車コラム

【車の事故歴や修復歴ある人必見!】車を高く売るために知っておくこと

【車の事故歴や修復歴ある人必見!】車を高く売るために知っておくこと

過去に事故を起こしてしまった、相手の車とぶつかって修復歴がある。

このように、車を運転しているとたくさんの想定外の出来事が起こります。

どの出来事も過去に起きたことなので後悔しても仕方ありませんが、事故歴や修復歴のある車はどれくらい査定に影響するのかについて、どうしても気になる人もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、車の事故歴や修復歴ある人が車を高く売るために知っておくべきことをはじめ、実際にどれくらいマイナス査定となるのか、そもそも修復歴は買取業者に報告しなければいけないのかについて解説していきます。





事故歴と修復歴の定義

事故歴と修復歴の定義

一般的に「事故車=修復歴車」と考えられていますが、中古車の査定でいわれている「修復歴車」とは、過去に事故に遭った車のことではありません。

それでは、事故歴と修復歴とはそれぞれどのような意味を持っているのでしょうか。

事故歴とは/事故車の定義

事故車とは、その言葉からも連想できるように「事故を起こしたor起こされた車」のことです。

一般的に使われている事故は予期していなかったのにも関わらず、物が損傷または損害が発生するような出来事のことを指しています。

そのため、事故歴には交通事故だけでなく、災害などによる損傷も含まれています。

とは言っても、大きな事故を起こした車は廃車となるため、中古車市場で出回ることはありません。

再生可能な損傷程度であれば、修理して販売することもあります。

修復歴とは/修復車の定義

中古車を査定する上で、重要なのは「修復歴車」です。

修復歴車は過去に事故を起こした車と思っている人も少なくありませんが、実は違います。

修復歴車には「自動車公正取引委員会」「日本自動車査定協会」「日本中古車自動車販売商工組合連合会」が中心となって細かく定めた明確な基準があります。

簡単に説明すると、修復歴車は事故歴の有無に関係なく、「骨格(フレーム)の交換・修復をしたもの」です。

具体的に骨格とは以下の部分を指しています。

  • ・フロントクロスメンバー
  • ・フロントインサイドパネル
  • ・フレーム
  • ・ダッシュパネル
  • ・ピラー
  • ・ルームフロアパネル
  • ・トランクフロアパネル
  • ・ルーフパネル
  • ・ラジエータコアサポート

これらの部分に損傷が確認できるものや、修理した形跡がある車両は修復歴対象です。

ただし、ボルト部分は骨格に含まれないため、交換しても修復歴にはなりません。

ラジエータコアサポートの部分については、過去に交換されていて、隣接するフレームやダッシュパネルといったフレームに凹みや修理の形跡がある車両は修復歴対象です。

ただし、一部の車種では修復歴にならないこともあります。

また以下の部分は、修理しても修復歴車とならない部分になります。

  • ・フロントバンパー
  • ・ロアスカート
  • ・フロントフェンダー
  • ・ボンネット
  • ・リアフェンダー
  • ・トランクリッド
  • ・リアバンパー
  • ・サイドシルパネル
  • ・ドア

フレームからボルトで外せるものは交換していても修復歴とはなりません。

しかし、ドアのジョイント部分にボルトを締め直したことが確認できれば、なにかしらの理由でドアが取り外されていることになるため、この部分の査定はより慎重に行われます。

他にも、以下のようなケースは修復歴に該当しないことがあります。

  • ・横からぶつけられてドアのみを交換
  • ・後ろから衝突されてリアバンパーのみ交換
  • ・正面衝突してライトやバンパーのみ交換
  • ・飛び石でフロントガラスを交換
  • ・屋根から雪の塊で表面が傷つく

どのくらい査定額に影響するの?

どのくらい査定額に影響するの?

明確な定義がある修復歴車ですが、査定額にはどれくらい影響を及ぼすのでしょうか。

また、できるだけ査定額が下がらないようにするための方法もご紹介します。

修復歴がある場合

日本自動車査定協会は、査定を公正にするための「査定基準」を設けています。

各社はこれに基づいて中古車の買取価格を決定していますが、あくまでも基準でしかありません。

基準よりも高く買取ってくれるところもあれば、業者によっては低い価格を言い渡してくるところもあります。

ただし、修復歴がある車の場合、一般的な中古車よりも30~40万円ほど査定額がマイナスになると言われています。

キズや凹み、ステッカーの痕などがまだ残っている場合

普通に運転をしていれば、小さな傷や凹み、ステッカーの跡などは避けられません。

これらは新車でもない限りついてしまうので、査定額に大きく影響することはありません。

ただし、傷や凹み、ステッカーの痕などは小さければ小さいほど、査定額が高くなることは聞くまでもないでしょう。

そのため、可能であればそれ以外の汚れについては自分で修理しておくことをおすすめします。

市販の研磨剤などを使って、できるだけキレイな状態にしておきましょう。

事故歴や修復歴ってばれるの?

事故歴や修復歴ってばれるの?

修復歴があったとしても、黙っていればばれないのではないかと考える人もいるのではないでしょうか。

実際に修復歴車を確認しても、素人目から見るとその違いはなかなかわかりません。

しかし買取業者が査定をする際は、修復歴があることを考慮して細部までチェックするので、事前に報告しておきましょう。

また、専門家も時には修復部分を見落としてしまうこともあるかもしれませんが、この場合は査定額が下がらなくてラッキー、ということにはなりません。

なぜなら、買取業者との契約には、事前に把握していれば修復を申告するという内容が含まれているからです。

つまり、修復歴があることを知っているのにも関わらず申告をしていなければ、その事実がばれたときに減額されることや、入金後であれば返金を要求されることもあります。

また、事実の隠ぺいを行ったとして、裁判沙汰になるケースも十分に考えられます。

「ばれなければ大丈夫」と博打を打つのではなく、余計な手間をかけないためにも、査定時に把握していることはすべて申告しておきましょう。

車をぶつけられた!自分が悪くなくても査定額は下がるの?

車をぶつけられた!自分が悪くなくても査定額は下がるの?

事故は事故でも、自分が被害者の場合はどうなのでしょうか。

自分が悪くなくても、車が傷ついてしまったことは紛れもない事実です。

とは言っても、これが原因で査定時にマイナスとなってしまうのは、どうしても納得いきませんよね。

このような場合、日本自動車査定協会が発行している「事故減価額証明書」という正式な書類を提出することで、相手車側に評価が下がった分の差額を請求することができます。

具体的には、事故による損傷からどれだけ評価額が下がったのかを算出したものが記載されたもので、申請する際は以下のものが必要です。

  • ・車(キーも)
  • ・自動車検査証
  • ・自賠責保険証
  • ・整備手帳(保証書)
  • ・取扱い説明書
  • ・修理見積書の写し(コピー)

これらを揃えた上で、日本自動車査定協会に連絡してください。

事故歴や修復歴のある車を売るときの注意点

事故歴や修復歴のある車を売るときの注意点

一般的には相場より30~40万円ほど査定額が低くなってしまう事故歴や修復歴のある車ですが、愛車を手放す際にはどのようなことに注意しておくことが必要なのでしょうか。

過去に修復歴がある車でも、できるだけ高く売るためには、なにができるのでしょうか。

自分の車の状況を把握してなるべく高く売ろう

自分の車についてどれだけ詳しく知っているのかということも、査定額に大きく影響することがあります。

たとえばドアを交換した場合、ピラー部まで修理していなければ修復歴にはなりません。

このように細かなところまで把握していれば、査定額がマイナスになることはありません。

また、ある程度買取相場を知っているだけでも強みになります。買取業者によって査定額は違ってきますが、「○○万円で売りたい」という基準を持っておくことも大切です。

事故歴や修復歴を隠すと取引が不利になる可能性がある

前述した通り、修復歴があれば事前に申告する義務があります。

売買契約には「瑕疵担保責任(※売買の目的物に瑕疵があった場合は売主に責任があること)」があり、修復歴があることを隠して売却したら、売った側が責任を取らなければいけません。

また、前オーナーから車に修復歴があることを知らされずにいた場合でも、その旨を申告しなければ隠ぺい行為とみなされることもあります。

知人からの購入でも、修復歴の有無は確認しておきましょう。

先に修理してから買い取ってもらう方が高く売れる?

板金修理を受けた跡がある場合でも、査定額に大きく影響を及ぼします。

この場合、板金修理で支払う金額よりも査定額が上乗せされることはあまり考えられないため、査定アップのために板金修理を行うと損する可能性が高くなります。

まだまだ乗り続けたいのであれば車を直した方が良いかもしれませんが、数ヶ月以内の売却を検討している状態であれば、修理をしないでそのまま売ってしまうことをおすすめします。

まとめ

まとめ

事故歴があると、査定額に大きく影響するのではないかと不安になるかもしれません。

実際事故歴があるとマイナス評価になってしまうことがほとんどですが、さまざま情報を知っているだけで、減額を最小限に済ませることができます。

そのためにも、まずは車の状況や相場を把握することから始めましょう。

また事故歴を把握している場合は、きちんと伝えることも忘れずに!

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!