車コラム

中古車の売却、乗り換えの時期はいつがいいの?必要なものは?

中古車 乗り換え 売却

新しい車に乗り換えたいという人は、少しでも購入資金を浮かせるため中古車の売却を検討している人も少なくないのではないでしょうか。

とは言っても、初めて車の乗り換えをする場合、どんな手続きが必要なのか不安に感じる人もいるでしょう。

この記事では、どのような流れで中古車の売却や乗り換えを行えば良いのか、乗り換えのタイミングはいつが良いのか、売却時に必要なものなど、様々な疑問についてお答えします。

中古車の売却や乗り換えをスムーズに進めていきましょう。





中古車を乗り換えるときの流れ、手続き

中古車を乗り換えるときの流れ、手続き

新車購入時と同様に、中古車を乗り換える際も流れがあります。

とは言っても、とてもシンプルなものなのであまり難しく考える必要はありません。

それでは簡単に乗り換えの流れ・手続きをご紹介します。

①乗り換えの検討、車の相場を知る

中古車の売却・購入には相場が存在します。

いくら中古車と言っても、決して安い買い物ではありません。

予算をどれくらいに設定するかも大切ですが、まずは車の相場を確認しておきましょう。

いま乗っている車がどれくらいの価値があるのかは、インターネットである程度の情報を仕入れることができます。

そこから、購入予算を割り出してみてください。

②乗り換える車種を選ぶ

どんなタイプの車を必要としているのかを考えてみましょう。

軽自動車や普通車からはじまり、目的や用途に合わせて車種選びをしてみてください。

メーカーや大きさ、燃費など、こだわり方は人それぞれでしょう。

最初に設定した予算と照らし合わせることも忘れないようにしましょう。

また、車によって装備やオプションの違いなどもあるため、細かくチェックしておくことが大切です。

③見積依頼をする

どの車種を購入するか決まったら、販売店に見積もり依頼を出します。

これと同時進行で、いま乗っている車の査定依頼も出してください。

購入と売却先は別々のお店でも問題ありませんが、キャンペーンなどでお得になることもあります。

また、見積もりの査定基準については自分自身でしっかりと把握しておきましょう。

自身が納得する金額で購入・売却を決めることをおすすめします。

④購入・売却の決定

乗り換えるなら、多くの人が少しでも安く購入したいと考えるでしょう。

とは言っても、商談が苦手という人もいます。

もし交渉が苦手な人は、「いまここで決めたらいくら?」と聞くのも一つの手です。

担当者にもあなたが本当に売りたい・買いたいと考えている気持ちが伝わり、プラスアルファの対応をしてくれるかもしれません。

⑤必要書類の準備

詳しくは後述しますが、車の購入・売却にはさまざまな書類が必要になります。

ただし必要書類は販売店から言われた通りに用意すれば問題ありません。

役所などで入手しなければいけない書類も多いため、しっかりと確認しておいてください。

また、手続きの時間を最小限に抑えたいという人も少なくないでしょう。

そういった場合は、購入・売却を決めた時点で書類を用意しておくと、スムーズに進めることができます。

⑥車の名義変更を行う

名義変更とは、車の持ち主を変えるための手続きです。

車の売却や、新しく車の購入をする場合には、車の名義変更を行わなければいけません。

とは言っても、販売店が代行で手続きをしてくれることがほとんどですので、必要な書類に関してはすべて指示に従って用意するようにしましょう。

また、少しでも代行手数料などを抑えたいのであれば、名義変更は個人でも行うことが可能です。

⑦納車と売却車の引き渡し

すべての手続きが完了すれば、納車日を迎えるだけです。

納車する際には傷やヘコミなどはないか細かくチェックしてください。

納車後のクレームは対応外となるケースも多く、自分の目でしっかりと確認しておきましょう。

また、納車と同時に売却車の引き渡しも行います。

引き渡し後の数日~1週間程度で売却額が指定の銀行口座に入金されますので、忘れずに確認してください。

中古車を売るときの必要書類

中古車を売るときの必要書類

中古車の売却に必要な書類は、以下の7点です。

  • 自動車検査証

  • 自賠責保険証明書

  • 自動車納税証明書

  • 実印

  • 印鑑登録証明書

  • 振込口座情報

  • リサイクル券

軽自動車の場合は実印と印鑑登録証明書は不要です。

用意するのに時間のかかる書類もあるため、しっかりと確認しておきましょう。

簡単に揃えることができる書類

以下のものは、簡単に揃えることができます。

  • 自動車検査証

  • 自賠責保険証明書

  • 自動車納税証明書

  • 振込口座情報

  • リサイクル券

大体の人は、これらの書類は車のダッシュボードに入っているのではないでしょうか。

特に自動車検査証と自賠責保険証明書は法律により、携帯が義務付けられています。

もしも不携帯の場合は、車検証だと50万円以下、自賠責保険証明書だと30万円以下と、それぞれ罰金が科されることになりますので、十分に注意してください。

他の書類に関しては不携帯でも法律違反とはなりませんが、すぐに用意することができるように保管しておくことをおすすめします。

車検証を紛失した場合は、再発行の手続きをする必要があります。

管轄の陸運局で手続きをすることができますが、再発行には半日程度かかります。

さらに、時間がかかるのが自賠責保険証明書の再発行です。

手続きは保険会社に再発行の依頼をするだけですが、最短でも依頼した翌日、長くて1週間程度待たされることがあるので注意してください。

集めるのに時間がかかる書類

以下のものは集めるのに時間がかかる場合があります。

  • 実印

  • 印鑑登録証明書

実印はすぐに用意できるかもしれませんが、印鑑登録証明書は役所で手続きをしないといけないため、平日は仕事で出向くことが難しい人などは、余裕を持って用意しておくようにしてください。

また、印鑑登録証明書には有効期限が設けられています。

実印の登録を証明するためのものとして、発行日から3ヶ月以内と決められていますので、注意しましょう。

車がお得に売れる時期

車がお得に売れる時期

車の売却には最適なタイミングが存在します。

ここで注目しておきたいのが、中古車の需要です。

中古車の市場価格は同じモデル・同じ走行距離でも、時期によっては買取査定額に差が出ることも少なくありません。

中古車が高く売れる時期は1~2月とされています。

なぜなら、毎年3月は新しく車を購入する人が多く、販売店もその時期に備えて在庫を確保したいと考えているからです。

また、ほとんどの販売店が3月に決算を迎えることも理由のひとつとしてあげられます。

これと同様に、半期決算を迎える9月も買取相場が上がるタイミングとして見逃せない時期となっています。

車をお得に売却するために査定基準を把握しておこう!

車をお得に売却するために査定基準を把握しておこう!

車の乗り換えを安く済ませるためにも、いま乗っている愛車はできるだけ高く売りたいと考える人は多いでしょう。

中古車の買取査定額を決める要素はいくつかあります。

ここでは、その中でも欠かすことができないポイントをいくつかご紹介します。

走行距離

走行距離5万kmを超えると買取査定額が落ちる。

こういった予備知識を持っている人も少なくないでしょう。

実際に、中古車の査定を行う上で走行距離がどれくらいなのかということは重要な指標となってきます。

とは言っても、年数は経過しているのに走行距離が少ない場合、評価されないこともあります。

また、日本車は海外でも性能が良いと評判であり、中古の過走行車であっても需要があります。

走行距離が不安な人は、海外に販売ルートを持つ業者への売却を検討するのも一つの方法です。

購入してからの年数

中古車は年数が経過するとともに買取査定額も落ちる。

こちらに関しても、ほとんどの人が予備知識として持っているのではないでしょうか。

いま乗っている車が何年目なのかは、車検証の初年度登録から確認がすることができます。

基本的な考えとして、車の値下がり率は「年に30%程度」です。

つまり、新車で500万円だった車は、6年目には60万円まで価値が下がってしまうことになります。

とは言っても、あくまでもこれは目安に過ぎません。

中古車の買取査定額は様々なポイントから決定されます。

人気車種であれば、想像以上の査定額が付くことも少なくありません。

人気モデルかどうか

トヨタ・プリウス、ホンダ・フィット、日産・ノートなど、これらは人気モデルとして知られています。

先ほど、中古車の需要について解説しましたが、これらの車種は需要の高いものばかり。

つまり、買取店としてもできるだけ在庫を抱えていたいと考えています。

そのため、人気モデルであれば自然と買取査定額をアップさせることが可能です。

ただし、注意しておきたいのがカラーです。

いくら人気モデルと言っても、需要が少ないカラーは買取査定額が下がってしまうこともあるので覚えておいた方が良いでしょう。

車両の状態は問題ないか

内装や外装がキレイな状態であるかどうかも、買取査定額に大きく影響します。

たとえば、内外装がお世辞にもキレイとは言えない車と、内外装がしっかりと整備されている車。

どちらの車の方が評価としては高くなるのでしょうか。

答えは言うまでもありません。

この2つの車が同じ走行距離、同じ年数だったとしても、買取査定額には大きな差が出てしまうことも十分に考えられます。

車両の状態というのは、それだけ大きな影響を与えるだけの要素です。

常日頃から、車の点検・整備は怠らず、少しでも「買いたい」と思わせる状態にしておきましょう。

まとめ

まとめ

車の乗り換えは、決して難しく考える必要はありません。

必要書類は少し厄介に感じるでしょうが、どれも簡単に揃えられるものばかりです。

ただし、中古車の売却をする際の査定額や、新しい車の購入額に関しては慎重に進めましょう。

少しでもお得に乗り換えを行うためにも、しっかりと査定の知識を頭に入れておきましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!