車コラム

中古車売るならどこがいい?下取りと一括査定の仕組みも解説!買取店がおすすめな理由は査定額にあり!

高く車売るならどこがいい?下取りと一括査定の仕組みも解説!買取店がおすすめな理由は査定額にあり!

これまで乗っていた車を売るなら、ディーラーの下取りを利用するのが従来の車売却方法でした。

しかし最近では、車買取業者を利用して売るというスタイルが広まっています。理由は単純、そのほうが車の査定額が高いからです。

中古車買取業者とディーラーの下取りで査定額に差がつく理由や、個人売買と一括査定にも触れ、中古車買取の利用の流れをご紹介します。





高く車を売るならどこがいい?

高く車を売るならどこがいい

1番に思いつく売却先、下取りとは

車の売却先を考えた際に、最初に思いつくのは、新車の購入先で下取ってもらう事でしょう。実際売却するほとんどの方々は下取りを利用していました。

下取りとは、新車(上物)の代金の一部として割引く事です。なので中古車販売の業者を利用して中古車を購入する場合でも、前に乗っていた車をそこで売るのなら下取りといいます。

一方で、新しく購入するモノがない状態で売却する事を買取と言います。

下取りの査定額は、買取の査定額よりも安価に設定される傾向があります。というのも、中古車買取の業者は買取相場を見極め、査定額を出す決裁者が存在し、査定している車のニーズを考慮してからいくらで売れるかを算出しているので下取りよりも高い買取金額を出すことができるのです。

しかしディーラーの場合、一番の目的は販売です。ルーツが買取で利益を出す業態というわけではないため、市場価値が加味されない査定評価を受けてしまいやすいのです。

買取業者の参入までは、下取りの車の金額はディーラーにしか分らないので、次の車の購入予算次第で購入する人が納得すれば契約は成立となりました。結果的に、下取りよりも買取業者を利用した方が買取金額が高くなりやすいのです。

個人売買で売却はリスクが高い

個人売買には、友人や知り合いに売却する方法、最近ではオークションサイトやアプリでも売却することが可能です。値段設定ができるため、納得できる価格での売却の可能性は高いですが、それよりも危険なリスクといつ売れるかが不透明な部分があります。

車の引き渡しと支払いのタイミングを合わせるなど何かと気をつけるべき点が多く、高額な取引だけに万一トラブルが発生すると損害も大きなものになってしまいます。支払いがされない、車両が来ない、名義変更必要書類が来ないなど注意が必要です。

さらに、いつ売れるかが分らない為、現金化出来るまでの見通しが立てづらいでしょう。あくまで参考ですが、業者は大きな看板を掲げ広告費をかけ販売活動を行っていますが、販売に至るまで平均で60日ほど掛かると言われています。

もちろん1週間で売れたり、1年以上売れないケースもあります。車検が来月など手放さなければいけない期限がある場合は買取業者に依頼するのが得策と言えるでしょう。

車売却をするなら買取業者がおすすめな理由

最近多くの人が利用するようになっているのが、中古車買取業者を利用する方法です。中古車買取業者は1990年代に登場し、その後、徐々に全国に展開しています。

現在では無店舗も含む多くの業者が市場を形成しています。インターネットで査定を受けて売却することも簡単にでき、車買取、中古車買取といえばこうした業者を利用することを指します。

車の買取には査定が必要になりますが買取業者の場合、査定基準にのっとり査定士が車の評価をします。そして決裁者がその評価を元に買取相場を見て査定額を出します。

買取業者の良いところは買取出来るギリギリまでを線引きできる点です。ディーラーと違い、買取できなければ赤字にも黒字にもならないので高くても今決めてくれればと思っているでしょう。

車買取は業者によって買取価格が異なる?

買取相場は誰が見ても同じなのでどの業者を呼んでも買取金額が基本的には変わらないはずなんです。査定依頼をした方からして業者共通の基準のもと、査定価格を算出してもらいたいですよね。

ですが、業者数が増えライバルが増えてきている現状、買い取った車をより高く売れる売り先へ持っていくことで買取金額を高くする仕組みが出来ました。例えば、オークションではなく買取業者が販売店を構えて、販売車両として販売する事などです。

なので、たくさんの業者を呼ぶよりも査定士の人柄を見て何社かの査定士と、とことん金額の相談をした方が思いもよらぬ買取金額を提示してくれるかもしれません。

一括査定の仕組みと下取りがなくならない訳

一括査定の仕組みと下取りがなくならない訳

一括査定とは

車を売却する際には、まず一括査定を検討されるのではないでしょうか。

インターネットで車売却や車買取で検索するとすぐに一括査定サイトを見つけることができます。仕組みは簡単で、数ある一括査定サイトに各買取業者が登録し、そのサイトを通じて査定の依頼を買取業者が獲得するという仕組みです。

もっと詳しく説明すると、買取業者と一括査定サイトの運営会社は別で、買取業者は一括査定サイト運営会社に情報の獲得に対する情報料を支払っています。

複数の買取業者に依頼できるというメリットもありますが、登録すると5分放置しているだけで100件以上の着信履歴がある事もあるので、利用の際にはそういったデメリットも把握しておきましょう。

下取りは楽に売却できる

車買取業者のほうが高価買取が期待できるにもかかわらず、ディーラーでの下取りを利用する人は少なくありません。

それはなぜなのか、下取りがなくならない理由を考えてみましょう。

おそらく1番の理由は販売してくれる担当者にそのまま任せられるので手間が掛からないことでしょう。販売業者と購入する話をしていくうちに信頼性が増してくるのも理由かもしれません。

次の車の納車と同時に古い車の引き渡しができるため、新車が届く直前まで車が使えるのも利点のひとつです。

またディーラーによっては、下取り価格が安いと思えば交渉できる余地もあります。

ただし、交渉して下取り価格が上がったとしても、実際には次の車の値引き価格が下取り額として計上されただけというケースもあるので注意が必要です。

上記のように下取りは簡単なのですが、車買取業者と比較して買取価格に数十万円の差が付くこともある……と聞けば、ちょっと考えを改めようかという気にもなるのではないでしょうか。

そもそもディーラーは車の販売が専門です。買取や査定に注力しているディーラーを見つけるのは簡単ではありません。

加えて、各メーカーから今期の買取台数の発表を大々的には行っていません。「上半期売上販売台数No1」の文言をご覧になったことはないですか?あくまで販売する事が目的で、下取りは目的ではありません。

さらにいえば営業マン目線で考えても、下取りをしたからといってそのことが自分の成績に直接結びつくわけではありません。

下取り価格よりも買取業者の方が相場が高いため、販売営業マン自身が車買取業者を利用したほうが高く売れるとアドバイスすることもあるくらいです。

下取りよりも多少手間がかかるとしても、車買取業者を利用したほうが損する可能性が低いということです。

車買取でよくあるQ&A

車買取でよくあるQ&A

それでも車買取業者になじみがないという人のために、ここでは一般的な疑問点や気になる点をQ&A形式でご紹介しましょう。

車の査定に必要な書類はどれを用意すればいい?
実印と、(1)印鑑証明書、(2)自動車検査証(車検証)、(3)自動車税納税証明書、(4)自賠責保険証の(5)リサイクル券の5つの書類が必須です。

一つでもない場合は買取契約自体完了できないので注意してください。ただし、軽自動車の場合は印鑑証明、実印は必要ありません。

また、免許証を提示するのと車検証の住所と印鑑証明書の住所が違う場合、住所が繋がる様に住民票など公的な書類で繫げる必要があります。

点検整備記録簿があればプラス査定になります。メーカーの保証書は本人がワンオーナーの場合はワンオーナーであることの証明に使うため、これもあればプラス査定となります(ない場合はマイナス査定の可能性もあります)。

さらに、新車で購入したときのディーラー発行の仕様書があると、装備が正確に把握できるため、金額がプラスになる可能性があります。

査定の前に改めて確認しておきましょう。

車の査定に費用や時間はどれくらいかかる?
査定は無料です。有料で査定を行っているという業者はほとんどありません。

査定にかかる時間は1時間程度でしょう。査定の結果、買取の契約をする場合にはプラス15分ほどかかることになります。

出張査定の場合でも無料です。

事故車や10年落ちの車でも買取できる?
事故車も10年落ちの車も買取可能です。

一般的に、交通事故などにより車の骨格に関わる部位に欠陥を生じたもの、または修復歴のあるものを指す「修復歴車」が事故車にあたります。

修復歴車はそれなりのマイナス査定になりますが、買取をしている業者は少なくありません。

同じく、10年落ちの車も問題なく売れると考えていいでしょう。特に古いハイエースなど、東南アジアをはじめとする海外で売れる車は高額で買取される可能性があります。

日本車であれば走行距離10万キロオーバーでも需要があり、たとえ修理をしていない事故車だったとしても、パーツ取りのために買いたいという業者が存在します。

車検切れの車は車検を通しておくべき?
査定に関しては通さなくても大丈夫です。

逆にいえば、車検を受けたからといって、その費用分が買取価格に上乗せされることはまずありません。

したがって、車検切れの車はそのまま売ったほうがお得です。むしろ洗車をしっかりすることや、過去の点検整備記録簿を用意することのほうが大事です。

一括査定を利用するときの注意点はある?
一括査定は一度、一括査定サイトから車に関する情報と個人情報を入力して送信すれば、数社から多ければ10社以上の中古車買取業者による査定見積もりが得られます。

ただし注意したいのは、一括査定申込み後、複数の業者から一気に電話がかかってくることです。これは事前に想定していないと驚いてしまうかもしれません。

仮に10社から電話がかかってくるとするとそれだけで大変です。一括査定を利用するときは、その後の電話対応があることを前提に申し込みましょう。

車買取業者を利用するときの流れ

車買取業者を利用するときの流れ

車買取業者を利用するときの流れを説明しておきます。

①買取業者を選ぶ

まず買取業者を選びます。ネットなどで気になる業者をピックアップしてみましょう。

②査定を受ける

次に査定を受けます。買取店に持ち込む方法もありますが、出張買取を依頼するほうが簡単です。

数社の査定価格を比較するなら、日程を調整し各業者に自宅へ来てもらうのもいいでしょう。

③売却手続きに必要なものを準備

Q&Aで紹介した必要書類と実印を準備します。これはなるべく早めに用意しておきましょう。公的な書類は有効期限があるので2週間から1週間ほど前で準備しておきましょう。

査定を受ける際に書類があれば売る意思をしっかりとアピールでき、査定額に納得してそのまま売却手続きに移りたいと思ったときにもすぐに対応できます。

④車両引き渡し

契約書にサインし、売却手続きを終えると車両引き渡しです。業者が引き取りに来るのを待って、キーを渡します。

⑤入金確認

車両を引き渡して数日後に指定した銀行口座に入金されるというのが一般的です。

まとめ

高く車売るならどこがいい?下取りと一括査定の仕組みも解説!買取店がおすすめな理由は査定額にあり!

下取りの仕組みや一括査定サイトの仕組み、個人売買のリスクなどをのご紹介を致しましたがいかがでしたでしょうか。

少しでも高く売却を検討するのであれば一度、車買取業者で査定だけでもしてみてはいかがでしょうか。下取り金額を伝えればそれならと買取業者も金額を高く提示してくれるかもしれません。

おすすめの依頼方法は会社の信用性が高い買取業者に直接査定の依頼をすることです。不要な電話もありませんし、好きな業者を呼ぶので安心できるかと思います。

売却して入金されたお金は次の車の代金に充てるのも、他のことに使うのも自由です。車を売る予定のある方は、これらをぜひ参考にしてください。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!