車コラム

車買取で必要な書類とは?注意点と準備方法を解説

車買取書類1

車を売却するなら、車買取を利用するのはいかがですか?スムーズな売却、高額買取を目指すなら、売却の手続きや流れについて前もって知っておくことが大切です。

今回は、中古車買取に必要な書類や注意点などを初心者にもわかりやすくご紹介します。





車を売却するときに必要なこと

車を売却するときに必要なこと

車を売却するときには、名義変更などの手続きや保険の手続きが必要です。一般的には、車や自賠責保険の名義変更は、買取業者に代行してもらいます。

任意保険も、乗り換えの場合は業者が手続きをしてくれますが、売却だけする場合には自分で手続きをする必要があります。

今後、別の車を購入する予定があるなら、「中断手続き」を行い、「中断証明書」を取得しておけば、中断時の等級を引き継ぐことが可能です。

車を売却するときに必要な書類は、「車検証」や「自賠責証明書」、「自動車税納税証明書」や「リサイクル券」など車関連の書類です。

さらに、「実印」と「印鑑証明書」を含めた計6つの書類が必須で、1つでも欠けると買取契約は完了できません。

引っ越しなど、車検証と印鑑証明書の住所が一致しない場合には、「住民票」も必要です。住所変更が2回以上ある場合には、「住民票の除票」や「戸籍の附票」を準備しましょう。

結婚などで名字が変わっている場合には、「戸籍謄本」が必要です。

車買取を利用するときに必要な書類

査定時に必要なのは2種類、「車検証」と「自賠責証明書」のみです。

【車検証】

車検証(自動車検査証)とは、車が保安基準に適合していることを証明する書類で、車のさまざまな情報が記載されています。

特に、年式がわかる「初年度登録年月」や「形式」は、正確な査定をするうえで不可欠な情報です。また、「所有者」と「使用者」の欄に自分の名前が記載されているかも確認しましょう。

車をローンで購入した場合、「所有者」が販売店やローン会社のままになっているケースがあります。ローンを完済しているなら、「所有権解除」の手続きを行いましょう。

支払いがまだ残っているなら、車を売却する前に一括返済する必要があります。

【自賠責証明書】

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)は、法律で加入が義務付けられている保険です。車検証の有効期間分の保険加入が必要です。

車売却時には、名義変更を行います。自賠責保険は前払いされているため、車の売却時に未経過期間が発生するなら、通常その分の保険料は査定額に上乗せされる形で還付されます。

普通自動車売却時にさらに必要な書類

普通自動車売却時には、さらに「自動車税納税証明書」と「リサイクル券」、「実印」と「印鑑証明書」が必要です。

【自動車税納税証明書】

「自動車税」を支払ったことを証明します。毎年5月に管轄の自動車税事務所から送付されます。有効期限があるため注意しましょう。

車売却に伴う「名義変更」の手続きでは通常、納税証明書を使用することはありません。しかし、後で自動車税の未支払いが発覚すると、所有者には自動車税滞納分をさかのぼって支払う必要が課せられます。

そのため、トラブルを事前に避けるためにも、車売却の時点で納税証明書の提出が求められます。

【リサイクル券】

自動車リサイクル法に基づき、リサイクル料が正しく納められていることを証明する書類です。

最終的には、リサイクル料は車の最終オーナーが支払い責任を負います。そのため、車を売却するとリサイクル券は次の所有者に引き渡され、資金管理料金以外のリサイクル料金は、通常、査定額に上乗せされる形で、次の所有者から元の所有者へ払い戻されます。

軽自動車を売るときに必要な書類

普通自動車を売る場合と同様、車検証、自賠責保険証、軽自動車税納税証明書、リサイクル券が必要です。

ただし、普通自動車は動産とみなされ登録する必要がありますが、軽自動車は必要書類の届出だけで済むので、「実印」と「印鑑証明書」は不要です。シャチハタ以外の認印で手続きを行います。

車買取でプラス査定となるもの

車買取でプラス査定となるもの

整備手帳

点検整備記録簿やメンテナンスノートとも呼ばれ、過去に受けた整備や点検が記録されています。

必要な整備や、12カ月点検や24カ月点検などの法定点検を受けてきたこと、メーター改ざんがないことの証拠として役立ち、プラス査定してもらえます。

取扱説明書

いざというときに役立つのが、取扱説明書です。取扱説明書も部品の一部として評価されます。普段使用しなくても、きちんと保管しておきましょう。

スペアキー

スペアキーがないと、マイナス査定される場合があります。しかし、スペアキーを新しく作る方が高くつく場合もあり、わざわざ作り直す必要はありません。

メーカー保証書

ワンオーナーであることの証明になります。メーカー保証書がないとマイナス査定になってしまう場合があるため、大切に保管しておいてください。

ディーラー発行の仕様書

新車を購入した時のディーラー発行の仕様書があれば装備が正確に把握できるため、買取査定額がアップする可能性があります。

純正部品

ETC車載器やナビ、バックモニター、レザーシートなどの純正オプションが付いていると、プラス査定になる可能性が高くなります。付けた純正オプションパーツは、メモなどにまとめ、状態を確認しておくとよいでしょう。

ホイールやマフラーなどのパーツを社外品に付け替えている場合は、有名ブランドや高性能の機器などであれば、社外品でもプラス評価になる場合がありますが、一般的には、社外品パーツはマイナス評価になりやすいことを覚えておきましょう。

ただし、純正パーツが残っているなら、マイナス評価を受けにくくなります。

必要書類がないときの対処法

必要書類がないときの対処法

車検証

車検証再発行は、車に付いているナンバーを管轄する運輸支局で手続きを行います。

自分で手続きをする場合には、申請書、手数料納付書、身分証明書が必要です。業者に手続きを依頼する場合には、委任状や車検証を返納できない理由書が必要です。

車検証再発行の手数料は300円ですが、業者に手続きを依頼する場合は、業者ごとに費用が異なります。必要書類や手続きの流れも地域によって若干違いがあるため、前もって管轄の運輸支局に確認しておくとよいでしょう。

自賠責保険証

通常、自賠責保険を契約している保険会社にて無料で再発行してもらえます。保険会社を覚えていない場合には、ディーラーや車検を行った整備工場に問い合わせてみるとよいでしょう。

印鑑や運転免許証などの身分証明書が必要です。再発行に1週間程度かかる場合もあるため、早めに手続きを行いましょう。

納税証明書

納税証明書は、車に付いているナンバーの都道府県の都税または管轄の運輸支局場内の自動車税事務所などで、無料で再発行してもらえます。車検証や領収証書、印鑑や身分証明書などが必要ですが、地域や時期によって異なるため、注意しましょう。

引っ越しや出張などの理由で直接税事務所に行って手続きを行えない場合には、郵送での手続きも可能です。管轄の税事務所に問い合わせてみるとよいでしょう。軽自動車の納税証明書再発行は、納税した市区町村役場の納税課で手続きを行います。

リサイクル券

自動車リサイクルシステムのサイトで、「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷すると、リサイクル券と同等の証明ができます。

おわりに

車買取で必要な書類とは?注意点と準備方法を解説:まとめ

今回は、車買取に必要な書類や注意点を紹介しました。「車検証」、「自賠責証明書」、「自動車税納税証明書」、「リサイクル券」はしっかり保管しておくことが大切です。

「実印」と「印鑑証明書」、紛失書類の手続きなども早めにしておくとよいでしょう。スムーズな車売却に役立ててくださいね。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!