車コラム

中古車買取時でもリサイクル料は発生する!?売るときは返還してもらえるのか?

リサイクル中古車買取

車を購入するときは、「リサイクル料金」を支払わなくてはなりません。

これは2005年から施行されている「自動車リサイクル法」という法案で定められており、新車を購入する際には必ず支払う必要があります。

しかし、中古車の場合はどうなのでしょうか。

リサイクル料金がすでに支払われた車を買い取るのなら、もう払う必要はないようにも見えます。

また、車を廃車にせずに売るのなら、リサイクル料金は戻ってきても良さそうです。

ここでは、わかりにくいリサイクル料金と中古車買取について詳しく説明します。





知ってた!?中古車購入時もリサイクル料金は必要なケースが多い!

知ってた!?中古車購入時もリサイクル料金は必要なケースが多い!

そもそもリサイクル料とは?なぜ中古車でも必要?

リサイクル料金とは、2005年から施行された「自動車リサイクル法」によって定められた、車の廃棄処分のための費用です。

車はたくさんのパーツからできており、フロンガスやシュレッダーダストなど、適切に廃棄処理しないと環境に悪影響を及ぼすものも多く含まれています。

これらの処理費用にはたくさんのコストが掛かるため、車を所持する人はあらかじめ処分する費用を支払う義務があるのです。

中古車の場合、以前の所有者がすでにリサイクル料を支払っていることが多いです。

それならば、中古で購入した場合ならリサイクル料の支払いは不要にも見えます。しかし、中古車の場合「車検が切れている」といったケースもあります。

車検は車に乗るうえで必ず必要なものであり、この時点でリサイクル料金を納付する必要があります。

また、以前の保有者が車を売る際、リサイクル券を売却していることが一般的です。

そのようなケースでは、次の購入者が再びリサイクル購入しないと車に乗ることができません。

車の購入時には絶対必要!「リサイクル券」とは

車を購入する際には必ず支払う必要があるリサイクル料金ですが、それを支払った証明書が「リサイクル券」です。

リサイクル券は車を廃棄処分する際に必要となる証明書なので、普段から頻繁に出番があるわけではありません。

そのためどれがリサイクル券なのか分からない人も多いでしょう。

リサイクル券は「預託証明書」と記述されており、車名やリサイクル番号が載っています。

重要書類として扱われるため、多くの場合は車を購入した際には車検証と同じ場所に保管されています。

基本的にリサイクル券は紛失してしまうと、再発行することができませんが、万が一紛失してしまった場合、自動車リサイクルシステムの公式サイトから「料金の預託状況」を印刷することで、リサイクル券として利用することができます。

どの車も基本的にリサイクル料は払っている

リサイクル料金は、車を運転する人なら基本的に支払っていることが多く、納付は車1台につき1度きりです。

つまり、車購入時にリサイクル料金を支払えば、その車に乗っている限り、もう納付する必要はありません。

ただし中古車の場合、ケースによってリサイクル料金を支払うときとそうでないケースがあります。

まず「リサイクル券がない」「車検がきれている」といった中古車の場合、購入する際にリサイクル料金を支払う必要があります。

逆に、中古車であっても「リサイクル券が付いている」といった中古車の場合、前の保有者がリサイクル券を買い、そのままの状態で車を売却しているため、次の保有者がリサイクル券を再び購入する必要はありません。

中古車のリサイクル料、その具体的な金額は?

中古車のリサイクル料、その具体的な金額は?

リサイクル料金は、新車であっても中古車であっても、基本的に変わることはありません。

具体的な金額は車の車種やグレードによって違います。

リサイクル料金は、フロンガスなどの充填量、エアバックの個数、シュレッダーダストの種類などよって決まっています。

これらの部品が多ければ多いほど処理にはコストが掛かるので、グレードが高い車ほど金額は高いといえます。

リサイクル券の平均的な相場は6000~1万8000円程度です。

もう少し具体的に見ていくと、軽自動車などのコンパクトカーの場合7000円~1万6000円程度、普通自動車で1万円~1万8000円程度、中・大型トラックは1万円~1万6000円、そして大型バスといった特別車両の場合は4万円~6万5000円程度のリサイクル料金が掛かります。

これから車を購入する予定があり、どの程度リサイクル料金が掛かるのかもっと詳しく知りたい場合は、自動車リサイクルシステム公式HPにある、リサイクル料金検索をチェックしましょう。

車種によってエアバックの個数やエアコンの状態が違うので、それにより具体的な金額が決まっています。

また、料金にはリサイクル料金の管理に必要な費用である資金管理料金380円と、使用済みの車の引取や引渡しの情報管理に必要な費用である情報管理料金230円が必要となっています。

車を業者に売却!廃棄しないならリサイクル預託金は返還される?

車を業者に売却!廃棄しないならリサイクル預託金は返還される?

車を買い替える場合、リサイクル料金は戻ってくる?

車を下取りに出して新しい車に買い替える場合、リサイクル料金が個人に返還されることはまずありません。

車を廃車にするのではなく、あくまで下取りに出すのになぜリサイクル料金が戻ってこないのか。

それは、車を下取りしてくれるディーラーが、査定見積もりのなかにリサイクル料も含んで計算しているからです。

たとえば、愛車を下取りに出して見積もり金額が50万円だったとします。

じつはこの50万円は車の価値単価だけではなく、返金するリサイクル料も含まれていることが多いのです。

ただ、ディーラーによっては、リサイクル料金を別に支払うこともあるようです。

店舗によっても対応が違うので、車を売る際にはリサイクル料金の返金について確認すると良いでしょう。"

車を売却する場合はどうなる?

車を買い替えるのではなく、不要になったので売るといった場合、一般的にはリサイクル料金は戻ってきます。

リサイクル料金は、基本的にその車を最終的に保持している人が支払います。

そのため、車を処分するのではなく、誰かほかの人に乗ってもらうために売却した場合は、リサイクル券も同時に売ることになり、料金は手元に戻ってきます。

車を売る際には車両本体価格だけでなく、「リサイクル料金」がきちんと支払われているのか確認することが重要です。

逆に車が売れず、自分で廃車する場合には持っているリサイクル券を使うことになります。

もし、車検が切れていてリサイクル券がない車を廃車するのであれば、リサイクル料金を整備工場や解体業者に納付する必要があります。

実はややこしい!?リサイクル料と消費税の関係

実はややこしい!?リサイクル料と消費税の関係

リサイクル料金に消費税が掛かるかどうかは、購入時や売却時によって違いがあります。

まず「車を購入した際」のリサイクル料金ですが、この時点では非課税となります。

リサイクル料金は、シュレッダーダスト料金・エアバッグ類料金・フロン類料金・情報管理料金といった細かな内訳があります。

これらは自動車を廃棄するときの「役務提供」を受けるための費用であり、購入時点では課税対象外となります。

ただし、預託した資金の管理手数料である資金管理料金については、課税対象です。

そして「車を売却した際」のリサイクル料金ですが、これは車と一緒にリサイクル券もディーラーなどに譲渡することになります。

これは「金銭債権の譲渡」とみなされ、消費税は掛かりません。

ただし、2014年の税制改正により、課税売上割合の計算上、金銭債権の譲渡額については、その5%を分母の額に算入されるようになりました。

最後に「車を廃車にする際」のリサイクル料金は、消費税が掛かります。

車を廃棄した時点で役務提供を受けることになり、課税仕入れとなるのです。

このように、リサイクル料金に関する消費税は購入時や廃車するときで違いがあり、管理費だけは課税対象といった複雑な内容になっています。

中古車購入時にも、リサイクル料金には注意しよう!

中古車購入時にも、リサイクル料金には注意しよう!

リサイクル料金は新車であれ中古車であれ、基本的に購入者が支払わなくてはならないお金です。

また、車を売却するときは戻ってくるものだと覚えておきましょう。

そして、車の購入金額や売却金額と比べると、リサイクル料金はおよそ1万円前後と少額になっています。

そのため、知識がないと、この料金が査定額に含まれるのかどうか忘れてしまうこともあります。

車を売買するときは、リサイクル料金がどうなっているのか必ず確認することが大切です。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!