車コラム

車を売却する時の流れを徹底解説!査定や書類の注意点まとめ

車を売却する際の流れ

車を売却する際、どのような流れで手続きが行われるのかご存知でしょうか。

車は大きな買い物の一つですから、頻繁に売却する方も少なく、車売却における流れをご存じない方も多いでしょう。

今回は車を売却する際の流れを徹底解説しますので、車の売却をご検討中の方はぜひご参考にしてください。

また、査定や書類の注意点もまとめているので、売却前に知識として備えておきましょう。





車を売却するときの流れを理解しよう

車を売却するときの流れ

車の売却は買取業者によって手続きが異なる場合が多々あります。買い取り業者は別でも必要となる書類は基本的に変わらないため、大まかな流れを押さえておけばスムーズに売却を済ませられるでしょう。

1.売却方法を選ぶ

車の売却を検討する場合、最初にどのような方法で売却するかを考える必要があります。買い替えでディーラーに査定してもらい下取りに出すのか、オークションに出品するのか、買取業者に依頼するのか。

ただし、下取りは査定価格が安価になる可能性が高く、オークションは手間に加えて車に関する高い知識も求められる傾向にありますので、売却に向いている方法とは言えないでしょう。

買取業者に依頼して査定をしてもらうと高額になる可能性が高いので、特別なこだわりがない方は買取を依頼してみてはいかがでしょうか。

2.買取店を探す

売却方法を決めたら、次に買取をしてもらうお店を選びます。

売却における手続きは店舗間で大きく違いはありませんが、査定額は異なる可能性が高いので、ネットの口コミや評判などをリサーチし、魅力的に感じられる買取店を見つけてください。

3.査定をしてもらう

買取店が決まったら店舗に連絡し、所有している車の査定を依頼します。

4.必要な書類を記入する

査定額に納得できたら、次は買取に必要な書類に記入します。事前に必要書類を用意しておけば査定後にスタッフから渡される書類に記入するだけで済みます。

捺印も必要なので、書類と併せて用意を忘れないようにしてください。

5.売却する

必要書類の記入が終わりましたら、車の売却をして終了です。

お金が振り込まれるまでに平均して2営業日必要とする買取店が多いですが、スピード買取のバイセルなら査定額に満足できればその場で現金が受け取れますので、お急ぎの方は利用してみてはいかがでしょうか。

車の査定で高額で売却する方法

の査定で高額で売却する方法

車の売却を検討している方は、どうすればより高値で売却できるか、一度は考えると思います。

査定前にひと手間加えるだけで、査定額によい影響を与えられる方法がありますので、少しでも高値で売却したい方は実践してみてはいかがでしょうか。

前に車内を綺麗にする

車の買取査定は走行距離や購入してからの年月に加えて、車の状態まで確認する場合があります。

車体についてしまったこすり傷やへこみなどの損傷は個人で直すことは難しいですが、車内の掃除であれば簡単に車の見栄えをよくすることができます。

事前に車内を綺麗にしていれば買取スタッフの心証もよくなる可能性がありますので、査定前に掃除をしておきましょう。

買取業者、ディーラーを選ぶ

車の査定は買取業者にしてもらうか、ディーラーにしてもらうかによって金額が異なります。

下取りをするディーラーは買取業者よりも査定額が比較的安価な場合が多く、買取業者を選んで査定を依頼したほうが満足できる金額が提示される可能性は高くなります。

車の相場を知っておく

中古車の売却をする場合、自身が希望する金額と同じかそれ以上の金額を提示してもらえるとは一概に言い切れません。

しかし、相場を知っていれば金額の交渉も可能となりますし、強引に感じられる買取交渉にも問題なく対応できます。

所有している車の買取相場は、買取業者のサイトやインターネットを活用すれば調査できるので、事前に売却予定の車の買取相場を調べておきましょう。

整備記録簿を保管しておく

車売却で必須になる書類ではありませんが、高額売却を目指す場合は整備記録簿を保管しておくのは効果的な方法と言えるでしょう。

整備記録簿はメンテナンスノートとも呼ばれ、車の整備や点検を行った際にその内容を記載する記録簿です。必要なメンテナンスを行ったという証明になる重要な書類です。

車のダッシュボードに入れている方が多いので、査定時に提示するようにしましょう。

車の売却における書類

車の売却における書類

車の売却先を決めた段階で、売却における必要書類も同時に用意しておきましょう。一概には言い切れませんが、査定の段階で必要書類を用意しておけば売却における手続きもスムーズに進みます。

車の売却時には保険や自動車税の手続きもする必要がありますので、こちらも早い段階で用意しておきましょう。

自動車検査証(車検証)

自動車検査証は車検証とも呼ばれますが、車検時に自動車保安基準を満たしている車であることを証明する公的な証明書です。

氏名に誤りがないかはもちろんのこと、現住所の変更漏れがあると住民票や戸籍謄本が必要になる可能性があります。

印鑑登録証明書

印鑑登録証明書は車の売却時に必要となるケースがあるので準備しておきましょう(軽自動車の売却時には求められないこともあります)。

印鑑登録証明書は発行から1ヵ月以内、2通必要になることがあります。

自動車税の還付金請求を買取業者に依頼する場合、その権利の譲渡に1通必要となる可能性がありますので、念のため2通用意しておいたほうがよいでしょう。

自賠責保険証明書

動車を所有している方に加入が義務付けられている自賠責保険は、加入していることを証明する「証書」があります。

いわゆる自賠責保険証明書ですが、自動車検査証と違い、なかなか目にする機会が少ない証明書です。

しかし売却時には必要になりますので、手元に見当たらない場合には再発行の手続きをしましょう。保険会社に連絡をすれば無料で再発行してくれるケースが多いので、紛失してしまった場合には早めに連絡してください。

自動車納税証明書

自動車納税証明書は、その名の通り自動車税を支払ったことを証明する証書です。各都道府県の管轄である税事務所に連絡をすれば、無料で発行してもらえますので手元にない方は連絡してみてください。

また、軽自動車を所有している方は名称が異なり、軽自動車納税証明書となります。

記載されている内容に大きな違いはありませんが、どちらのケースでも記載されている有効期限に注意して提出しましょう。

リサイクル券

リサイクル券も必要書類の一つとして挙げられます。自動車リサイクル法により、車を購入する方は購入時に預託金を支払う必要があります。

リサイクル券は預託金を支払った証明書となりますので、必要書類として求められる可能性は高いでしょう。紛失していた場合には自動車リサイクルシステムのホームページから印刷ができますので、再発行の手続きは自身で済ますことができます。

また、軽自動車なら認印でも可能ですが、売却時には実印も必要になりますので忘れずに用意しておきましょう。

車を売却する際の注意点

車を売却する際の注意点

車を売却する際には注意しておきたい点がいくつかあります。

売却における流れを理解するだけではなく、想定しうるさまざまなトラブルを未然に回避するためにも、売却における注意点を留意しておいてください。

内訳をしっかりと確認する

査定をしてもらい、実際に金額を提示された際、その内訳はしっかりと確認しておきましょう。

車を売却する場合、その査定金額には自動車税の還付金が含まれるのか否かは、重視すべき点と言えます。

買取業者を利用するのであれば、下取りとは異なり自動車税の還付金も買取業者から受け取るケースが多いので、内訳の細部まで説明を求めたほうが良いでしょう。

売却後の流れを理解する

車の売却が決まり、お金が振り込まれたタイミングでトラブルが起こる可能性も少なくはありません。査定後に車の不備や故障が発覚し、査定額が減額されてしまうこともあります。

売却までの流れは説明しましたが、売却後の流れに関しては取引をする業者によって異なる場合があります。

譲渡証明書や委任状の記載内容に目を向け、疑問に感じた点はその場でスタッフに確認するよう意識してください。

個人売却は利用しない

オークションに出品する方や、個人間の繫がりで車の売却を考える方もいるでしょう。

しかし、一般的には個人売買はなるべく利用しないほうがよいと言えます。個人間で取引を行い、何かしらの事故やトラブルが発生した場合、問題が大きくなると訴訟に至るケースもあります。

契約書の作成も必要となり、問題が発生した場合には対応できない可能性も高くなりますので、買取業者を利用することをおすすめします。

まとめ

中古車を売却するときの流れ

車を売却する際の流れや必要書類、注意点までご紹介しましたが、スムーズかつお得に車の売却をするのであれば、事前準備が大切になります。

書類の準備から売却にいたるまでの流れ、売却後のリスクヘッジなど必要なことはたくさんあります。

事前準備を入念に行い、満足できる車の売却を目指してください。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!