車コラム

車を売るときに必要な持ち物は?必要書類がない場合の対処法を紹介します

車の売却で必要となる書類

さまざまな買取店の査定額を比較して、ようやくどこに売るのかを決定したあなた。

あとは売却の手続きをするだけですが、そもそもどのような手続きをする必要があるのかご存知でしょうか。

基本的には販売店が代行してくれますが、揃えるべき必要書類がいくつかあります。

書類については買取店から指示されたときに用意すれば大丈夫と思っているかもしれませんが、その項目を目の前にして焦ってしまうかもしれません。

そこで今回は、車の売却で必要となる書類をご紹介するとともに、揃えられなかった場合の対処法などについて解説していきます。





車を売るときに必要な持ち物はなに?どの書類が必要なのか【普通車の場合】

車を売るときに必要な持ち物はなに?どの書類が必要なのか【普通車の場合】

車の購入時と同様に、売却するためにも数多くの書類を取り揃える必要があります。

どの書類も簡単に入手することができますが、スムーズに売却の手続きを進めるためにも余裕を持って準備しておくことをおすすめします。

自動車検査証

車の戸籍謄本のようなもので、車が保安基準に適合していることを証明するための書類です。

車検証は車に常に備えているはずなので、わざわざ取り寄せる必要はありません。

ディーラーローンなどが未完済であれば、所有者の名義が販売店になっているかもしれません。

この場合は、移転登録のため所有者を解除する手続きをする必要があります。

自賠責保険証明書

車の持ち主は、自賠責保険に必ず加入しなければいけません。

また、車の売却時には自賠責保険の期限が切れていると車を手放すことは不可能です。

これは、対人の損害を補償するための保険となっています。

また、自賠責保険の期限が切れていると車を手放すことができないため、車検有効期間をカバーした自賠責保険の加入をしておきましょう。

自動車納税証明書

毎年4月1日時点で車検証上の所有者に対して、自動的に掛けられるのが自動車税です。

自動車税を納付したことが証明できる書類が、自動車納税証明書です。

これを納付したことが証明できる書類が、自動車納税証明書となっています。

売却時に必要なので、紛失した場合は各都道府県の税事務所で速やかに手続きを行って発行してもらってください。

実印

市区町村に印鑑登録を行ったハンコのことで、法的な効力を持ちます。

車だけでなく、不動産の購入にも必要です。

住民登録を行っている市区町村の役所で「実印登録」をしておかなければいけません。

登録できる印鑑の規定は自治体によって異なります。詳しくは各自治体のホームページなどで確認してみてください。

印鑑登録証明書

車を売却する場合、譲渡証明書に実印で押印します。

この時に使用する実印は、印鑑証明に登録されているものです。

印鑑登録証明書には有効期限が設けられており、実印の登録を証明するための書類として、発行日から3ヶ月以内のものが必要となります。

基本的に1枚用意すれば問題ありませんが、新車を購入するのにも必要です。

振込口座情報

車を売却する際、すぐに手持ちのお金が欲しいという人もいるでしょう。

一部の店舗では現金手渡しも可能ですが、車買取は銀行振込が一般的です。

基本的には大手買取店で現金手渡しを行っているところはありませんので、振込口座情報を用意しておく必要があります。

逆に現金手渡しを行っている業者は悪徳である可能性も高いため、十分に注意してください。

リサイクル券

リサイクル券は「自動車リサイクル法」で定められたリサイクル料金が正しく収められているかを確認するための証明書です。

中古車として売った場合は、リサイクル料金が戻ってきます。

また、紛失した場合は自動車リサイクルシステムのサイトから「自動車リサイクル料金の預託状況」を使用してください。

軽自動車と普通車で必要な書類は違う?

軽自動車と普通車で必要な書類は違う?

軽自動車と普通車の違いは、譲渡証明書や委任状が不要なことです。

そもそも、軽自動車は普通車とは異なり、国土交通省に登録する必要がない車です。

軽自動車の登録は「軽自動車検査協会」に届出するだけなので、必要書類の数も少なくなっています。

そのため、軽自動車を売却するために印鑑証明書を提出する必要はありません。

契約書に押印することはありますが、実印である必要はなく、認印を持っていれば大丈夫です。

また、売却時とは関係ありませんが、軽自動車は税金関係が安くなるなど、維持費を最小限に抑えることもできます。

最近の軽自動車はスペックも高いため、乗り換えの際の参考にしてみてくださいね。

引っ越しや結婚・離婚をしていた場合

引っ越しや結婚・離婚をしていた場合

引越しにより、車検証に登録された住所が現住所と異なることってありますよね。

この場合、車の所有者であることを証明するための書類が必要となります。

その証明書となるのが役所で発行される住民票です。

2回以上引越しをしているのであれば、戸籍の附票の用意が必要となります。

また、結婚や離婚により苗字が変わってしまったとき。

このときは、車検証に記載されている名前と異なってしまうため、本人であることを証明するための戸籍謄本を提出しなければいけません。

必要書類が見つからない!無くした場合は?

必要書類が見つからない!無くした場合は?

必要書類を失くしてしまった場合でも、再発行することができます。

まず、車検証ですが登録した陸運局で手続きをすることで再発行が可能です。

ただし、手続きには申請書類料金と発行手数料がかかりますので注意してください。

次に自賠責保険証は、保険会社に伝えればすぐに再発行の手続きをしてもらえます。

こちらは無料で再発行が可能ですが、免許証や保険証といった本人確認書類が必要です。

納税証明書に関しても、再発行することができます。

管轄である都道府県の税事務所で手続きをすれば、無料で再発行が可能です。

必要書類以外に用意した方がいいもの

上記以外で必要なものは以下の通り。

・整備手帳

・取扱説明書

・スペアキー

・取り外しの純正品

これらのものがなくても車を売却することは可能です。

なぜなら、売却の手続きをする上で整備手帳や取扱説明書といった書類は必ず必要なものではないからです。

ただし、査定額には大きく影響することは覚えておいた方が良いでしょう。

JAAIが定めている査定基準でも、これらの書類がない場合は減点対象になると記載されています。

整備手帳は再発行することができませんが、取扱説明書はディーラーから取り寄せることが可能です。

少しでも愛車を高く査定してもらうためにも、必要書類は必ず揃えておきましょう。

まとめ

まとめ

車の買取には、さまざまな必要書類を用意しなければいけません。

売却の直前になって準備すると焦ってしまうため、余裕を持って揃えておきましょう。

手元にない場合でも再発行可能なものはありますので、手続きをしっかりと踏んでおいてください。

また、整備手帳や取扱説明書といった書類は必須ではありませんが、査定額に大きく影響するため失くさないように取っておきましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!