車税を支払ったが、自動車税納税証明書をなくした人は軽自動車ならば市町村の役所、普通車ならば税事務所で再発行が可能です。

中古車を売る前に必ず持っておくように用意しておきましょう。

⑤実印

中古車を売るときは、普通車と軽自動車で印鑑の種類が変わります。

まず、普通車を売るときは、実印でなければなりませんが、軽自動車ならば認印でも可能となります。

ただし、認印もシャチハタは無効なので注意しておきましょう。

売却契約をするときの名義変更時には、実印や印鑑証明書も必要になります。

印鑑証明書の有効期限は3カ月以内のものとなりますので期限に注意しましょう

⑥住民票

普通車を売る際には基本的に住民票は必要ありませんが、印鑑証明書と住んでいる住所が違う場合は必要になります。

そのため、車を購入後に引越しをした人は住民票を用意しておきましょう。

一方で軽自動車を売るときは、印鑑証明書がいらないので住民票もいりません。

普通車と軽自動車で準備する書類が違うので、間違えないようにしておきましょう。

車検切れで車が動かせないけどどうすればいいの?

車検切れで車が動かせないけどどうすればいいの?

車検切れの車を売りたいけれど、乗れない状態で困ってしまうケースもあります。

そこでここでは、車検切れで乗れない車を売却する方法を紹介していきます。

出張査定・買取

車検切れで車が乗れなくても、出張査定なら自宅に来てくれるので安心です。

日程さえ合わせれば、販売店に向かう手間も省けるので利便性も上がります。

買取業者のなかには、出張査定後に買取も可能です。

車検切れの車を販売店に持っていく際に、仮ナンバーを借りる費用や手間を考えると出張買取は良い選択だといえます。

また、買取業者が車を販売店に持っていく場合の費用はすべて業者側が負担してくれます。

そのため出張買取を利用することで、車検切れの車をリスクなく売ることができます。

レッカー車などを呼ぶ

車検切れの車を業者にレッカーしてもらえば、販売店に車を移動させることができます。

しかし、レッカーを行うには費用が1万円前後かかってしまいます。

事故などでレッカーを利用できるJAFは車検切れの車は対象外なので、レッカー車を呼ぶ際は、専門業者に依頼するように注意しましょう。

車を売るのにいいタイミング

車を売るのにいいタイミング

車は基本的に年数が経つごとに価値が下がるため、できるだけ早く売った方がお得になります。

しかし、自動車税の前後は注意が必要です。

自動車税は4月1日に車を持っていれば支払い義務が発生します。

そのため、4月1日よりも前に売却を検討した人は、自動車税を支払う前に売った方がベストなタイミングといえるでしょう。

また、車の価値は年式によっても下がります。

そのため、年度をまたいだ売却は損をする原因となるので車を売るタイミングを逃さないようにしましょう。

まとめ

まとめ

中古車を売ることを決めたら、できるだけ早く売却した方がお得ですが、売却金額は業者によって違うので即決は禁物となります。

また、車検切れの車を動かすことができないのも理解しておきましょう。

車検切れで販売店に行くと罰金を取られるケースもあるので注意が必要です。

車検切れの車を売る場合は、コスパの高い出張買取がおすすめとなります。

少しでも高く愛車を売りたい人は、買取業者に出張買取してもらってはいかがでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!