車コラム

車のキズによる買取査定額への影響はどれくらいあるのか?

車のキズはどれくらい査定額に影響するの?

これから車を売却しようと考えている人にとって、小さなキズの数々は気になるところ。

普段はほとんど気にならないキズであっても、評価が下がってしまう要因となるため不安に感じるかもしれません。

では、車のキズは買取査定額にどれくらいの影響があるのでしょうか。

また、査定前にキズを直した方が良いのかについても疑問に思っている人は多いでしょう。

このような不安を解消するために、ある程度の知識を備えておきたいものです。

そこで本記事では、車のキズによる買取査定額への影響はどれくらいあるのかについてご紹介していきます。





車のキズはどれくらい査定額に影響するの?

車のキズはどれくらい査定額に影響するの?

どれだけ大切に乗っていても、小さなキズは避けられません。

そのため、日本自動車査定協会が定めた基準では、キズの大きさによって査定額が変わってきます。

買取査定の基本は減点方式となっており、1点=約1,000円で計算されます。

この章では、それぞれどのような基準で、どの程度の減額になるのかについてご紹介します。

細かいキズの場合

1~2センチ程度のキズであれば査定額に影響することはありません。

なぜなら、普通に車に乗っていれば飛び石などで細かなキズがついてしまうのは当然だからです。

買取店側もその辺りは十分に考慮しているため、減点対象にならないことがほとんどです。

また、少し擦れば修理できるキズも許容範囲内と言えるでしょう。

ただし、常識を外れるような無数のキズがある場合は、ボディ全体の状態を見てから減額する可能性は十分にあります。

再塗装で済むキズの場合

ボディ全体には影響がなく、再塗装で済むキズは、以下のような減額幅になっています。

キズの大きさ 減額幅
1センチ未満 ほとんど影響なし
1センチ以上カードサイズ未満(9センチ程度) 1万円程度
カードサイズ以上A4サイズ未満(30センチ程度) 1万円~2万円程度
A4サイズ以上 1.5万円~4万円程度

日本自動車協会「中古自動車査定基準及び細則〔Ⅰ〕」参考

1センチ未満のキズであれば査定額への影響はほとんどないものの、それ以上の大きさについては減額対象です。

減額幅の度合いについては、キズの大きさによって異なります。

ただし、実際の査定では各社の基準に沿って行われることがほとんどです。

必ずしも上記の金額通りに査定額が決まるわけではありませんので、十分に注意してください。

深いキズの場合

板金や再塗装が必要な深いキズの場合は、以下のような減額幅になっています。

キズの大きさ 減額幅
カードサイズ以上A4サイズ未満 1.5万円~5万円程度
A4サイズ以上各パネル面積1/2未満 2万円~8万円程度
各パネル面積1/2以上 7万円~20万円程度

日本自動車協会「中古自動車査定基準及び細則〔Ⅰ〕」参考

深いキズを直すためには専門的な知識が必要となるため、専門の工場などに委託しなければいけませんが、業者によっては再塗装のみで済む場合もあります。

各パネル面積1/2以上のキズが付いた場合、部品を交換する必要が出てきます。

この場合の考え方も業者によって異なるため、目安として捉えるようにしてください。

キズは直してから売却した方がお得?

キズは直してから売却した方がお得?

キズの状態や大きさによっては大幅に減額となってしまうため、直してから査定した方がお得と考えている人もいるかもしれません。

たしかに査定額はアップするかもしれませんが、キズを直さずに査定した方がお得になることがほとんどです。

なぜそのような結果になるのか、キズを直さずに売った方がお得になる理由をご紹介します。

基本的に直さずに売った方がお得!

キズを直してから査定すれば、車の評価は上がるかもしれませんが、直さずに売却した方が結果的にお得になります。

その理由として、キズを直すための修理代の方が高くついてしまい、減額分で取り戻すことはほとんどできないからです。

上記の表からも分かるように、再塗装で済むような小さなキズであれば減額は1万円となります。

一方で、どれだけリーズナブルにキズを直せる簡易板金でも、料金は1.5万円程度です。

せっかく修理したにもかかわらず、修理にかかった費用を回収することができません。

したがって、ボディーに付いたキズを査定前に直したところで、ほとんどの場合で損をすることになります。

減額分を少なくしたいという理由で、査定前にキズを直すことはやめましょう。

小さなキズでも自分で直すのは避けましょう

修理代がかかってしまうのなら、自分で直せば良いと考えている人もいるでしょう。

たしかに修理工場で直すよりは費用を抑えることはできますが、あまりおすすめできません。

なぜなら、専門知識を持たない人が直すことで、余計に減点される可能性があるからです。

小さなキズであれば問題ないと感じているかもしれませんが、キズは磨いて色を塗れば良いという単純な作業ではなく、特殊な技術と長年の経験が必要になってきます。

たとえば、経年劣化による変色はボディ色に合わせて色を調合しなければならず、本来の色と馴染ませながら、境界線が分からなくするための高い技術が求められます。

小さなキズであっても初心者が修理しようとすると失敗する可能性が高いため、自分で直すのは避けた方が良いでしょう。

査定士がチェックするポイント

査定士がチェックするポイント

愛車を高く売却するためにはどうすれば良いのか、いろいろと調べている人も多いのではないでしょうか。

できるだけ高い評価をしてもらうためには、中古車の査定士がどのようなところをチェックしているのか知っておく必要があります。

ここでは、特に重要視される4つポイントについて詳しく解説していきます。

外装

外装はキズやへこみといった汚れ以外にも、ボディカラーも査定額を左右します。

各メーカーから販売されている車種には様々なボディカラーがありますが、人気が高いものとそうでないものとで分かれます。

特に人気が高いカラーは白や黒などです。

人気色は中古車として販売してもすぐに買い手が見つかるため、高額査定してくれる可能性も高くなります。

他にも、キズやへこみはもちろんのこと、機器の破損なども確認していきます。

内装

内装の状態も細かくチェックされますが、査定額への影響が大きいのがタバコです。

近年、喫煙者が減少傾向にあることからも、禁煙車を希望するユーザーが増えています。

多少のヤニ汚れなら自分でクリーニングすることも可能ですが、ニオイを消すことは困難です。

また、シートやフロアマットの汚れも査定ポイントのひとつです。

シートやフロアマットが破れている、もしくは交換が必要なくらいに汚れている場合は、査定額に大きく影響します。

エンジン

走行性能に問題がないのか、エンジン回りも細かくチェックします。

普段乗っていて異常がないのであれば問題ありません。

しかし、走行中に変な音がしたり、吹き上がりが悪かったりした場合は、査定額が下がる可能性があります。

また、エンジンルーム内の機器チェックも行います。

その中でも、オイルや水漏れは減点の対象です。査定前にチェックして、オイルや水漏れがある場合はウエスなどで拭き取っておきましょう。

走行距離

走行距離10万キロ以上の車に対して悪いイメージを持っている人もいるかもしれません。

たしかに中古車業界では、多走行車のニーズはあまり高くありません。

また、5万キロを超えた中古車は価値が大きく下がってしまうことも事実です。

とは言っても、走行距離が少ない車でも評価が下がることがあります。

たとえば、5年落ちの車で、走行距離が1万キロの場合は、走行性能に問題があると判断されるでしょう。

修復歴車に注意しましょう

一般的に呼ばれる事故車とは、修復歴車のことです。

  • フレーム

  • フロントクロスメンバー

  • フロントインサイドパネル

  • ピラー

  • ダッシュパネル

  • ルーフパネル

  • ルームフロアパネル

  • トランクフロアパネル

  • ラジエターコアサポート

修復歴車とは、上記の骨格部分を交換または修復したものを指します。

走行上のリスクが高くなることからも査定額に大きく影響することがほとんどで、数万円から数十万円の減額となります。

ここで注意しておきたいのは、修復歴があることを隠すことです。

売主には修復歴車であることを申告する義務があり、これを怠った場合は減額対象になるなど、トラブルに発展するかもしれません。

車をなるべく高く売るためにできること

車をなるべく高く売るためにできること

査定士が、どのようなポイントに重視してチェックしているのが分かりました。

では、愛車を高く売るためには、どうすれば良いのでしょうか。

少しでも印象を良くするために、ちょっとしたコツを知っておくと有利に働くかもしれません。

すぐに実行したい査定額をアップさせるための2つのポイントをご紹介します。

車をきれいにしましょう

査定士の印象を良くするためにも、内装・外装をキレイにしておくことは大切です。

基本的には車をキレイにしていても、査定額に影響することはありませんが、車を査定しているのは人です。

キレイな車と汚い車のどちらが良いのか聞かれれば、一目瞭然でしょう。

逆にあまりにも外装・内装が汚いと評価が大きく下がる可能性もあります。

普段からキレイにしていても汚れは目立ってきますので、洗車だけでなく、車内の清掃も行ってください。

必要書類は事前に準備しておきましょう

車を売るために必要な書類は以下の9点です。

  • 自動車検査証(車検証)

  • 自動車税納税証明書

  • 実印

  • 印鑑証明書

  • リサイクル券

  • 自賠責保険証

  • (委任状)

  • (譲渡証明書)

  • (住民票)

これだけ数が多いと、用意するのに面倒くさいと思ってしまうかもしれません。

しかし、準備に時間がかかってしまうと、減額の対象になることもあります。

また、3月に車の売却を予定している人は自動車税も関係してくるため、早めに動いておきましょう。

自分の車の価値を知るなら無料査定!

自分の車の価値を知るなら無料査定!

直近で車買取を検討しているのであれば、無料査定を受けることをおすすめします。

インターネットなどで査定相場を調べることもできますが、あくまでも目安でしかありません。

そのため査定依頼をすることで、期待値以上の査定額を提示されることもあります。

査定と耳にすると、面倒くさいとイメージしている人も少なくないでしょう。

しかし、実際には30分~1時間程度で終了します。仕事などで忙しい人でも気軽に申し込めるのがメリットです。

本当の査定額を知るためにも、無料査定がおすすめです。

まとめ

まとめ

小さなキズであれば査定額に影響することはほとんどありませんが、状態や大きさによっては減額対象となります。

とは言っても、減額を免れるために査定前の修理はおすすめできません。

愛車を高く売りたいのであれば、査定士がどのようなポイントを重視しているのか知っておくことも大切です。

まずは、無料査定で自分の車の価値を確認してみてはいかがでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!