車コラム

車を手放すメリット、デメリットとは?手放した時の保険、税金について解説

車を手放すメリットとデメリット

車を所有していると日常生活において便利に感じるシーンが多くありますが、保険や税金など、使用状況に関わらず費用がかかるものです。

住んでいる地域によっては車移動ではなく、交通機関を利用するほうが便利なケースもあり、手放したほうが良いのではないかと考える方も多いのではないでしょうか。

車を手放すのにはメリットとデメリットが考えられます。保険や税金などの関係も踏まえて、手放すかどうかを検討するべきでしょう。

そこで今回は、車を手放すメリットとデメリットをご紹介します。





車を手放すのは寂しいけど……

愛車を手放すのは寂しい

長期間所有している車であれば、愛車を手放すのは寂しく感じる方も多いでしょう。

しかし、車を手放すのを考えるということは、今の生活に車が本当に必要なのか、疑問を抱いている証拠とも言えるのではないでしょうか。

「金銭的に余裕がない……」「車に乗る回数が減った」「維持費が気になるようになった」など、手放す理由はさまざまだと思いますが、本当に車が必要かどうか、車を手放すことによって生まれるメリットとデメリットを踏まえて、客観的に考えてみてはいかがでしょうか。

車を手放すメリット

車を手放すメリット

維持費がかからない

車を手放す大きなメリットが、車の維持費がかからなくなる点ではないでしょうか。

車は所有しているだけで多くの維持費が必要になります。駐車場代や任意保険、自動車税に車検費用、乗用すればガソリン代も必要です。

小型乗用車を1年間所有するだけで、年間平均40万円前後の費用が必要になると言われています。

乗る回数やローンがどの程度残っているかという点も関係してきますが、40万円前後の金額が手元に残ると考えれば、明確なメリットと言える可能性は高いでしょう。

無駄な買い物が減る

一般的に必要な商品を一度の買い物で済ませたいと考える方は多いでしょう。車があれば重い荷物でも運搬に苦労しませんし、休日に食材や日用品をまとめ買いする方も多いでしょう。

対照的に、車がない場合一度の買い物で必要な物を揃えるのではなく、何回かに分けて買い物をする必要があります。

車を利用して買い物をしていたときと比較すると、一度に購入する量が減る可能性がありますので、必要なものだけ買うようになる可能性もあります。

心身ともに健康になる

車がない場合、徒歩での買い物や通勤をする方も多くなりますが、車を運転して通っていた道のりを歩くだけで運動になり、健康的な身体を手に入れられる可能性も高くなります。

最寄り駅まで徒歩10分程度の場所に住んでいたとしても、歩くだけで毎日最低20分前後のウォーキング運動になり、往復1.5キロメートル前後を歩くことになります。

歩くことによって心身ともに健康的になるので、このこともメリットの一つと言えます。

車を手放すデメリット

車を手放すデメリット

車には手放すメリットもあれば、デメリットもあります。頻繁に車を運転していた方からすると、デメリットの影響も大きく受けるので、メリットとデメリットのどちらが自身にとって大きく感じられるかを重視してください。

移動に時間がかかる

通勤でも買い物でも、車を利用していた時と比較すると移動に時間がかかる可能性が高くなります。

車で10分程度の場所にあるスーパーで買い物をする場合でも、徒歩と交通機関を利用すると30分程度かかるケースも少なくはありません。

常に時間に余裕を持って行動したい人にとっては、車を所有しているときと比べるとデメリットに感じられる方も多いのではないでしょうか。

行きづらい場所が増える

車があれば比較的楽に足を運べた場所も、徒歩と交通機関を利用するだけでは行きづらいケースも見受けられるでしょう。

地域によっては、最寄り駅やバス停から遠い場所にスーパーや商業施設がある可能性も少なくはありません。

生活している地域によることから一概には言い切れませんが、住んでいる場所によってはデメリットに感じられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

家族での移動に困る

結婚していて子どもがいるご家庭や、高齢になったご両親と同居されている方の場合、車がないと不便に感じられる可能性もあります。

小さい子どもを連れて外出する際には荷物も多くなり、車がないと大変な思いをするケースもあります。

また、高齢のご両親がいる場合には車移動が基本となっているご家庭も少なくはありません。自分以外に車を必要としているご家族がいる場合には、車を手放してしまうと力になれない可能性もあります

車を手放す時の保険や税金はどうなるの?

車を手放す時の保険や税金

車を所有していると、維持費に自動車税や任意保険の費用を支払う必要があります。車を手放すときにそれらの費用はどうするべきなのか、手続きはどうすれば良いのかご存じない方も多いのではないでしょうか。

保険と税金だけでも多くの費用を支払っているので、しっかりと把握しておきましょう。

保険

車を運転する際には任意保険に加入している方が多い傾向にありますが、保険は車を買い替える場合と売却する場合とでは手続きの内容が異なります。

車を買い替える場合には、保険会社や代理店に車両入替の連絡をすれば必要な手続きを説明してもらえますが、売却の場合は今後車に乗る可能性があるのか考えてみましょう。

再度車を購入する方の場合、任意保険の等級を保存しておくほうがメリットのある可能性が高くなりますので、解約ではなく中断証明書を発行する形になります。

任意保険は無事故で加入し続けていた場合、保険内の等級が高くなり保険額の割引率が高くなります。

中断証明書を発行すれば7等級以上の等級を最大10年間保存しておけますので、将来的に車を再度購入する予定の方は中断証明書の発行を視野に入れることもできます。

中断証明書の発行申請時点で廃車や譲渡の手続きが完了していて、車検を通していないことが条件となりますので覚えておきましょう。

税金

一般的に、自動車税は4月下旬から5月上旬前後に1年分の税額が請求されるので、車を手放す時期によっては、さらに自動車税を支払わなければいけない可能性があります。

ただし、自動車税は車を手放した場合は還付されるようになっています。廃車にした場合には、還付手続きを行えば手放した月から翌3月分までの自動車税が還付されますので、自動車税事務所に連絡をしてみましょう。

また売却の場合は自動車税事務所からではなく、買取業者から未経過分の税額を売却額に上乗せして支払ってもらうケースが多いので注意しましょう。しかし軽自動車は課税額が安価なので、自動車税が還付される可能性は低くなります。

所有している車の車種と、手放す時期に応じて必要な手続きを済ませましょう。

車を手放すタイミング

車を手放すタイミング

車を手放すのには、多くの方がお得に感じるタイミングがあります。すぐに手放さなくてはいけない事情がない限り、手放すタイミングを見計うのも一つの方法です。

自動車税を支払う前

金銭的な面でお得に感じるのが、自動車税を支払う前に車を手放すことです。4月になると1年分の自動車税がかかってしまうことから、3月に車を手放すことで安く売却することができます。

手続きが遅れてしまうと4月の段階でまだ所有権が移っておらず、課税対象になる可能性があるので注意しましょう。

車検を機に手放す

自動車税と併せて、車検の時期に車を手放す方もいます。車検には部品の交換や点検の他に、重量税や自賠責保険費用も含まれますので、軽自動車でも5万円から10万円前後の費用が必要になるケースも少なくはありません。

高く売れる時期を狙う

車は売却する時期によって価格が多少なりとも変動します。2月や3月には買い替えや新車購入のシーズンが訪れる傾向にあり、業者の都合から買取価格にも違いが見受けられる可能性は高いでしょう。

買取価格が高いタイミングを狙って売却すれば、手元に残る現金も多く、その後の生活に余裕が生まれます。

車を急いで手放したい理由がない方は、買取相場に目を向けるのも効果的と言えるのではないでしょうか。

車を手放す時の注意点

車を手放す時の注意点

車を手放すことを決めた場合、すぐに行動を起こす前に注意しておくべき点があります。

後で損をしていたことや、面倒な手続きが加わる可能性もありますので、注意点を踏まえた上で行動しましょう。

査定額が低くなる前に手放そう!

車を買取に出す場合、走行距離や車の状態、購入してからどの程度年月が経過しているかは査定に大きく関わります。

乗用した回数が少なく新古品と呼ばれるほどに状態の良い車でも、購入してから年月が経過していると査定額が低くなる可能性がありますので、早めに手放したほうが査定額は高くなります。

人気の車種や業者から高価買取が取り上げられている車を所有していた場合、タイムリーな売却を心掛けたほうがお得になります。

ローンの残債に気を付ける

車を購入した際に組んだローンがまだ残っている場合、所有者が誰になっているか確認する必要があります。

車の所有者が自身であれば手放せますが、ディーラーなどを通して購入し、ローン返済まで第三者が所有者になっている場合には、ローンを完済しないと手放せない可能性もあります。

また買取価格でローンを完済できるのであれば手放すことも可能ですが、買取価格でもローンの完済が見込めず、手元のお金で補填も叶わない場合には、手放すことができないこともあるので、ローンの残債がある方は、車の所有者が自身になっているか確認してから行動に移しましょう。

買取店舗をしっかりと選ぶ

車を手放す場合、買い替えではなければ買取業者に依頼して買い取ってもらう方が多くなりますが、買取店舗はしっかりと選んだほうが良いでしょう。

買い取る業者によっては信頼できない業者もいるので、信頼のできる買取業者を選ぶことが重要になります。

車査定ならスピード買取のバイセルへ

車の買取を決めた方でも、時間があまりなく査定の依頼に踏み出せない方におすすめなのがスピード買取の「バイセル」です!買取業者の下に車を持ち込み、数時間かけて査定をしてもらい、査定価格に満足できなかったので、新しい買取業者に再度依頼するなんて嫌ですよね。

スピード買取のバイセルなら、査定依頼から最短で自宅に来て査定をしてくれますので、時間のない方でも効率良く買取の手続きを済ませられます。

買取が不成立の場合には手数料もかかりませんので、気軽に買取の依頼ができるのも大きなメリットです!





まとめ

中古車を手放すときの保険や税金

車を手放すメリット、デメリットから手放した際の保険や税金についてご紹介いたしましたが、車を手放すのなら早いほうが良いと言えます。

時間が経過すれば買取価格も変動して、各種税金や保険費用も負担しなくてはなりません。少しでも車を手放そうと考えているのであれば、まずは気軽に買取業者に連絡してみてはいかがでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!