車コラム

中古車の売却・購入に必要な書類とは?必要な手続きと流れをご紹介

中古車特有の手続き

中古車の売却・購入には中古車特有の手続きや必要な書類、流れがあります。売却や購入に踏み切る前に、それらの知識を備えておいたほうがスムーズに取引を進められる可能性が高いでしょう。

今回は中古車の売却・購入に求められる可能性が高い書類を皮切りに、手続きや流れについてご紹介いたします。中古車の売却や購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。





中古車売却の手続きの流れ

中古車売却の手続きの流れ

1.売却の方法を決める

中古車売却における最初の手続きは、売却の方法を決めることです。買い替えにおける下取りにするのか、買取店に売却するのか、オークションに出品するのかなど方法は多様化していますが、一般的に買取店を利用すると査定額が高くなる傾向にあります。

2.買取店を探す

その後買い取ってもらう店舗を探し、気になる買取店が見つかったら連絡しましょう。どの買取業者を選ぶかによって買取金額にも違いが生じるので、慎重に業者を選ぶ必要があります。

3.査定をしてもらう

買取店のスタッフに来てもらうか、予約をした日にちに自身で車を持ち込み、査定をしてもらいます。事前に所有している車の売却相場を調べておくと、査定額の目安にもなりますので、リサーチを入念にすることが大切です。

4.書類の記入と提出

査定額に満足したら、事前に用意した必要書類の提出、スタッフから手渡される譲渡委任状に記入をして取引成立です。事前に準備できる書類は車の売却を決めたタイミングで用意しておけば、査定後の手続きもスムーズに進みやすいので、準備しておきましょう。

5.車両を引き渡して入金を待つ

最後に車両を引き渡し、査定額を振り込んでもらい完了となります。一般的な流れは以上となりますが、必要な手続きや書類が多いので、用意するのを忘れてしまわないよう注意が必要です。

中古車の売却に必要な書類とは?

中古車の売却に必要な書類

中古車の売却に必要な書類は、軽自動車と普通車で異なる点があります。それぞれご説明しますので、所有している車に応じて必要書類を揃えてください。

普通車の売却に必要な書類

普通車の売却で用意すべき書類は四種類です。自動車検査証(車検証)と印鑑登録証明書、自賠責保険証明書と自動車納税証明書が必要になります。

それぞれ手元に保管してあれば問題ありませんが、紛失している場合は事前に再発行しておきましょう。

その他にもリサイクル券や実印も必要になりますので、書類と併せて用意しておくと売却における手続きがスムーズになります

軽自動車の売却に必要な書類

軽自動車の売却は普通車の売却と比べ用意すべき書類が異なります。自動車検査証と自賠責保険証明書は共通して必要になりますが、印鑑登録証明書は求められない可能性が高いでしょう。

また、納税証明書は軽自動車納税証明書となり、普通車とは書類自体が異なりますので注意が必要です。

中古車購入の手続きの流れ

中古車購入の手続きの流れ

1.中古車購入における条件を見直す

中古車を購入する際、最初に行うのは自身がどのような条件下で車を手にしたいと考えているのかを把握することです。

金銭的な面を重視するのか、車の状態で譲れない部分があるのか、人によってこだわりは異なるでしょう。予算を決めておくと比較的スムーズに見つけられるので、明確な金額の上限を定めておくといいでしょう。

2.中古車を探す

予算や状態、車種などのこだわりを決めた後は希望する条件に見合った中古車を探します。中古車販売店や検索サイト、中古車販売の専門誌など情報が記載されているツールは多様化しているので、探しやすい方法で探しましょう。

3.希望する中古車の在庫確認・試乗予約をする

気になる中古車が見つかったら、取り扱っている販売店に在庫確認と試乗予約をします。予約段階では購入することを確定しておらず、乗り心地を体感してから決めたいといった方も少なくはありません。

そのため、気になる中古車が見つかったら時間が許す限り試乗するのも効果的な方法と言えます。

4.店舗訪問をして現車確認を行う

予約した日にちに販売店で現車確認と試乗を行います。他に魅力的な中古車がなく、試乗して現車確認をした中古車に問題がなければ、契約に進みましょう。

5.見積もり額を確認する

見積もり額の提示は店舗訪問・現車確認と並行して行う店舗もあれば、後日改めて提示するお店もあります。

中古車自体の価格と併せて、別途法定費用や販売店手数料もかかりますので、見積もり額の内訳に問題がないかしっかりと確認したほうがよいでしょう。

6.必要書類の提出

見積もり額に問題がなく、購入を決めた場合には必要書類を揃えて、契約書にサインをします。契約書の内容は細部まで確認したほうが良いでしょう。

初めてやり取りをする販売店の場合、細部にトラブルの元になるような記載がある可能性も否めません。疑問に感じた点は販売店スタッフに確認し、不満が残らない取引を心がけてください。

7.支払い方法の選択

基本的に契約手続きと並行して行われますが、中古車の支払い方法も確定する必要があります。

中古車でも数十万円単位の支払いが必要になりますし、車種によっては100万円以上の中古車を購入する方いるでしょう。

振り込みによる一括支払い、ローンを組んでの分割支払い、クレジットを利用した支払いなど方法様々ですので、事前に支払方法を決めておくとよいのではないでしょうか。

8.納車

支払い方法を決めて、契約手続きにも問題がなければ納車になります。契約をしてから納車までの日数は中古車の状態や販売店の状況によって異なりますが、一般的に契約から2週間以内には納車されます。

契約手続きのなかに任意保険の加入手続きも含まれますが、保険加入の手続きは多少時間がかかりますので、納車日に影響する可能性があります。

軽自動車やメンテナンスが必要のない中古車の場合には、4営業日前後で納車されるケースもありますので、購入する中古車の車種や状態にも左右されることを覚えておいてください。

中古車購入に必要な書類とは?

中古車購入に必要な書類

中古車購入時には、売却時とは異なる書類が求められます。また、売却時と同様に購入時も普通車と軽自動車とで求められる書類が異なりますので、購入する中古車の車種も確認しましょう。

普通車の購入に必要な書類

普通車の購入で用意すべき書類は、印鑑証明書と車庫証明書の2つです。印鑑証明書に捺印されている、実印も同様に必要となりますので用意しておきましょう。印鑑証明書は市区町村の役所から三ヶ月以内のものを発行し、車庫証明書は車庫の管轄にある警察署で手続きを済ませる必要があります。

どちらも現地に足を運ばなくてはいけませんが、車庫証明書に限り販売店に取得代行を依頼できる可能性もあるでしょう。手数料がかかりますが、時間がない方は相談してみるのも一つの方法です。

その他にも購入時に必要となる書類として、自動車検査証や自賠責保険証明書、委任状が挙げられますが、基本的には購入先の販売店が準備してくれるので、事前準備は必要ありません。

軽自動車の購入に必要な書類

軽自動車の購入に必要な書類は、一般的に住民票のみとされているケースが多いようです。普通車と違い必要書類が少なくなりますので、事前準備も手軽に済ませられる方が多いのではないでしょうか。ただし、車庫証明書は住んでいる地域によって必要となるケースがあります。

正式には車庫証明ではなく保管場所届出手続きを警察署にて行うことになりますが、販売店に求められても対応できるように事前に車庫証明書が必要な地域か調べておくと良いでしょう。

各都道府県の県庁所在地、人口10万人以上の市、東京もしくは大阪の中心地から30キロメートル圏内の地域は必要となる可能性が高くなるので注意が必要です。

必要書類の取得方法

必要書類の取得方法

中古車の売却・購入における必要書類はいくつかありますが、その必要書類を揃える方法をご存じない方もいるのではないでしょうか。

購入・売却どちらでも提出する書類もあれば、どちらかのケースでしか提出しない書類もありますので、準備し忘れないように注意してください。下記で各種必要書類の取得方法をご紹介します。

実印の準備(※普通自動車購入時/売却時に必要)

実印は普通自動車の購入時、もしくは売却時に必要となります。書類ではありませんが重要な物であることに変わりはありませんので、書類と併せて実印の用意も忘れないようにしましょう。

実印を紛失してしまった場合、再度実印を作成する必要がありますが、印鑑証明書も登録し直さないと手続きに不備が生じてしまいます。

実印が見当たらなかった場合、早期に新しい実印を作成し、市区町村の役所にて印鑑登録を行いましょう。

印鑑証明書の取得方法(※普通自動車購入時/売却時に必要)

実印と併せて重要視される必要書類が、印鑑証明書です。印鑑証明書の取得は一般的に本人が行いますが、代理人の方でも取得することは可能でしょう。

印鑑証明書は印鑑登録証、住民基本台帳カード、個人番号カードのいずれかを持参し、手数料を支払えば発行してもらえます。運転免許証などの身分証明書を併せて提示する自治体もありますので、念のため持参しておいたほうがよいでしょう。

また、代理人の方が印鑑証明書を取得する場合、委任状が必要となる自治体もありますが、基本的に必要のない自治体のほうが多いです。

ただし、取得に足を運ぶ方の身分証明書は必要になりますので、代理人の方は自身の身分証明書も併せて持参しましょう。

 

車庫証明の取得方法(※普通自動車購入時に必要)

軽自動車の購入でも必要となる可能性がありますが、一般的には普通自動車購入時にのみ必要とされる車庫証明。

正式には自動車保管場所証明書と呼ばれる車庫証明は、市区町村の役所ではなく管轄の警察署に足を運び必要書類に記入をして申請する必要があります。車庫を自分で所有しているか、駐車場を借りて利用するのかによって必要書類が異なりますので、その旨を担当者の方に伝えることを忘れないようにしてください。

また、代理人が申請することも可能ですが、車庫証明を必要としている本人の身分証明書のコピーが必要となる可能性もありますので、認印と併せて持参しておきましょう。

 

住民票の取得方法(※軽自動車購入時に必要)

軽自動車購入時に必要となる住民票は、自治体の役所のみならずコンビニエンスストアや証明書発行コーナーでも取得が可能です。一般的にどこで取得する場合でも、必要となる書類は変わりません。

顔写真付きの身分証明書と印鑑、発行における手数料300円前後です。代理人の方が取得する際には委任状が必要となるケースがありますので、用意しておくと良いでしょう。

また、住民票に記載する内容は本人の情報のみで問題ありません。また、ご家族全員分の情報を載せる必要はありません。

まとめ

中古車売却に必要な書類

中古車の売却・購入に必要な手続きや書類をご紹介しましたが、手続きに手間と時間をかければ満足度の高い取引ができるでしょう。

売却や購入は検討している車種によって、必要な書類も異なります。事前の準備を怠らないよう注意しながら、中古車の売却・購入を実現してみてください。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!