車コラム

ローン中の車でも買取はしてもらえるの?

ローン中の車でも買取はしてもらえるの?

ローン中の車でも買取をしてもらえるのか気になっている人は多いのではないでしょうか。

基本的に、車を売る権利というのは、その車の所有者しかありません。

そのため、ローンが残っていると所有者ではなく使用者という位置づけになります。

なかには、ローンが残っている車は買取をしてもらえないと諦めてしまう人もいます。

しかし、ローンが残っている車でも買取をしてもらえる場合もあります。

そこで、今回はローンが残っている車を売却する方法について紹介していきます。





車のローンが残っている場合でも売却できるの?

車のローンが残っている場合でも売却できるの?

ローンがまだ残っている車の場合でも、売却することはできます。しかし、その場合には気を付けることがいくつかあります。

まずは、所有者が誰であるかを確認することです。

車の場合、売却する権利を持つのはその車の所有者のみなので、ローンが残っているということは、自分はその車の所有者ではありません。

そのため、ローンが残っている車を売却するためには、所有権を自分にしておく必要があります。

次に、ローンの残債についてです。

ローンが残っている車を売却したからといって、残りのローンの支払い義務がなくなるというわけではありません。

売却額から残ったローンを一括返済する必要があるため、査定時に残債をしっかり確認しておくことが大事になってきます。

所有者の確認は必須

所有者の確認は必須

ローンが残っている場合は所有者が自分ではないことも?

先ほども説明したように、ローンを完済してしまえばその車は自分の所有物となります。

そのような場合であれば、売却する場合でも所有者である自分の一存で決めることができます。

しかし、ローンが残っている場合は、車の所有者が自分ではないことが多く、ほとんどの場合はローン会社かディーラーとなっています。

ローンが残っている車を売却する場合は、所有者が誰であるかによって方法が変わってくるのです。

所有者がわからない場合には車を売却することができないため、車検証をしっかり確認し所有者を調べておく必要があります。

次の段落では、車の所有者ごとの売却方法について詳しく説明していきます。

所有者が自分または家族の場合

車の所有者が、自分または家族の場合であれば比較的簡単な手続きで車を売却することができます。

ただし、車のローンを完済していない場合は、自分も家族も所有者になることは少ないです。

また、自分がその車の所有者である場合には、自分の意思だけで車を売ることができます。

所有者が家族である場合には、その本人の同意を得ることが必要になってきます。

中には、家族だから大丈夫と思ってしまう人もいますが、法律で所有者の同意がなければ売却できないことになっています。

手続きも、基本的に所有者本人が行う必要があります。

代理を立てる場合には、委任状を準備する必要がありますので注意が必要です。

所有者がローン会社またはディーラーの場合

ローンが残っている車の場合、基本的に所有者はローン会社かディーラーになります。

そのため、自分は車の使用者という位置づけになり、自分の一存では車を売却することができないのです。

そのため、ローンが残っている車を売却する場合には、自分が所有者になる必要があります。

ですが、その場合にはローンを完済する必要があります。

残っているローンを一括で返済する余裕がないという場合には、車を売ったお金で残ったローンを一括返済するという方法もあります。

しかし、売却金額がローンを一括返済できる金額に届かなかった場合には、ローンの残債の支払い義務は残ってしまいます。

そのため、事前に売却額を調べておき、売却額が残ったローンを一括返済できる金額に達しているかどうかを調べておく必要があります。

ローン中の車を売るときに必要な書類って何?

ローン中の車を売るときに必要な書類って何?

車を売るときに必要になる基本的な書類

車を売却する場合には、必要となる書類をそろえる必要があり、これがないと売却することはできません。

車の買取時に必要になる書類というのは、普通自動車と軽自動車で若干異なることがあります。

普通自動車の場合には、自動車検査証(現住所が記載のもの)と印鑑登録証明書(発行後1カ月以内のもの2通)と自賠責保険証明書、自動車納税証明書、それから実印が基本的に必要となります。

また、預託済みの場合にはリサイクル券も必要となりますので注意が必要です。

譲渡証明書や委任状は店舗で作成してもらえることもあるので、事前に確認しておくことが大事です。

車検証に記載の住所と現在の住所が違う場合には、住民票などが必要になることもあります。

軽自動車の場合には、実印ではなく認印でも問題ない場合もあります。また、自動車検査証記入申請は店舗で作成してもらえる場合もあります。

また、中には必要書類を無くしてしまったという人もいます。そのような場合には、再発行をしてもらうことができます。

例えば自賠責保険証を無くしてしまった場合には、加入している保険会社で無料で再発行してもらうことができます。

その際には身分証が必要となりますのであらかじめ用意しておくことが大切です。

また、車検証を無くしてしまった場合には、陸運局で再発行してもらうことができます。この場合には登録をした陸運局でないと再発行をしてもらえないので注意が必要です。

再発行の手続きには申請書類代と手数料を取られてしまうので、できるだけ大事に保管しておくことをおすすめします。

納税証明書を無くしてしまった場合には、管轄の都道府県税事務所にて無料で再発行してもらうことができます。

所有者が自分ではない場合に必要な書類は?

車の所有者が自分の場合と、ローン会社やディーラーの場合とでは、必要となる書類が異なります。自動車検査証、納税証明書、譲渡証明書などは変わりません。

しかし、新旧所有者の印鑑証明(発行から3カ月以内)や新旧所有者の委任状、新所有者の車庫証明などが必要になります。

この場合も、車検証に記載の住所と現在の住所が違う場合には、住民票の提出を求められることもあるので注意が必要です。

また、必要書類は信販会社によって異なることもありますので、事前に確認しておくことがとても重要になります。

この手続きを自分で行う場合、普通自動車であれば、譲渡証明書と委任状、旧所有者の印鑑証明が所有者から送られてきます。

それに加えて、自分の印鑑証明と自動車検査証、納税所、実印を持って運輸支局へ行く必要があります。申請書や手数料納付書は運輸局で入手することができます。

軽自動車の場合には、自動車検査証と印鑑証明書と認印、自動車検査証記入申請書や軽自動車所有者承諾書を持って運輸支局へ行く必要があります。

ローンが残っている車を売却した場合はどうなる?

ローンが残っている車を売却した場合はどうなる?

売却額でローンが一括返済できる場合

ローンが残っている車を売却する場合には、残ったローンを一括返済しなければなりません。

査定額が、ローンの残債より高い場合には、ローンを一括返済し差額は自分の手元に残ります。

その差額は自分のものですので、次の車を買うための頭金にしたり、貯金に回したりと使い道は自由です。

そのため、まだローンが残っている車を売却する場合には、査定額をしっかりと確認してローンの残債よりも査定額が高いか低いかを知っておく必要があります。

査定額の方が高い場合には、そのまま売却してその売却額でローンを完済してしまえば問題解決です。

なかには、査定額とローンの残債をしっかり比較せずに売却してしまう人もいますが、これは非常に危険です。

もしも売却額がローンの残債に満たなかった場合に、非常に困ることが起きてしまうのです。それについて次の段落で詳しく解説していきます。

売却額がローンの残債に満たなかった場合

売却額よりもローンの残債が高い場合には、名義変更をすることができないため売却することができません。そのため、不足分をまとめて支払う必要が出てきます。

手持ちに多少余裕があるのであれば、現金で不足分を払うこともできますが、高額なローンの残債が残ってしまった場合にはなかなか現金で支払うことが難しくなってきます。

その場合、他の金融機関から借りて不足分を支払うという方法もありますが、マイカーローンなどは使途が定められていることもあり、借りられないこともあります。

また、金利がついてしまうため、その分だけ損をしてしまうこともあるためあまりおすすめはできません。新しい車のローンに上乗せしてもらうという方法もあります。

もし新しい車の購入を検討している場合には、ローンに上乗せしてもらう方が、金利的にもお得になります。

また、ローンに上乗せしてもらえば現金で一括返済する必要もなく、自分で毎月の返済金額を調整することができる場合もあり、無理なく返済していくことができます。

ディーラーに頼むのが一番簡単

ディーラーに頼むのが一番簡単

ローンが残っている車を売却する場合には、必要な書類や手続きが複雑で素人ではなかなか難しいこともあります。

しかし、その複雑な書類を集め、手続きをしなければ車を売却することはできません。

また、全てを自分で行おうとしてミスがあると、それだけで売却までの時間が伸びてしまうこともあり、効率が悪くなってしまう場合もあります。

そのため、もし自分で書類を揃えたり、手続きをすることを不安に感じていたりする場合には、専門の業者に依頼してしまうことがおすすめです。

業者であれば専門の知識を持っているため、効率よく進めてくれます。

また、わからないことがあればいつでも相談をすることができ、アドバイスをもらうこともできるため、強い味方となってくれる場合が多いです。

業者に頼みたいと考えているのであれば、まずは気軽に相談してみることをおすすめします。

業者を選ぶ際には、できるだけ高く売却してくれるなど、評判の高い業者を探すことがポイントになってきます。

下取りと買取の違いは?どっちがお得?

下取りと買取の違いは?どっちがお得?

下取りってなに?

車の下取りの意味は、購入した車を販売店やディーラーに売り、その売却額を新しく購入する車の代金に充てるという方法です。

下取りのポイントとなるのは、車の購入手続きのまま下取りの手続きをすることもできるため、手間が省けるということです。

また、売却額を新しい車の購入手続きに当てることができるため、新しく購入する車の値引きに期待ができます。

更に、車の人気度などに関わらず一定の値段をつけてくれることも特徴の一つです。

買取って何?

買取とは、下取りとは違い査定額や条件に納得すれば、その時点で取引が成立し売却をすることができるという方法です。

買取をしてもらう車にローンが残っていなければ売却額はほぼ手元に入ってきます。

買取の特徴は、人気の車種であれば古い車でも高い金額で買い取ってもらえるということです。

下取りは人気の車種でも買取額が大幅に上がるということはあまりありません。

買取の方がお得になることも?

下取りの場合、基本的にその車を購入した販売店やディーラーで売らないと価格が下がってしまうことがあります。

しかし、買取の場合はどこで売っても、どの車種でも買取金額が下がることはなく、しっかりとした査定をしてくれることが多いです。

また、下取りの場合は古い車や人気のない車の場合、買取価格が大幅に下がるか下取りをしてもらえないこともあります。

そういったことを含め、場合によっては買取の方がお得になることもあるのです。

まとめ

まとめ

ローンが残っている車でも売却することはできます。ただし、その際には所有者をしっかりと確認しておくことが大事になってきます。

また、ローンが残っている車を売却する場合には、複雑な手続きが必要になります。もし自分で行うのが不安だという場合には、業者に依頼をすることも一つのポイントです。

更に、下取りと買取では場合によっては、買取の方が高く買い取ってくれることもあるため、気になる場合には一度買取査定に出してみることをおすすめします。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!