車コラム

リコール車でも査定や買取はできるの?リコール車の取り扱い

リコール車の取り扱い

リコール車は一般的な中古車よりも低い評価になると思われがちです。

リコール車の扱いになったとしても、オーナーに責任があるわけではないのですが、購入する側からみれば不安が残ります。

  

そのため、中古車買取に出したとしてもあまり高く売れないのではないかと考える人も少なくありません。

そこでこの記事では、リコール車の取り扱はどのようになるのか、より高く買い取ってもらうためにはどのような方法を選べばよいのかなどについて見ていきます。





リコール車の定義

リコール車の定義

リコール車とは?

リコール車はメーカーが自動車の設計や製造において問題を発見した時、トラブルを未然に防ぐために回収や修理を行う対象となった車両のことです。

大きい問題を抱えている時にはリコール車となりますが、比較的軽微な内容については改善対策やサービスキャンペーンなどになるケースも見られます。

これらはメーカーのミスで生じたトラブルですので、回収及び修理にかかる費用を負担する必要はありません。

また、メーカーはリコールの内容や対象範囲などを国土交通大臣に届け出る必要があります。

設計ミスなどの場合には同タイプのモデルが広範囲にリコール対象となりますし、工場ごと、あるいは時期ごとのミスであれば限られたロットの車両のみが対象となります。

リコール車とは?

リコール車はメーカーが自動車の設計や製造において問題を発見した時、トラブルを未然に防ぐために回収や修理を行う対象となった車両のことです。

大きい問題を抱えている時にはリコール車となりますが、比較的軽微な内容については改善対策やサービスキャンペーンなどになるケースも見られます。

これらはメーカーのミスで生じたトラブルですので、回収及び修理にかかる費用を負担する必要はありません。

また、メーカーはリコールの内容や対象範囲などを国土交通大臣に届け出る必要があります。

設計ミスなどの場合には同タイプのモデルが広範囲にリコール対象となりますし、工場ごと、あるいは時期ごとのミスであれば限られたロットの車両のみが対象となります。

自分の車がリコール対象なのか知る方法は?

自分が所有している車が、いつリコール対象になるのかは誰にもわかりません。

メーカーで問題が見つかった時に、その都度国土交通省への届け出や回収・修理などを行うため、昨日まで問題ないと思われていた車が突然リコール車になることもあり得るのです。

一般的には、メーカーが問題を発見した時に国土交通省へ届け出を行い、それを受理した国土交通省が対象車両の所有者に直接通知を行います。

また、メーカーから直接案内が届くケースもあります。

ただし、住所を変更している人、中古車を購入した人などは通知を受け取れないこともありますので、ニュースなどで所有している車がリコール対象になったという情報を見つけたら、メーカーに問い合わせたり、メーカーや国土交通省のサイトでリコール情報をチェックしたりしましょう。

リコール対象とわかった時の対応は?

自分の車がリコール対象とわかった時には、早めに近くのディーラーに連絡をして、修理予約をいれます。

台車が必要な時には手配してもらえますし、修理費用もかからないため、早めに手続きをするに越したことはありません。

なかには、リコール対象であると分かっていても放置しているオーナーがいますが、この場合、万が一事故を起こした時にはメーカー側ではなく、リコールの対応を怠っていた運転者自身の責任になるため、注意が必要です。

リコール車は査定してもらえる?

リコール車は査定してもらえる?

「リコール車=欠陥車両」と認識している人もいますが、きちんと修理をしていればリコール車であっても査定をしてもらえます。

リコールの情報はオーナーだけでなく中古車買取業者やディーラーも把握していますので、修理に出しているのかの確認はあるものの、査定に出した時点で問題がないと判断されれば通常の中古車同様に査定が受けられるのです。

なお、仮にリコールの情報を得ていなかった、予定が合わずに修理に出していなかったという状況であっても、査定を拒否されることはありません。

リコールは無償で修理が受けられるため、後日確実に修理に出すのであればそのつもりで査定をしてもらえます。

仮にすぐに買取をしてもらう場合であっても、ディーラーに修理に出す手間が増える分を差し引いて査定をするところがほとんどです。

リコール車は安く査定される?

リコール車は安く査定される?

リコール車は修理に出したという経歴がつく以上、事故車両のように査定額が下がるのではないかと考える人も多いです。

しかし、内部でどのような破損や劣化が生じているのかが班滅しづらい事故車両とは異なり、リコール車はあらかじめ問題点が分かっており、それを改善したものと取り替えているため、リコール対象者だからといって査定額を下がることはありません。

ただし、中古車は需要に応じて買取金額を決めています。

そのため、頻繁にリコールが行われている車両や特に危険性の高いトラブルによるリコールであった場合、その車両を欲しがる人が減って買取金額が下がるというケースはあります。

車の売却を検討している時には、二度目、三度目のリコールが生じる前に買取に出すことでこのような需要の減少による買取額の低下を防げるでしょう。

リコール対象者でない場合も、登録年数が新しい、車検まで日数がある、走行距離が短いなどの車は高額買取になりやすいです。

リコール車を売却する方法は?

リコール車を売却する方法は?

買取とは?メリットとデメリット

買取というのは、ディーラーとは無関係の中古車買取専門業者に売却する手続きのことです。

メリットとしては、業者によって需要のある車両が異なるため、自分が所有している車を必要としている業者が見つかれば、かなり高い金額で売却できる点です。

また、業者間での価格競争も激しく、一般的に下取りよりも高い金額になるケースが多く見られます。

業者探しや査定額の比較もずいぶん簡単になっており、オンラインで利用できる無料の見積サービスでは、車の車種や走行距離などの簡単な情報を入力するだけで、業者から簡易見積もりの連絡が届きます。

実際に査定をしてもらってから買取に出すかどうかを決めるという流れです。

デメリットとしては、納得いく金額が提示されるまで業者とのやり取りを自分でしなければならず、手間がかかるという点です。

下取りとは?メリットとデメリット

下取りというのは、新車を購入する際にそれまで乗っていた車をディーラーに買い取ってもらう手続きです。

メリットとしては、新車の購入と中古車の処分を一括で行えるため、手間がほとんどかからないという点が挙げられます。

また、同じメーカーの車であれば、リコールに関しても詳しい情報を持っているため、一般車両と同じような手続きだけで引き取ってもらえます。/p>

手間がかからない一方で、デメリットとして買取金額を争う相手がいないため、業者の買取と比べると安い査定額になりやすくなっています。

車の購入と連動していることもあり、ディーラーの提示金額に従わざるをえないケースも少なくありません。

ただ、ディーラーによっては新車の割引額に上限が設けられており、下取り金額を高くすることで実質大幅な割引にするといったケースも見られます。

手間より金額を重視するなら買取がおすすめ

手間より金額を重視するなら買取がおすすめ

買取は下取りに比べると自分で業者を探したり、立ち合いをしたりと手間が増えます。

しかし、その分高い金額で買い取ってもらえる可能性が高くなります。まずはオンラインで業者を探し、簡易見積もりで金額を比較することも可能です。

バイセルは簡単に見積もりが出せるだけでなく、無料の出張査定もあります。週末に買取店に持っていくのが難しい人は、自宅まで出張してくれるバイセルを利用してみてはいかがでしょうか。

リコール車もやり方次第で高額買取が可能!

リコール車であっても、中古車として売却する時には大きな問題なるとは限りません。

とはいえ、できるだけ高い金額で買い取ってほしいと思うのであれば、早目に修理に出して問題点を解決し、需要が高いうちに買い取ってもらうことが重要です。

また、同じ状態の車両であっても、見た目のきれいさや付属品の充実度などは査定額に大きく影響します。

元々が高額な品物ですので、わずかな違いで大きな金額になることも少なくありません。

車両の清掃、説明書などの付属品のチェックは持ち込み前に必ず行いましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!