車コラム

車の下取り査定価格が0円?諦めないで!ネクストアクションと交渉について

車の下取り査定価格が0円

これから新車の購入を検討中の方は、今の車をどうするか考えますよね。

大抵の人は、新車を購入するディーラーで下取りに出してみようかなと考えるのではないでしょうか。

そこでいざディ―ラーに下取りをお願いすると、「査定額0円だった・・・」という経験はありませんか?

年式が新しかったり、走行距離が少なければ高額で下取りしてもらえますが、古くなればなるほど安くなり、需要の低い車だとなおさら査定額は安くなってしまいます。

ディーラーからすると、仮に買取っても高値で売れない車にお金を出せないので、買取価格が0円になったり、廃車を勧めたりするわけです。

しかし諦めてはいけません。どんな車にも価値はあるんです!事前の予備知識一つで変わる車の査定価格。

この記事を読んで査定価格0円を回避しましょう。

そして、どうせ売るなら1円でも高く買取って欲しいですよね?

今回は、下取り査定で0円と言われた車を少しでも高く売るための方法も併せて解説していきます。





ディーラーの下取りで査定価格0円と言われた・・・

下取りで査定価格0円

車を買い替えようかと下取り査定をしてみると、『値段がつかない』『0円です』と言われてしまったら、ちょっと信じられませんよね。

故障車や壊れた車両なら分かりますが、まだ走るし、どこが悪いか分からない車なら、なぜ値段がつかないのか不思議に思う方も多いのではないでしょうか。

車は、状態やどこに買い取ってもらうかによって『査定額0円』ということもあり得るのです。

でも、下取りの基準や値段がつかない車をどうすればいいかなど、車の下取りのちょっとした知識を持っておくことで、価格交渉を有利に進められたり下取り価格0円を回避したりすることができます。

まずは車の価値について知っておきましょう。

0円はあり得ない?車の価値について

0円はあり得ない車の価値

ディーラーでの下取りの仕組み

下取りとは、購入を検討しているディーラーや中古車販売店で、これまで乗ってきた自動車を引き取ってもらうことを指します。

大抵の場合は有価で買い取ってもらえることから、自動車購入費用の頭金などに充当することができます。さらに、買い替えに伴って前に乗っていた車の売却や入れ替え手続きといった手間を、購入先の販売店で完結できるという利便性が最大のメリットと言えます。

しかし、一見とても魅力的な下取りですが、必ず値段がつくとは限りません。

場合によっては、査定額が0円になってしまったり、逆に廃車にする費用を請求される場合もあります。

下取り価格の決定基準とは

下取り価格は、中古車市場の相場やスクラップ相場、購入車両の値引きマージンなどに左右されます。

下取りした自動車は、大抵の場合、短期間のうちに中古車オークションに出品されます。

そこでディーラーは、その車がオークションでどの程度の価格で落札されるのかを予測し、ある程度の利益を見込んで本来の価値より低めの価格で下取りされるケースが多いです。

ただし、中古車市場において、ほとんど値段がつかない不人気かつ低年式、走行距離の多い修復歴車といった自動車だと、オークションで売れる価格より出品手数料や陸送費用といった経費のほうが上回ってしまい、ディーラー側が赤字になってしまうケースがあります。

その場合は、オークション出品ではなく、解体業者に引き取ってもらうことになります。

通常だと、解体業者は自動車を解体し廃鉄などの金属スクラップを売却することで利益を得ているため、その素材となる中古車を有料にて買い付けています。

ただし、スクラップ相場は日々変化しているものであり、世界的な鉄鋼需要の冷え込みでスクラップ相場が下落しているときには、解体業者側が解体費用を自動車販売店に請求するケースも珍しくありません。

さらに、有料で買い取れない下取り車の場合であっても、購入車両の値引き幅から充当することで、有価での下取りとする場合がありますが、大幅値引きでマージンを使い切っている場合は、有価で下取りできない場合もあります。

ちなみにディーラーの査定はプラス査定がありません。

多くのディーラーは、日本中古自動車査定協会が作成しているイエローブックという本の査定基準を基に下取り価格を決定しています。

そこに記載されている金額から状態で減点していき、最終的な下取り価格が決まります。

状態が悪ければ、値段がどんどん下がり0円になります。

例えば、シートをレカロなどに変更して、ハンドルも社外品に変えていた場合は、純正に戻す金額が査定額から引かれてしまいます。

ダッシュボードに穴をあけてメーターなどを取り付けた場合は、ダッシュボードを換える金額が引かれてしまうというわけです。

ディーラー以外の売却方法

新車を購入するタイミングで、今の車を売りに出すことが多いため、新車の購入先であるディーラーでの売却が一般的でした。

しかし最近では、中古車市場の拡大に伴い、中古車買取業者が増え、ディーラーよりも高く買い取ってくれる業者も増えてきました。

さらに、インターネットの普及により、自宅にいながら数社の概算見積も可能で、より高く買い取ってくれる業者を探して売ることもできます。

0円にならない理由!廃車の価値を知っておこう

中古車として再販

ディーラーや車販売店では、買い取った車を中古車として再販することが目的です。

 

モデルの新しい走行距離の少ない車なら高く売れるため、下取り価格も高値が付きやすです。

 

しかし、車種にもよりますが、10万キロ超えの過走行車や10年以上の経年車は、中古車としての価値がガクッと下がってしまう傾向があります。

費用をかけて整備を行い、中古車として市場に出しても売れる見込みのない車は、走行に問題が無くても、廃車にするしかありません。 ディーラーにとって廃車の車は、お金にならない車なのです。

一方、廃車買取業者は、車の中古部品・パーツを販売することが目的です。中古車両としては無価値でも、タイヤやホイール、バンパー、ガラス、バッテリーなど、まだまだ使える部品が沢山あります。

これらの中古部品は、きれいに洗浄され、エンジンなどの機能部分は専用テスターで検査・合格したものは中古商品とし買取て再利用されます。 ボディなどの金属部分も、鉄やアルミなどに分別し、リサイクルすることができます。

このように車を再販するかパーツにして再販するかにより、まったく異なった買取価格になります。

また、人気車や希少価値のある車の中古パーツは、とりわけ高値で取引される傾向があります。

通常の中古エンジンやトランスミッションの相場はおおむね3万円程度ですが、車種によっては20万円以上するものも存在します。

このほか、中古パーツを分解補修し、状態を良くして再販する「リビルドパーツ」も重宝されています。

廃車を依頼する際に、車を丸ごと潰すだけと思っているのと、パーツを取り外して利益が出せることを知っているのとでは、車を引き取ってもらう際の価格交渉に少なからず影響する可能性があります。

車から取り外したパーツは、単体でも価値を持った「商品」であるのです。

下取りで査定価格0円と言われた時のネクストアクション

査定価格0円からのネクストアクション

それでは、ディーラーでの下取りで査定価格が0円であると言われてしまった場合、少しでも高い査定価格にするためには、具体的にどのように対応するのがベストなのでしょうか。

目的によって方法は二つあります。

一つは、ディーラーでさらなる交渉をするという方法。

もう一つは、車を専門の買取業者に買い取ってもらうという方法です。

車の買取業者に買取をしてもらう場合は、まず買い手側が車の査定を行い査定額を算出します。

 

その後、売り手側が査定額に納得できた場合のみ売買契約書を交わして取引が成立します。

よって、車の価値を査定してもらう点はどちらも共通していますが、その後の査定額で算出した分を自由に使えるか、新しい車の頭金にできるかといった違いがあります。

買取を選択するか下取りを選択するかは、その後のお金の使い道で決めるのも良いですが、買取には査定額の面でもメリットとなることが多いので知っておきましょう。

次に、下取りで0円を回避するための交渉方法や、買取のメリットを紹介します。

下取りが目的の場合は”交渉”が必須

ディーラーとお客への交渉

下取りで0円と評価された場合は、「値引き額か下取り額を増額しない限り、他の自動車販売店で車の購入を検討する」と伝えましょう。

ディーラー側からすれば新車登録台数が生命線ですので、新車が購入してもらえないという状況は死活問題になってしまいます。

そのため交渉次第では間違いなく0円ではなくなるでしょう。

また、ディーラーの下取り価格というのは、かなり自由度があります。

そもそも、新車の見積もりは、見積書の項目が複雑にあり、あらゆる形で柔軟に見積もりの内容を変えることができます。

購入車両の価格が高いなと思ってるお客さんに対しては、本体の値引き額を増やしたり、下取り価格を吊り上げることや、他の数字で上手く帳尻を合わせるなどをして、お客さん毎に対応を変えています。

そのため、例えば3万円の価値がある車両なのに0円と言われることもありますし、廃棄するしかないのに3万円の値が付けられているケースや、実際にお客さんとの交渉が局面になると、0円と言っていた下取りが5万円になるということも少なくありません。

下取り価格は、ディーラー側からすると、新車購入のお客への交渉手段となるわけです。

下取り査定を受けるのであれば、「購入しない」という選択肢をちらつかせ、下取り価格を吊り上げましょう。

売却が目的の場合は”買取店”を利用する

買取のメリットは、なんといっても高額査定を引き出せることです。買取店はメーカーや年式、走行距離に関係なく、最大限の査定をするのが本分です。

そもそも、街にたくさんある中古車販売店は、お客さんから「こんな中古車が欲しい」と相談を受け、その要望にマッチする車両を買い取る(仕入れる)ことが多々あります。売れる中古車をどれだけ揃えられるかが、勝負なのです。だからこそ、下取りという「待ち」の姿勢よりも積極的に中古車を集める買取専門店が生まれました。

買取専門店は「買い取れないくらいなら利益を抑えて高額査定を」と考えます。相見積もりを取っていることを伝え、交渉することで買取価格を引き上げることも可能です。

そんな「買取り」のデメリットは、次の車に乗り替える場合、今乗っている車を売却するタイミングをよく考えないと、車に乗れない空白期間ができてしまうことです。

また、新しい車の納車寸前に買取りに出すと、査定額が確定する前に新しい愛車を購入することになるので、資金計画を立てにくくなります。

 

そのため売却する場合は、スケジュールを組んで計画的に進めましょう。

ディーラーで0円と言われた車を高く買い取ってもらうために

査定価格0円の車を高く買い取ってもらう

下取りや買取で取引される中古車は再販が目的です。年式の新しい車や人気のある車は、買い手も多いことが見込まれるので、当然ですが査定額も高値が付きやすいです。

しかし、年式は新しくても走行10万km以上の車は、査定額の下がる大きな要因となります。また、車の骨格まで損傷してしまった事故車(修復歴車)は、今後どのような不具合が起こるか分からないという不安もあり、買い手がつきにくく、査定額はガクンと落ちてしまいます。

しかし、年式は古くても人気のある車種というのも存在します。

その年代の形が一番良かった、というような隠れた人気車種の場合は、オークションで意外と高く売れたりします。

買い手ありきで、需要と供給のバランスがありますので、大切に乗ってきた車なら、そういったマニアックな市場も調べてみる価値はあるかもしれません。

加えて近年では、海外輸出を目的とした車買取り業者も増えてきました。

なかなか査定額が付かない車でも、海外に販路を持った買取業者なら、意外に高値で買い取ってくれる場合もあります。

次に、どんな車の売却でも共通して使える少しでも高値で買い取ってもらうためのコツをご紹介します。

複数社で買取査定を受ける

買取店の査定

ディーラーで0円と言われた車が本当に売れないのかは、買取店の査定を受けることで判断できます。

また、買取店で数万円の査定をもらうことができれば、それを下取り価格の交渉に使うこともできますし、その額に納得できたならそのまま買取店へ売ることもできます。

買取店利用の際には、複数社を競合させた相見積もりをしましょう。なぜなら、他社の見積り価格を伝えておくことで、初回査定時に0円を提示される可能性を回避できるからです。

実際の流れとしては、車買取店を訪問、もしくは出張査定を受けた際に、他社への買取の可能性を匂わせつつ、自分の希望買取価格を提示します。

それを複数社で繰り返します。こうすることで車買取店が再販する際の利益スレスレの限界価格まである程度近づけることができます。

ここからが大詰めです。

総額がキリの良い数字になるような値段を言い、「その値段で買い取ってくれれば決めます」と言うと良いです。

営業マンからすれば数千円で契約を成立できるのですから、ここは容易に吊り上げることができ、結果的に「最高額+α」で車を売却することができるでしょう。

また査定を受ける業者の数ですが、結論、多いに越したことはありません。

目安としては5社程度を訪問すれば、売却予定の車の買取に力を入れている業者にあたる可能性が高いのですが、あくまで満足できる価格を提示してもらえるまで妥協はしないほうが良いでしょう。

もちろん手間や時間との兼ね合いもありますが、0円と評価された車をより高額に売却したいのであれば迷わず複数社を競合させましょう。

一括査定で買取店を決定する

>一括査定で買取

一括査定とは、インターネット上で売却予定の車種や年式等の情報を入力することで近隣の車買取店複数社に査定依頼ができるサービスのことです。

また一括査定に登録している車買取店の大半は無料の出張査定サービスに対応している場合がほとんどですので、自宅で査定してもらうことも可能です。

自分の足で複数の車買取店をまわる面倒が無くなり、労力を最低限に抑え短時間での買取確定も可能になります。

手間をかけたくない方や時間がない方は、ぜひ利用してみてください。

おわりに

0円と評価された車を高価格で売却する

今回は0円と評価された車を高価格で売却するための方法について解説してきました。

以前愛車の下取り価格を低く評価されてしまったことがある方には朗報だったのではないでしょうか。

  • ・0円と査定されても諦めないで交渉する

  • ・複数社を競合させ、できるだけ金額を吊り上げる

  • ・時間や労力を最小限に抑えられる「一括査定」を利用する

これらのポイントをしっかりと押さえておきましょう。

そうすれば、あなたの愛車の価値をさらに高めることができるかもしれません。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!