車コラム

廃車買取がお得なのはなぜ?仕組みやメリットをご紹介

廃車買取がお得なのはなぜ?仕組みやメリットをご紹介

事故や故障などで愛車を廃車することにしたものの、どうしたらよいのかわからない、という方もいらっしゃるでしょう。

廃車するにはどんな手続きが必要で、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?できるだけ費用をかけずに廃車し、逆に、廃車をして現金が手に入ってしまうようなお得な方法はあるのでしょうか?

今回は、廃車買取の仕組みやメリットをご紹介します。





廃車買取の仕組み

廃車買取の仕組み

廃車とは?

廃車とは過走行車や水没車、事故車や故障車などを解体し、登録を抹消することです。

車の老朽化や事故、自然災害などで部品やシステムが故障し、修理費が高くついたり、修理してもまた故障する可能性があります。

その場合は廃車にして、新しい車を購入したほうがよいかもしれません。また古い年式の車なら、修理したくても部品がもう生産されていないというケースもあるでしょう。

車を購入する際に下取りに出そうとして、査定額が0円だったり、廃車にするしかないと言われたりする場合もあります。

車検が切れているなど、動かせない車や、しばらく使わないで放置してある車もあるかもしれません。

廃車するに伴い、さまざまな手続きが必要となってきます。車本体の解体後、管轄の運輸支局でナンバープレートの返納や「永久抹消登録」を行います。

また、税金などの還付金を申請する手続きや、任意保険の解約または中断手続きも必要です。

廃車が売れる理由

廃車の手続きを自分でするのは面倒だったり、廃車手続きや解体を代行してもらうと費用がかかったりしますが、廃車買取業者に買取ってもらえば、手続きや解体を無料で代行してもらえます。

さらに、もう使えないと思っていた廃車に予想外の高額査定がつく場合もあります。

ディーラーなどで下取りを断られるのは、日本の中古車市場において価値がないとみなされるからです。

しかし、日本での需要がなくても、海外での需要はまだまだ高い中古車はたくさんあります。また、中古車として再販できない車でも、部品やパーツを再利用できる場合があります。

そのため、廃車でも売ることができるのです。

廃車が高く売れる理由

廃車が高く売れる理由

ボディやフレームなどの金属の需要が高い

「事故車」や「水没車」という評価がついてしまうと、日本での中古車としての再販は難しくなるでしょう。

しかし、タイヤやガラス、バッテリーやバンパーなど、部品単位でみればまだまだ使えるパーツがたくさんある場合があります。

業者は、使える部品を中古部品として国内外の業者に売り、状態のよいパーツは再利用されます。

車のボディやフレームには、アルミや鉄などの金属が使用されています。金属の需要は非常に高いため、たとえ車が動かなくても、使える部品がなくても、金属をリサイクルし資源として活用できるため、廃車には価値があるのです。

日本で廃車になる過走行車は海外で走行可能!

日本では、走行距離が10万km以上になると「過走行車」とみなされることが多く、中古車買取の査定額が大きく下がる場合があります。

平均的な車の使用で、約10年経過車です。しかし、海外では20年や30年前の年式の日本車がまだ現役で使われているケースも多くあります。

日本車の耐久性は世界的にも高く評価されているからです。車種によっては、年式が多少古くても、海外でまだ人気や需要が多くあります。

整備すれば走行が可能な自動車は海外で再販されることが多くなっています。

また、海外での再販や流通にともない、海外において修理<や整備用のパーツや部品の需要が大きいのも当然でしょう。

廃車の相場はいくらくらい?

廃車の相場はいくらくらい?

廃車するにはどのくらい費用がかかるのでしょうか。車の状態や手続きの方法によって相場が異なってきます。発生しうる諸費用を確認していきましょう。

廃車する際に発生する諸費用

【解体】

車が動かない、もしくは動かせない場合には、解体業者までレッカー車を手配しなければなりません。

解体には費用がかかる場合がありますが、通常「鉄くず代金」を受け取れるため相殺されます。解体費用を差し引いても、現金が残る場合もあります。

「鉄くず代金」はその日の金属相場と重量で金額が決まるため、一般的には、重量のある普通自動車の方が軽自動車よりも高額を受け取れるでしょう。

料金が未支払いの場合には、リサイクル料金を支払います。軽自動車の方が、普通自動車より若干安価になります。

【永久抹消登録】

車を永久に使えなくする手続きで、車を解体した後に行います。「印鑑証明書」が必要ですが、手続きを自分で行えば、「永久抹消登録」自体は無料です。

しかし、仕事をしていて平日に手続きに行けないなど、ディーラーや行政書士に手続きの代行を依頼すると、代行手数料を取られるでしょう。

【一時抹消登録】

一時的に車の使用を中止する場合には、「一時抹消登録」を行います。運輸支局で一時抹消登録を行う場合の手数料は350円です。

「印鑑証明書」が必要です。同時に住所変更など他の手続きも行う場合には、別途手数料がかかります。

【解体届出】

一時抹消登録してある車を解体した後に行う手続きです。自分で手続きを行えば、費用は無料です。

【軽自動車の場合】

軽自動車の廃車手続きは、軽自動車協会で行います。「印鑑証明書」は必要ありません。

一時抹消登録に相当する「自動車検査証返納届」は、350円の手数料がかかります。永久抹消登録に相当する「解体返納」と「解体届出」の手続きは無料です。

しかし、一般的には、廃車買取業者に買取ってもらえば、レッカー車代や手続き代行手数料は一切かかりません。車の持ち込み費用をキャッシュバックしてもらえる場合もあります。

還付金について

一方で還付される費用もあるため、確認しましょう。

【自動車税】

自動車税は、毎年4月1日午前0時の時点での情報に基づいて課税され、1年分をまとめて納税します。永久抹消登録をすると、前払いしてある残り期間の税金分が月割り計算で戻されます。

車の解体には、1週間以上かかる場合があります。4月1日の時点で車の登録があると、課税の対象になってしまうため、3月末ごろの廃車を予定しているなら、解体にどのくらいの時間がかかるかを前もって確認しておくとよいでしょう。

軽自動車の場合、軽自動車税の返金はされません。

【自動車重量税】

車の区分や重量、経過年数に応じて課される税金で、新車の購入時や車検時に、次の車検までの期間分の重量税を前もって納税します。

車検の残り期間が1カ月以上あり、「自動車リサイクル法」に基づいて適正に廃車が行われた場合にのみ返金されます。軽自動車でも、重量税は返金されます。

【自賠責保険】

法律で加入が義務付けられている保険です。有効期限が一定期間以上残っていれば、返金されます。廃車手続き完了後に、加入している保険会社に連絡し還付手続きを行います。

還付金額は、保険会社に解約申請をした日から計算されるため、車の解体後できるだけ早めに手続きを始めるとよいでしょう。

【一時抹消登録】

「一時抹消登録」をした場合にも、自動車税と自賠責保険の還付を受けられます。重量税の還付は、「解体届出」の申請をし、条件を満たしている場合にのみ受けることが可能です。

廃車の査定を高くするには?

廃車の査定を高くするには?1

廃車を決定したら、次にやることはできるだけ高い査定額で売却することです。よりよい買取を行うための○つのポイントをまとめました。

1,解体認可を持っている業者を選定する

認可のない業者には、車の解体はできません。そのため認可のない業者は、認可を所持している業者に解体を依頼することになり、仲介手数料が発生します。はじめから自動車解体の認可を持っている業者を選ぶとよいでしょう。

2,廃車の買取相場を事前に確認しておく

インターネットなどで廃車買取相場を必ず確認するようにしましょう。複数業者に見積もりを依頼し、比較することも大切です。複数社に同時に査定を依頼していることを伝え、競合させるのもよいでしょう。

3,各業者の得意分野を把握する

業者ごとに、得意な車種や分野が異なります。愛車の特徴をよく理解し、専門に扱っている業者を探すのもよいでしょう。

代行手続きをどの程度までしてくれるか、還付金を全額返してもらえるかなども併せて確認しましょう。車を解体して金属をリサイクルするだけの解体業者は、車の状態がよくても査定額には影響しません。

パーツや部品の状態をしっかり見て、正しく評価してくれる業者を探すとよいでしょう。

4,査定に出すタイミングも加味して

査定に出す時期を考えるのも大切です。決算期やボーナス後など、車が最も高く売れる時期に売れば、高額査定を出してもらいやすいでしょう。

5,純正品も一緒に査定へ

長年使っている車の場合、パーツや部品を変えているケースがあります。純正品が残っているなら、一緒に査定に出してください。

おわりに

廃車買取がお得なのはなぜ?仕組みやメリットをご紹介まとめ

今回は、廃車買取の仕組みやメリットをご紹介しました。動かない車や、古い車にも、まだ価値があります。

部品やパーツが再利用できるかもしれませんし、海外ではまだ需要がある場合もあります。

廃車することを検討しているなら、お金を払って解体するのではなく、お金を受けとれて手続き代行までしてくれる「廃車買取業者」に査定を依頼してみるのはいかがでしょうか?

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!