車コラム

事故車は買取価格にどう影響する?事故車の定義や見分け方について

事故車の買取価格

車の売却を検討している方のなかには、事故歴を気にされる方も多いのではないでしょうか。些細な事故で付いたキズが、売却時の買取価格に影響を及ぼすのではないかと懸念される方は少なくはないでしょう。

そこでこの記事では、事故車は買取価格にどのような影響するのか、事故車の定義や見分け方と併せてご紹介いたします。





事故車の定義とは?

事故車とは

事故を起こした車は総じて事故車と認識している方もいますが、実は一概には言い切れません。事故車の定義は、事故を起こした部位によっても変わります。

そこでここでは、修復や交換をした場合に事故車と定義されるのかどうかご紹介いたします。

そもそも事故車ってなに?

そもそも事故車とは、修理歴のある車を指しています。そのため事故を起こしても、修理を行なっていなければ、買取り査定のなかでは事故車という扱いにはなりません。

ただし、修理していない車は事故車以上に安くなる可能性が高いことは認識しておきましょう。

また修理をした内容によっても、事故車と記載しなければいけないかどうかが変わるだけでなく、事故を起こしていない場合でも、修理を行なったのであれば事故車という扱いになります。

ドアの損傷は事故車と定義される?

人身事故に限らず、ガードレールや車同士の衝突によって損傷しやすい部分と言えるのがドアです。ドアにキズやへこみがある状態で買取査定をしてもらうと、査定額に影響を与えることも懸念されますが、ドアは車における骨組みではないので、修理することで事故車の扱いは逃れることができます。

ただし、ドア周辺のピラーと呼ばれる骨組みを修復する必要がある場合には、事故車とされる可能性が高くなります。ドアのみの修理であれば問題ありませんが、ピラーを修復しなくてはいけない場合には事故車とされるので覚えておきましょう。

トランクの損傷は事故車と定義される?

車同士の衝突でドアと同じく損傷しやすい部分として、トランクが挙げられます。トランクは車の外観なので、修理した経歴があっても事故車とされることはありません。

しかし、強い衝撃により内部まで損傷していた場合、骨組みまで修復しなくてはいけないケースもあります。外観に留まらず骨組みまで修復する必要がある場合には、事故車とされるので注意が必要です。

バンパーの損傷は事故車と定義される?

バンパーも事故を起こした際に損傷しやすい部分と言えます。バンパーは車が衝突事故を起こした際に、乗員への衝撃を和らげる役割を果たしますが、修理しても事故車とされる可能性は低いでしょう。

しかし、トランクと同様に強い衝撃によって骨組み部分までへこみが至った場合、バンパーのみの修理で済まないケースもあります。骨組みにまで損傷がある場合は、事故車とされる可能性を留意しておきましょう。

ルーフパネルの損傷は事故車として定義される?

車が損傷してしまう理由は交通事故のみとは一概に言い切れません。自然災害による横転や、飛来物の衝突も車が損傷してしまう原因と言えるでしょう。

車の上部をルーフパネルと呼びますが、自然災害により損傷する可能性があるルーフパネルは、車の骨組み部位として認識されていますので、ルーフパネルを損傷した際には事故車として認識され、買取価格に影響を及ぼす可能性があることを覚えておいたほうが良いでしょう。

事故車の見分け方とは?

難しいことを考える人

見た目に問題がない車を、事故車かどうか見分けるのは難しいことです。多くの車を買い取った実績のあるスタッフでも、一目見て事故歴のある車かどうかを判断できる可能性は低いと言えるでしょう。

しかし見分ける方法は皆無ではありません。見分け方として代表的な方法もございますので、自身が売却する際に当てはまる点がないか確認してみてください。

部品間の隙間を見る

一般的に車は、パーツごとの隙間が均一に生産されています。そのため部品間の隙間にズレがある場合、パーツの交換をしている可能性がありますので、見分けられるかもしれません。

ドア同士の隙間やフロントフェンダーとの隙間にズレがあるケースや、ヘッドライトとバンパーの隙間にズレがある場合、修復を疑われます。

外観の修理だけであれば事故車とは定義されませんが、隙間にズレがある場合には修理をしたのか骨組み部分を修復したのか、証明できる点検整備簿などを用意しておきましょう。

色合いに違いがないか見分ける

パーツの交換でも浮き彫りになる傾向にありますが、色合いに違いが見られる場合、修復歴のある車として見分けられる可能性があります。

明確に違いが出る部分とは言い切れませんが、ボルトやネジ止め部分は分かりやすいので注意が必要になります。明るい時間帯や場所で車の細部まで確認すると、修復歴が浮き彫りになる可能性が高くなるので覚えておきましょう。

軽度~重度の損傷事例別の査定・買取価格への影響とは?

中古車の査定

修復歴のある車は買取価格に影響を及ぼす傾向にありますが、修復せずに売却しても買取価格への影響は考えられます。

中古車の査定は損傷度合いにより異なりますので、損傷事例別に必要となる費用や、損傷の度合いを理解しておいてください。

損傷レベル1 軽度

損傷レベルがもっとも軽度の事故車は、一部分に損傷が見受けられる車のことを指します。損傷度合いによりますが、一カ所のみの損傷の場合には修理も10万円~20万円前後で済むケースも少なくはありませんので、査定に与える影響も軽度と言えます。

損傷レベル2

損傷している部分が二カ所以上見受けられる場合、損傷レベル2となり修理に必要な費用も高くなる可能性があります。50万円前後費用が必要になる損傷であればレベル2と認識され可能性が高いので、1つの目安として覚えておくと良いでしょう。

損傷レベル3

損傷している箇所が二カ所以上で、なおかつエンジンや足回りの骨組みに対して損傷が見受けられる場合、損傷レベル3と認識される傾向にあります。

修復しないで走行できる可能性が低い車は、損傷レベル3に該当する可能性が高く、費用も80万円前後必要となるので、買取価格に大きな影響を与える部類に入ります。

損傷レベル4

損傷がレベル3と同程度で、エアバッグが開く程の強い衝撃を受けた事故車の場合、一段階上がりレベル4として認識されるでしょう。

運転している方にも明確な外傷が見受けられるほどの交通事故を起こした場合、重度の損傷と認識されます。修理にも100万円を超えるケースが多く見受けられますので、車種によっては少額の現金しかもらえない傾向にあることを覚悟しておいたほうが良いでしょう。

損傷レベル5 重度

事故車の損傷レベルにおいて、もっとも重度とされるのが損傷レベル5です。車体や骨組み、車の大部分が修復不可能なほどに損傷している場合、車両は解体され無事な部品のみ再利用されます。修理に150万円前後かかることもあるので、引き取りになるケースも少なくはありません。

大規模な交通事故や自然災害に巻き込まれた場合、買取価格にはあまり期待しないようにしましょう。

まとめ

中古車の査定

事故車の定義と見分け方、買取価格への影響についてご紹介いたしましたが、修復歴のある車を売却する際には経歴を申告する必要があります。

骨組みではないパーツを修理した際にはその限りではありませんが、骨組みを修復した車の売却時には修復歴を必ず売却先に伝えましょう。

後々修復歴が発覚した場合、告知義務違反として査定額を減額される可能性がありますので注意してください。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込

大切なもの、眠っていませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!