車コラム

車の走行距離と買取査定額の関係!過走行車でも高く売れる?

黒い車

車を売ったり買ったりするときに耳にする「走行距離」。車の走行距離は買取査定額に影響するのでしょうか?「過走行車」でも高額買取してもらうにはどうしたらよいでしょうか?

ここでは、走行距離と査定額の関係や、走行距離の多い愛車を少しでも高く売る方法をご紹介します。





車メーター

車の走行距離は買取査定にどう影響しているの?

中古車買取で走行距離をチェックする理由

中古車買取で総走行距離がチェックされるのは、走行距離でだいたいの車の寿命を判断できるからです。走行距離が長いほど、各部品が消耗しており、残りの寿命が短くなっています。そのため、総走行距離が長いほど転売しにくく、買取相場が低くなりがちです。

逆に、走行距離が少なければ転売しやすく、査定額はアップする傾向にあります。走行距離は短いほど、高額査定が期待できるでしょう。

しかし走行距離が少ないほうが高く売れるからと、車を動かさないのはよくありません。車は動かさないで放置していると、さびやすくなったりゴムパーツが劣化して切れやすくなったり故障しやすくなります。走行距離にこだわらず適度に動かすことが大切です。

走行距離の目安はどれくらい?

リムジン

走行距離が長い・短いの判断基準は?

総走行距離が多くなると、修理や部品の交換が必要になる可能性が大きくなります。また、部品交換などを含め、車検にかかる費用も上がるでしょう。そのため需要が下がります。

少しでも高額で愛車を売却したいなら、5万キロや8万キロ、特に10万キロの大台に乗る前に売却するとよいでしょう。

また、新車購入から5年目、2回目の車検がくる前に愛車を手放す人が多くなります。5年・5万キロを超える前に売却できれば、高額査定をもらえる可能性がより高くなるでしょう。

走行距離と相場の目安

走行距離と相場の関係は、車種や年式、状態によってかわります。例えば、走行距離が多い車の場合、年式が新しければあまり問題にならないかもしれませんが、高年式だと査定額が大幅に下がってしまう場合があるでしょう。

最近は、以前と比べて、車の寿命が延びたからです。

エンジンの性能がよくなり、10万キロを超えても問題なく使用できる車がたくさんあります。買取査定額は、走行距離だけをもとに決められるわけではありません。

エンジンの状態、外装や内装のコンディションなども考慮したうえで査定が行われるため、車の状態がよければ、走行距離が多くても大幅なマイナスにはならないでしょう。

また、走行距離による相場価格の差は、人気車種か不人気車種か、人気カラーか不人気カラーかなどの要素によってもかわります。

愛車が人気車種・人気カラーなら、多少走行距離が多くても、査定額にあまり影響しないケースもあるでしょう。メーター交換やメーター改ざんなどにより走行距離が不明な車は、査定額が大幅にダウンしてしまいます。

過走行車とは?査定額は下がってしまうの?

社内

過走行車とは?

累計で走行距離が5万キロを超えると「多走行車」と呼ばれ、10万キロを超えると「過走行車」と呼ばれます。

以前は、過走行車は故障する可能性が多く、査定額が大幅に低くなりがちでした。しかし現在では、過走行車だから売れないということはありません。

また、耐久性に優れている日本車は海外でも人気・需要があります。日本の車検システムのおかげもあり、よいコンディションが保てている過走行車も多く、走行距離が10万キロどころか20万キロでもまだまだ走ると判断されるケースもあります。海外で人気がある車種なら特に、過走行車でも高額査定してもらえる可能性があるでしょう。

過走行車を少しでも高く売るには?

【メンテナンスを怠らない】

「過走行車」でもまだまだ使えると評価してもらうためには、日頃のメンテナンスが大切です。エンジンや足まわりの点検・整備を定期的に行ってください。

キズは早めに修復する、定期的にワックスをかけるなど、外装も手入れをしましょう。10万キロを目安に、「タイミングベルト」を交換する必要があります。

タイミングベルトはエンジンを円滑に動かすのに必要なパーツですが、時間とともにゴムが劣化し、切れやすくなってしまいます。

適切な時期に交換しなければ、そのあとの車の寿命や査定額にも影響がでるでしょう。ただし、査定前にわざわざ交換する必要はありません。ベルト交換にかかる費用の方が、査定額アップよりも高くつく可能性が高いからです。

【高額買取をしてくれる業者を探す】

一般的に、過走行車は、ディーラーの下取りではほとんど値がつきません。高額買取をしてくれる買取業者を探すとよいでしょう。

海外への販売ルートを持つ買取業者なら、国内では需要がない中古車でも、より高額で買取ってもらえる可能性が高くなります。インターネットなどで相場を調べ、複数の買取業者に見積もりを依頼し、査定額を比較するとよいでしょう。

「廃車」をすすめられるなら、廃車買取業者に売却するのもよい方法です。中古車としての需要はなくても、パーツごとに見れば、まだまだ使える場合があります。

海外での日本車の需要が増えたことにともない、中古部品の需要も増えています。

【査定の前に準備をする】

プラス査定につながる書類や部品はしっかりそろえておきましょう。取扱説明書や点検整備記録簿、メーカー保証書やスペアキーなどです。純正品のオプションパーツがついていれば、プラス査定になる可能性が高くなります。サンルーフやナビなど、標準装備以外で購入したパーツがあれば、状態を確認しておくとよいでしょう。

逆に、社外品パーツはマイナス査定になる可能性があります。査定のためにわざわざ純正パーツを購入する必要はありませんが、純正パーツが保管してあるなら、一緒に査定してもらいましょう。できるだけ購入したときの状態に戻すことが大切です。

査定前にできる範囲で車をきれいにしておくことも大切です。内装もチェックしましょう。しみや汚れ、ペットやたばこの臭いが残っていると、マイナスになる可能性があります。

走行距離と買取査定の関係を知って愛車をお得に売却しよう!

赤い車のおもちゃ

走行距離は、短いほど査定額が高くなります。また、年式と比べて1年8000キロ~1万キロの目安より少なければ、高額査定になりやすいでしょう。

高額買取を狙うなら、「多走行車」と呼ばれる5万キロや、「過走行車」と呼ばれる10万キロを超える前に売却を検討してください。需要の多いうちに売却すれば、それだけ高額査定になる可能性が高くなります。

おわりに

オープンカー

過走行車を高く売りたいなら、日ごろからメンテナンスを怠らないようにしましょう。国内での需要がなくても、海外では需要・人気がある車種もあります。

よいコンディションが保たれていれば、たとえ走行距離が多くても、想像以上の高額買取をしてもらえるかもしれません。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!