車コラム

傷のある車は修理するべき?査定の仕組みと高額買取のコツ

傷のある車は修理するべき?査定の仕組みと高額買取のコツ

愛車を売るときに気になる傷やへこみ。

運転していて多少の傷がついてしまうのは仕方がないものの、大切に乗ってきた車だからこそ、少しでも高く売却できたらうれしいですよね。

傷やへこみはどのくらいマイナス査定の要因になってしまうのでしょうか?査定の前に修理したほうがよいのでしょうか?

今回は、傷やへこみの査定への影響や、傷のある車を少しでも高く買取ってもらう方法をご紹介します。





傷のある車は査定前に修理するべき?

傷のある車は査定前に修理するべき?

車の傷やへこみは査定に影響する?

一般的に車の査定は、チェックポイントが決まっており、点数制で評価されます。

外装もチェックされ、傷やへこみは減点の対象です。しかし、どんなに気をつけて運転していても、小さな傷がついてしまうことがあります。

普通に運転していてついてしまう小さな傷や擦り傷などは、神経質になる必要はないでしょう。

大きめの傷があったり、傷がたくさんあったりすると、どの程度の修理が必要かによって査定額が変わります。

例えば、通常、車は銅板に塗装が施されていますが、その塗装を修理するだけですむ傷より、塗装と銅板の両方を修理する必要があるへこみのほうがマイナス額は大きくなるでしょう。

また、減点の度合いは、自社の修理工場があるかなどの要因によっても大きくかわります。

多少傷があっても、中古市場で人気のある車種や定番カラーなどの人気カラーは需要が大きいため、少し強気に交渉してみるのもよいかもしれません。

海外に転売ルートを持っているなど、傷やへこみがあっても、問題なく買取ってくれる業者もあります。

傷は修理せずに査定に出すのが正解!

傷やへこみは、自分で修理するのではなく、その状態で高額査定をしてくれる買取業者を探すのが正解です。

素人でも簡単に修理できる程度の傷なら、プロにはもっと簡単に修理ができるはずです。

細かい傷を自分で磨いて落とそうとして、修理跡が残ってしまったり塗装にむらができたりする危険性もあります。

細かい傷はそのままにしておきましょう。修理の必要な大きな傷も、査定前にわざわざ修理に出す必要はありません。

修理の仕方によっては、買取業者が再修理しなければならないケースもあります。修理に時間をとられているうちに車の価値が下がってしまうこともあるでしょう。

また、いくらきれいに修理しても、査定額が修理代金以上になることはほぼありません。

通常、買取業者は安いコストで修理できる自社工場や提携工場で修理を行うからです。修理は、低コストで完成度の高い修理が可能な、プロに任せましょう。

ただし、塗装の下の金属に達するほどの大きな損傷があり、すぐに売却するつもりがないなら、早めに修理に出したほうがよいでしょう。

時間がたつにつれ、サビが発生するなど、傷によるダメージが大きくなってしまう危険性があるからです。

査定額に影響を与える車の傷

査定額に影響を与える車の傷

査定に影響しない傷やへこみ

査定に影響するかしないかは、傷やへこみの大きさと深さによってかわります。

一般的には、直径が1cm未満の傷やへこみは減額の対象にはなりません。爪が引っ掛からない程度の浅い傷です。

査定に影響する傷やへこみ

査定に影響するほどのものは、通常、傷やへこみの直径がカードサイズ(約9cm)未満か、A4サイズ(約30cm)以上かなどの基準で減点数がかわります。

その部分だけの修理ですむか、パーツ全体を修理する必要があるかがチェックされます。減点数が多いと、修理するのではなく、パーツ全体を交換したほうがよいと判断される場合もあるでしょう。

1カ所に見える傷でも、2つのパーツにまたがっており、2パーツ交換しなければならない場合もあります。

減点数に応じて査定額が決まりますが、1点をいくらで計算するかは買取業者ごとに異なり、査定額に大きな影響を与えるでしょう。

例えば、1点を800円で計算するか1,500円で計算するかによって、査定額に数万円~数十万円もの差が出る場合もあります。特に、傷が多い車など、減点数が多い場合は注意が必要です。

自社の修理工場がなく外部に修理を依頼しなければならない買取業者は、小さな傷まで細かくチェックし、減点する必要があります。

一方、修理にあまりコストがかからなかったり、傷があるままでも転売できるルートがあったりする業者は、ほとんど傷のチェックをしない場合もあるでしょう。

また、高級車や外車は部品代が高く、減額が大きくなる場合があります。

傷だらけの車の処理方法と高く売る方法

傷だらけの車の処理方法と高く売る方法

傷の多い車の取り扱いと売却方法

事故車(修復歴車)とは、車の基本骨格(フレーム)部位を交換、もしくは修復した車のことです。

ドアをかえたり表面の傷をなおしたりする程度では、修復歴車扱いにはなりません。また、実際に事故にあったかは関係ありません。

修復歴車とみなされると、査定価格が下がってしまいます。そのため、傷あり車や事故車専用の販売ルートを持っている買取業者を探すとよいでしょう。

車が傷だらけで査定額がつかないなら、廃車を検討する必要があります。

ただし、日本の中古車市場で需要がなくても、車にはまだ価値があります。部品やパーツはまだ使える場合があるからです。

さらに、鉄などの金属素材を売ることも可能です。認可の廃車解体工場を持つ、廃車買取業者に買取ってもらうとよいでしょう。

その場合にも、複数業者の見積もりを比較し、より高額で買取ってくれる業者を探すことが大切です。

高額買取のコツ

より理想的な売却を目指すときに心がけたい4つのポイントを見ていきましょう。

1,複数の業者から見積もりをとる

業者によって傷に対する評価が違うため、複数の買取業者から査定見積もりを取ることが大切です。

2,業者に交渉する

査定額が提示されたら、ぜひ交渉してみてください。ただし、横柄な態度や姑息な交渉は印象を悪くしてしまい、逆効果になるので注意しましょう。

3,各買取業者の得意分野を把握する

業者によって得意分野が異なることも覚えておきましょう。軽自動車やミニバンに強い業者もあれば、高級車の売買を得意とする業者もいます。

4,売却するタイミングを考慮する

時間の経過とともに走行距離が増えたり傷が増えたりするため、車の価値は落ちていきます。

また、中古車の相場は日々変化しているため、将来の相場を予想するのは難しく、査定から売却までに時間がある場合は、どうしてもリスクを考慮した低めの査定になりがちです。

査定してもらったらすぐに売却する、というのも高額査定につながりやすいでしょう。

一般的に、決算期と新生活の準備をする時期が重なる3月頃に中古車市場が活性化します。

そのため、その時期に合わせて中古車の買取価格が高くなる傾向があります。さらに、夏休み前や冬にはアウトドア向きの車種が人気になるなど、季節ごとの車のニーズに合わせて、買取価格も変化するでしょう。

また、モデルチェンジ後は査定金額が大幅にかわる場合があるので、注意が必要です。

傷のある車を査定に出す前にすべきこと

傷のある車を査定に出す前にすべきこと

傷やへこみは事前に修理せず、そのまま査定に出すのがベストだと紹介しました。ここでは具体的に業者へ査定をお願いするときに、自身でできるメンテナンスを見ていきましょう。

1,セルフ洗車および清掃を

査定前に洗車と清掃をしておきましょう。細かい部分まできれいにされていると、きちんとメンテナンスをされている車、という良い印象を与えられます。

タバコやペットなどのにおいを消すことも大切です。

2,パーツは原則そのままで

カーフィルムは、自分ではがそうとして汚れが残ってしまうことがあるので、そのまま査定に出しましょう。

社外品パーツが取り付けられている場合には、そのまま査定に出し、純正品を持参するとよいでしょう。

通常、消耗品の交換や車検は査定額に上乗せされません。ガソリンを満タンにしたりオイル交換をしたりする必要はないでしょう。

車検間近の車は、わざわざ車検に出す必要はありません。普段から、洗車やワックスがけを定期的に行うことや、傷やへこみは早めに修理することを心がけましょう。

愛車を普段からていねいに扱うことが、高額査定への近道です。

おわりに

傷のある車は修理するべき?査定の仕組みと高額買取のコツまとめ

傷やへこみのある車の買取に関して、高額買取のコツをご紹介しました。査定額は傷の程度や買取業者の傷に対する評価によって異なります。

傷は自分で修理するのではなく、そのまま査定に出し、そのままの状態で高く買取ってくれる業者を選びましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!