車コラム

車買取でへこみやキズはどれくらい査定額に影響するの?高く売るためのコツは?

車買取でへこみやキズはどれくらい査定額に影響するの?高く売るためのコツは?

これから、車の売却を検討している人で、少しでも高く売るためにいろいろと調べている方も多いのではないでしょうか。

そんな人たちにとって気がかりとなるのがキズやへこみです。

これらが査定額に影響することは、説明するまでもありません。

しかし、どれくらい評価が下がってしまうのかについて、熟知している人は少ないのではないでしょうか。

少しでも中古車を高く売るためには、売却に関して理解度を深めることが大切です。

そこで本記事では、車買取においてキズやへこみがどれくらいの影響を及ぼすのかについてご紹介していきます。





小さなへこみやキズなら査定額の影響はほとんど無い!

小さなへこみやキズなら査定額の影響はほとんど無い!

何年も車に乗り続けていれば、キズやへこみが付いてしまうのは当然です。

もちろん、車売却時にはキズやへこみといった汚れは少ないほど、査定額は高くなります。

そのため、市販の研磨剤などでキレイにできる部分は、自分で修理しておくことをおすすめします。

しかし、ほんの小さなキズやへこみ程度であれば、査定額に影響することはありません。

具体的には、キズやへこみの大きさが1~2センチほどと思っておけば問題ないでしょう。

なぜなら、ほとんどの買取専門店では、多少のキズやへこみは当たり前だと思っているからです。

とは言っても、買取業者によっては査定額に影響することもあるので注意が必要です

また、小さなキズやへこみなら評価が著しく下がることはありませんが、大きさによっては減額されることもあります。

明確な基準については、次章以降で詳しくご紹介していきます。

車買取の査定基準

車買取の査定基準

車買取では、「一般社団法人日本自動車検査協会(JAAI)」が定めた基準を元に査定しています。

この基準に関しては、ホームページ上でも一般公開されています。

しかし、細かなところまで記載されているため、すべての内容を理解することは難しいと思ってしまうことでしょう。

車の査定でベースとなるのは「走行距離・年式・車種」の3つです。

査定基準とひとつずつ照らし合わせながら加点や減点を繰り返していき、最終的な査定額を算出することになります。

この場合のルールとして、1点は約1,000円として査定額に反映されます。

へこみやキズはどれくらい査定額に影響するの?

へこみやキズはどれくらい査定額に影響するの?

先ほどもご紹介した通り、小さなキズやへこみ程度であれば買取店も許容範囲内なので、査定額に大きく影響することはありません。

しかし、大きさ次第では減額対象となります。

それでは、どれくらい査定額に影響があるのか知りたい方がほとんどではないでしょうか。

そこでこの章、キズやへこみがどれくらい査定額に影響してくるのかについてご紹介します。

へこみの減点基準

へこみは、以下のように大きく4つに区分けされます。

  • 1センチ以上カードサイズ未満のへこみ……10点減点(へこみの部分は関係ない)

  • カードサイズ以上A4サイズ未満のへこみ……下記表の「小」欄を参照

  • A4サイズ以上各パネル面積1/2未満のへこみ……下記表の「大」欄を参照

  • 各パネル面積1/2以上のへこみ……下記表の「交換」欄を参照

各パネルで減点される点数については、下記の表の通りになっています。

パネル部の名称 交換
ボンネット 30 50 70
フロントフェンダ 30 50 65
フロントドア(4ドア) 30 50 80
フロントドア(2ドア) 30 50 85
リヤドア 30 50 75
リヤフェンダ(4ドア) 30 50 130
リヤフェンダ(2ドア) 30 50 150
トランクフード 30 50 65
バックドア 30 50 95
ルーフ 50 80 145
ピラー 15 20 -
ボディサイドシル 15 20 80
リヤエンドパネル 15 20 65

同じパネルにカードサイズ以上A4サイズ未満のへこみが複数確認できる場合は、「大」の点数を上限にして、それぞれを合計した点数が減点されることになります。

また、査定基準の中には車種をクラス分けした「クラス係数」があります。

合算した点数にクラス係数を乗じたものが最終的な点数となり、1点=約1,000円として算出されたものが査定額です。

他にも、以下のような場合は「交換」の減点対象となります。

  • パネルフレームが曲がっている状態

  • 波状の修理跡がパネル面積の1/2以下

  • 亀裂が生じている

  • 大きな損傷がある

ただし、これらの点数はあくまでも参考値であり、買取店独自の基準を設けているところもあります。

そのため、基準通りの減点に必ずなるとは限らないことも頭にいれておきましょう。

キズの減点基準

キズについても、以下のように大きく4つに区分けされています。

  • 1センチ以上カードサイズ未満のキズ……10点の減点

  • カードサイズ以上A4サイズ未満のキズ……20点の減点

  • A4サイズ以上各パネル面積1/2未満のキズ……30点の減点

  • 各パネル面積1/2以上のキズ……40点の減点

へこみと比較すると、減点基準がシンプルであることが確認できます。

キズの部分に関係なく大きさを測って、JAAIが定めた基準に当てはめていくだけで減額が決定する仕組みです。

ただし、大きさが基準値以上であったとしても、少し磨くだけですぐに消えると判断されることもあります。

この場合の減点は、ほとんどゼロに等しいと考えて良いでしょう。

逆に小さなキズでも、深さによってはコーティングなどが必要と判断されることもあるかもしれません。

この場合は、基準値を大幅に超えて数万円の減額となるケースもあります。

とは言っても、どのようなキズが許容範囲内になるのか判別が難しいこともあります。

そのため、査定をしてもらう前に板金工場などに持っていき、どの程度のキズなのかをプロの目線で判断してもらうことをおすすめします。

へこみやキズは直してから売った方がいい?

へこみやキズは直してから売った方がいい?

減額されるのなら、先に修理してから査定に出した方が良いと思うかもしれません。

結論から言うと、へこみやキズは修理しないで売却することをおすすめします。

なぜなら、修理代の方が高くついてしまい、結果的に損をする可能性が高いからです。

実際にシミュレーションをしてみます。

たとえば、トランク部分がA4サイズ未満へこんだとします。

この場合の減点は「30点」であり、金額すると約3万円です。

しかし、修理に出すと最低でも3万円以上はかかります。

仮に5万円で修理したとしましょう。

ここで気になるのは、修理代以上の査定額が出るかどうかです。

もちろん、約3万円の減額がなくなるだけなので、結果的に2万円を損したことになります。

自分で直せる範囲なら問題ありませんが、お金をかけて修理することはやめた方が良いでしょう。

へこみやキズがある車をなるべく高く売るために

へこみやキズがある車をなるべく高く売るために

ほとんどの方が、どうせん売却するのであれば、少しでも高く売却したいと考えているのではないでしょうか。

キズやへこみがある車でも、ちょっとした工夫をすることで査定額をアップさせることができます。

誰でもすぐに実行に移すことができる高額査定してもらうためのポイントを2つご紹介します。

車の清掃は行っておきましょう

基本的に、車内の清掃をしても査定額アップになりません。

しかし、査定依頼を出す前には外装・内装ともにキレイな状態にしておくことをおすすめします。

なぜなら、ピカピカの中古車であれば査定士の心象も良くなるからです。

あまりにも汚いと、評価が下がってしまう可能性もあります。

余計なところで減額されてしまわないためにも、最低限の清掃は行っておいた方が良いでしょう。

必要書類などは事前に用意しておきましょう

車の売却に必要な書類は以下の9点です。

  • 自動車検査証(車検証)

  • 自動車税納税証明書

  • 実印

  • 印鑑証明書

  • リサイクル券

  • 自賠責保険証

  • (委任状)

  • (譲渡証明書)

  • (住民票)

数は多いですが、どれも簡単に用意できるものばかりです。

しかし、準備に手間取ってしまうと査定額が下がることもあります。

また、3月に売却を検討している人は自動車税の関係も出てくるため、早めに動いておくことをおすすめします。

ちなみに、バイセルで買取を行ってもらう場合、必要な書類は上の6点になります

修復歴車に注意!

修復歴車とは、以下の骨格部分を交換または修復した車のことです。

  • フレーム
  • フロントクロスメンバー

  • フロントインサイドパネル

  • ピラー

  • ダッシュパネル

  • ルーフパネル

  • ルームフロアパネル

  • トランクフロアパネル

  • ラジエターコアサポート

これらは、一般的に事故車と呼ばれています。

修復歴車は走行上のリスクが高いという理由から、中古車市場でも高額査定されにくい車になります。

査定額に影響を及ぼすことが多く、車の状態によっても異なりますが、数万円から数十万円の減額がされることも少なくあります。

ただし、修復歴があることを申告しないで査定依頼を出した場合、トラブルに発展することもあります。

問題なく手続きを進めるためにも、把握している部分は事前に申告しておきましょう。

無料査定で自分の車の価値を知る

バイセルなら安全、高額に車買取ができる!

最終的にどれくらいの査定額になるかは、査定に出してみなければわかりません。

愛車の価値がどれくらいなのかを知るためにも、無料査定を受けてみることをおすすめします。

査定時間は30分~1時間程度なので、仕事で忙しい人でも気軽に申し込むことができます。

キズやへこみがあったとしても、走行距離や年式などの評価でプラスされることもあります。

バイセルなら無料で買取査定をすることができるだけでなく、出張査定も行ってくれるので、ぜひご利用してみてください!

まとめ

まとめ

車買取におけるキズやへこみの影響はあまり大きくないと考えて問題ありません。

大きなキズやへこみであれば減額対象となるものの、1~2センチ程度の場合は問題視されることはないでしょう。

また、減額を避けたいという理由で査定直前に修理をすることは損をする可能性が高いのでおすすめしません。

自分の車がどれくらいの価値なのかを知りたい方は、ぜひ無料査定を受けてみてはいかがでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!